598件中 91 - 100件表示
  • 藤田征也

    藤田征也から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    藤田征也(ふじた せいや、1987年6月2日 - )は、北海道札幌市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・アルビレックス新潟所属。ポジションはミッドフィールダー。藤田征也 フレッシュアイペディアより)

  • 東口順昭

    東口順昭から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    東口 順昭(ひがしぐち まさあき、1986年5月12日 - )は、大阪府出身のプロサッカー選手。Jリーグ・アルビレックス新潟所属。ポジションはGK。東口順昭 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山武宰士

    奥山武宰士から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    奥山 武宰士(おくやま むさし、1991年5月15日 - )は、東京都八丈町出身のプロサッカー選手。Jリーグ・アルビレックス新潟所属。ポジションはセントラルミッドフィールダー、攻撃的ミッドフィールダー。また守備的ミッドフィールダー(ボランチ)としての起用も想定している。奥山武宰士 フレッシュアイペディアより)

  • 新井辰也

    新井辰也から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    2010年、名古屋グランパスへ入団。4月、左第五中足骨疲労骨折で半年間をリハビリに費やしたが、11月17日の天皇杯4回戦アルビレックス新潟戦、ハーフタイム途中出場で公式戦デビューした。新井辰也 フレッシュアイペディアより)

  • ハファエル・レメス・ドス・サントス

    ハファエル・レメス・ドス・サントスから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    2011年4月、日本のアルビレックス新潟よりオファーを受け、5月より練習生としてチームに参加。22日に行われたザスパ草津U-23との練習試合にも出場し、2得点を挙げていた。同年7月13日、新潟側よりPSTCからの移籍加入が発表された。ハファエル・レメス・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のサッカー

    2012年のサッカーから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    【Jリーグ】アルビレックス新潟が黒崎久志監督と西ヶ谷隆之ヘッドコーチを成績不振により解任した。2012年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 西澤代志也

    西澤代志也から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    しかし、大山俊輔や中村祐也、小池といったユース出身の選手がレンタル移籍・完全移籍で放出される中、で浦和に残留。4年目の2009年には右サイドバックとして起用され、5月30日のナビスコカップ第4節、対アルビレックス新潟戦でプロ初得点を挙げた。また、リーグでもシーズン当初より頻繁にベンチ入り。6月27日のJ1第15節、対ヴィッセル神戸戦で87分に山田直輝と交代で出場。これがリーグ初出場となった。7月11日のJ1第17節、対サンフレッチェ広島戦で、アップ時に負傷した坪井慶介に代わり、スタメン発表後に急遽先発出場(右サイドバックの山田暢久がセンターバックに移り、西澤が右サイドバックに入った)。リーグ初先発となったものの、攻守に精彩を欠き、前半のみでピッチを退いた。西澤代志也 フレッシュアイペディアより)

  • 清武功暉

    清武功暉から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    2012年4月に特別指定選手としてJリーグ・サガン鳥栖に登録。登録2日後のJ1第7節アルビレックス新潟戦に後半26分から途中出場し、決勝点となる得点を演出する活躍でチームの勝利に貢献した。清武功暉 フレッシュアイペディアより)

  • カターレ富山

    カターレ富山から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    12月1日に開かれたJリーグ臨時理事会で、2009年よりJリーグ ディビジョン2(J2)への昇格が全会一致で承認され、創設1年目でJリーグ加盟が決定した。これによりアルビレックス新潟に次ぐ北信越地方で2つ目、北陸三県では初のJリーグクラブが誕生した。カターレ富山 フレッシュアイペディアより)

  • 福森晃斗

    福森晃斗から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    2011年シーズンは高卒ルーキーながら、7月23日の第6節アルビレックス新潟戦で後半37分に同じく高卒ルーキーの大島僚太に代わり途中出場し、Jリーグデビューを果たした。福森晃斗 フレッシュアイペディアより)

598件中 91 - 100件表示

「アルビレックス新潟」のニューストピックワード