62件中 31 - 40件表示
  • アルパカ

    アルパカから見た短剣符

    ラクダ科の下位分類を示す。 は「絶滅」の意。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た習性

    比較的近縁のリャマ(ラマ)と共通するが、威嚇・防衛のために唾液を吐きかける習性を持つ。この唾には反芻胃(はんすう い)の中にある未消化状態の摂食物も含まれており、強烈な臭いを放つ。この行動によって危害を加える可能性を持った相手を遠ざける。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たイギリス

    服飾業界において「アルパカ」の名は複数の意味で用いられる。毛について言う場合、たいていはペルー産のアルパカのものを指す。しかし、生地としてはより広く、アルパカの毛でペルーにて作られたものだけでなく、イタリアやイギリスのブリランテ(brillante. cf.)などを混ぜて作ったものも「アルパカ」と呼ばれる。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た絶滅

    ラクダ科の下位分類を示す。† は「絶滅」の意。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たキログラム

    生地としての最高級品質は、生まれて初めて刈り取ったアルパカの毛で作ったもので、「ベビー・アルパカ」と称される。1回の採毛量は3kgほどで、隔年に刈り取る。1頭のアルパカからの刈り取りは生涯で3?4回ほどに過ぎない。部位別に見ると背中の毛が価値が高く、腹、脚と地面に近くなるにつれ価値が下がっていく。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たマイクロメートル

    毛を利用するために品種改良された家畜であり、その毛は今日でも広く利用されている。毛の太さは12 - 28m。アルパカの毛は刈り取るまで伸び続けるため、約2年間くらい切らずに放置しておくと地面に届くほどに伸長する。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たリャマ属

    伝統的に、アルパカもリャマも原種はグアナコであり、ビクーニャは家畜化されたことがないと考えられていた。アルパカの学名も、リャマ属の だった。ITIS(統合分類学情報システム)データベースもその学名を採っている。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たマント

    同じアンデス地方で飼われている家畜であるラマ(リャマ)が主に荷役に用いられるのに対して、アルパカはもっぱら体毛を利用する(cf. 動物繊維)。その毛で、インディオ伝統のマントやポンチョ、そのほかのさまざまな衣類を作り、自分達で着たり輸出したりしている。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たアメリカ合衆国

    日本では、1981年(昭和56年)に東武動物公園で国内初の飼育を開始し、1999年(平成11年)に那須アルパカ牧場が牧場飼育を開始した。2009年(平成21年)には中越大震災後、長岡市に「山古志が元気になる役に立てば」とアメリカ合衆国コロラド州から三頭のアルパカが贈られた。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た茶色

    毛色は・黒・白・ネズミ色の4種類(右列の画像を参照)に大分されるが、さらに細かく分けると25種類ほどにもなる。アメリカ合衆国などの国では認められていない毛の色もある。アルパカ フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示