56件中 11 - 20件表示
  • アルパカ

    アルパカから見た南アメリカ大陸

    アルパカ(学名:、羊駱駝)は、南アメリカ大陸原産の家畜の一種であり、1種。鯨偶蹄目ラクダ亜目ラクダ科に分類されるビクーニャ属()の模式種ビクーニャ()からの派生種。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た毛 (動物)

    極めて良質な体毛を具えており、古来、衣類を始めとする生活用品への体毛の加工利用が品種改良の目的であった。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たグアナコ

    南アメリカ大陸原産の家畜種。ビクーニャ、グアナコから派生したもの。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た

    毛色は茶・・白・ネズミ色の4種類(右列の画像を参照)に大分されるが、さらに細かく分けると25種類ほどにもなる。アメリカ合衆国などの国では認められていない毛の色もある。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た品種改良

    極めて良質な体毛を具えており、古来、衣類を始めとする生活用品への体毛の加工利用が品種改良の目的であった。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た放牧

    特に、南アメリカ大陸の、特にペルー南部、また、それに接するボリビア、アルゼンチン北部の、海抜およそ3,500 - 5,000mのアンデス湿潤高原地帯で放牧されている。アルゼンチンなど南アメリカ南部にはほとんどいない。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たラマ属

    ITIS(統合分類学情報システム)データベースでは、ラマ属の下位に分類されている。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た鯨偶蹄目

    アルパカ(学名:、羊駱駝)は、南アメリカ大陸原産の家畜の一種であり、1種。鯨偶蹄目ラクダ亜目ラクダ科に分類されるビクーニャ属()の模式種ビクーニャ()からの派生種。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たインディオ

    同じアンデス地方で飼われている家畜であるラマ(リャマ)が主に荷役に用いられるのに対して、アルパカはもっぱら体毛を利用する(cf. 動物繊維)。その毛で、インディオ伝統のマントやポンチョ、そのほかのさまざまな衣類を作り、自分達で着たり輸出したりしている。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た

    また、アルパカの(ひづめ)は、擬音楽器として利用されることもある。アルパカ フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「アルパカ」のニューストピックワード