598件中 31 - 40件表示
  • 新潟市

    新潟市から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    2004年(平成16年) : アルビレックス新潟がJ1昇格。新潟市 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    広島から佐藤昭大、元新潟のジウトンをポルト・アレグレからレンタル移籍で、京都からイ・ジョンス、ブラジル2部リーグのポルトゲーザからフェリペ・ガブリエルを完全移籍で獲得。ユースから八木直生が昇格、レンタル移籍で移籍していた鈴木修人(湘南)、船山祐二(C大阪)が復帰した。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    張が監督を続投。主力選手だったDF波戸康広が横浜FMへ、DF冨田大介が神戸へ、MF片岡洋介は京都へ移籍したが、新潟の正GKだった北野貴之、大分からDF深谷友基、甲府からDF杉山新らを獲得した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 成岡翔

    成岡翔から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    成岡 翔(なるおか しょう、1984年5月31日 - )は、静岡県島田市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・アルビレックス新潟所属。ポジションはミッドフィールダー。成岡翔 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟アルビレックスBB

    新潟アルビレックスBBから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    1999-2000シーズンを最後に休部することになった大和証券バスケットボール部に所属する全選手の受け皿となる企業としてサッカー(Jリーグ)・アルビレックス新潟のメインスポンサー企業である新潟県の学校法人「NSGグループ」が受け入れることを決定し、実質的なプロチームとして運営法人「新潟スポーツプロモーション」を設立。サッカーと同じアルビレックスの愛称を使用し、「新潟アルビレックス」として県民密着型のバスケットクラブチームを目指すことになった。初代ヘッドコーチも大和証券最後のヘッドとなった廣瀬昌也が引き続き就任。所属選手5人に大和証券に内定していた鈴木裕紀を加えた6人が新潟でプレーすることになった(うち、青木勇人のみ初年度は大和証券からの出向として所属。)。新潟アルビレックスBB フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・カルロス・ダ・シルバ・ネット

    アントニオ・カルロス・ダ・シルバ・ネットから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    “ポチガル”と言う名前でアルビレックス新潟の練習生となる。その後の正式契約(C契約)時にリーグ登録名を“ネット”に変更した。なお、ブラジルでの登録名は“ネト・ポチガル”となっている。アントニオ・カルロス・ダ・シルバ・ネット フレッシュアイペディアより)

  • 小林高道

    小林高道から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    小林高道(こばやし たかみち、1979年1月3日-)は元サッカー選手。現在は、アルビレックス新潟サッカースクールのコーチをしている。小林高道 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のJFL

    1998年のJFLから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    優勝争いは東京ガスと川崎フロンターレがデッドヒートを演じ最終節まで縺れ込んだが、首位の川崎が1-2でソニー仙台に敗れたのに対し、東京はアマラオ、岡元勇人のゴールで2-1でアルビレックス新潟を退けJFL最後のシーズンで初優勝を成し遂げた。川崎はJ1参入決定戦への出場を既に決めていただけに、不安を残す結果となった。1998年のJFL フレッシュアイペディアより)

  • 玉田真人

    玉田真人から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    公式戦の出場はかなわなかった。1996年途中にアルビレックス新潟へレンタル移籍した。玉田真人 フレッシュアイペディアより)

  • 海本慶治

    海本慶治から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    海本 慶治(かいもと けいじ、1972年11月26日 - )は、大阪府出身の元サッカー日本代表、Jリーグ・サッカー選手。弟は元プロサッカー選手の海本幸治郎。弟とは名古屋グランパスエイトとアルビレックス新潟で、同時に在籍した事がある。海本慶治 フレッシュアイペディアより)

598件中 31 - 40件表示

「アルビレックス新潟」のニューストピックワード