56件中 21 - 30件表示
  • アルパカ

    アルパカから見たイギリス

    服飾業界において「アルパカ」の名は複数の意味で用いられる。毛について言う場合、たいていはペルー産のアルパカのものを指す。しかし、生地としてはより広く、アルパカの毛でペルーにて作られたものだけでなく、イタリアやイギリスのブリランテ(brillante. cf.)などを混ぜて作ったものも「アルパカ」と呼ばれる。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たキログラム

    生地として最高級品質とされるのは、生まれて初めて刈り取ったアルパカの毛で作ったもので、「ベビー・アルパカ」と称される。1回の採毛量は3 kgほどで、隔年に刈り取りを行う。1頭のアルパカからの刈り取りは生涯で3 - 4回ほどに過ぎない。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たマイクロメートル

    毛を利用するために品種改良された家畜であり、その毛は今日でも広く利用されている。毛の太さは12 - 28m。アルパカの毛は刈り取るまで伸び続けるため、約2年間くらい切らずに放置しておくと地面に届くほどに伸長する。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たマント

    同じアンデス地方で飼われている家畜であるラマ(リャマ)が主に荷役に用いられるのに対して、アルパカはもっぱら体毛を利用する(cf. 動物繊維)。その毛で、インディオ伝統のマントやポンチョ、そのほかのさまざまな衣類を作り、自分達で着たり輸出したりしている。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た茶色

    毛色は・黒・白・ネズミ色の4種類(右列の画像を参照)に大分されるが、さらに細かく分けると25種類ほどにもなる。アメリカ合衆国などの国では認められていない毛の色もある。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た

    毛色は茶・黒・・ネズミ色の4種類(右列の画像を参照)に大分されるが、さらに細かく分けると25種類ほどにもなる。アメリカ合衆国などの国では認められていない毛の色もある。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た衣類

    極めて良質な体毛を具えており、古来、衣類を始めとする生活用品への体毛の加工利用が品種改良の目的であった。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たイタリア

    服飾業界において「アルパカ」の名は複数の意味で用いられる。毛について言う場合、たいていはペルー産のアルパカのものを指す。しかし、生地としてはより広く、アルパカの毛でペルーにて作られたものだけでなく、イタリアやイギリスのブリランテ(brillante. cf.)などを混ぜて作ったものも「アルパカ」と呼ばれる。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た日本

    日本では2008年(平成20年)、マスコットキャラクター的位置づけで株式会社クラレの企業CMに起用されたことをきっかけとして人気に火が付いた。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た時速

    体長(頭胴長)約2m、体高(肩高)約0.9 - 1.0m。体重は約50- 55kg。ビクーニャよりやや大きく、グアナコより少し小さい大きさである。時速40km前後の走力がある。妊娠期間は約11ヶ月で、一産一子。アルパカ フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「アルパカ」のニューストピックワード