62件中 51 - 60件表示
  • アルパカ

    アルパカから見たセーター

    エボ・モラレス・ボリビア大統領は、アルパカの毛で編んだセーターをトレードマークとしている。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た

    常に群れをなして暮らし、現地では1年中放牧されていて、草やを好んで食べる。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たITIS

    伝統的に、アルパカもリャマも原種はグアナコであり、ビクーニャは家畜化されたことがないと考えられていた。アルパカの学名も、リャマ属の だった。ITIS(統合分類学情報システム)データベースもその学名を採っている。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たポンチョ

    同じアンデス地方で飼われている家畜であるラマ(リャマ)が主に荷役に用いられるのに対して、アルパカはもっぱら体毛を利用する(cf. 動物繊維)。その毛で、インディオ伝統のマントやポンチョ、そのほかのさまざまな衣類を作り、自分達で着たり輸出したりしている。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た反芻

    比較的近縁のリャマ(ラマ)と共通するが、威嚇・防衛のために唾液を吐きかける習性を持つ。この唾には反芻胃(はんすう い)の中にある未消化状態の摂食物も含まれており、強烈な臭いを放つ。この行動によって危害を加える可能性を持った相手を遠ざける。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た荷役

    同じアンデス地方で飼われている家畜であるラマ(リャマ)が主に荷役に用いられるのに対して、アルパカはもっぱら体毛を利用する(cf. 動物繊維)。その毛で、インディオ伝統のマントやポンチョ、そのほかのさまざまな衣類を作り、自分達で着たり輸出したりしている。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た海抜

    南アメリカ大陸の、特にペルー南部、また、それに接するボリビア、アルゼンチン北部の、海抜およそ3500?5000mのアンデス湿潤高原地帯で放牧されている。アルゼンチンなど南アメリカ南部にはほとんどいない。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た楽器

    アルパカの蹄(ひづめ)は、擬音楽器として利用されることもある。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見た家畜

    アルパカ(、Vicugna pacos、漢名: 羊駱駝)は、南アメリカ大陸原産の家畜の1種である。ラクダ科のビクーニャ属またはラマ属に属する。アルパカ フレッシュアイペディアより)

  • アルパカ

    アルパカから見たラクダ科

    アルパカ(、Vicugna pacos、漢名: 羊駱駝)は、南アメリカ大陸原産の家畜の1種である。ラクダ科のビクーニャ属またはラマ属に属する。アルパカ フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示