598件中 41 - 50件表示
  • 有田一矢

    有田一矢から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    1995年 - 1997年 アルビレオ新潟 コーチ有田一矢 フレッシュアイペディアより)

  • 石井知幸

    石井知幸から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    引退後は主にジュビロ磐田の下部組織の指導に携わっていたが、2007年と2008年はアルビレックス新潟のヘッドコーチを務めた。2009年からはジュビロ磐田に復帰している。石井知幸 フレッシュアイペディアより)

  • 広野耕一

    広野耕一から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    2009年7月29日、ナビスコカップ準々決勝第2戦のFC東京戦(瑞穂)で、日本代表として招集されていた楢崎と、第1戦で5失点を許し、不調に陥っていた西村弘司に代わって公式戦初先発。第1戦の5失点が響いて準決勝進出はならなかったが、この試合としては、1失点に抑える2-1で勝利に貢献した。リーグ戦でも、怪我で離脱した楢崎に代わり、8月30日のアルビレックス新潟戦(瑞穂)でリーグ戦初出場し、最後までゴールを許さず1-0で完封勝利を収めるなど貢献した。AFCチャンピオンズリーグ2009ではノックアウトステージの3試合に出場。しかし準決勝第1戦のアル・イテハド戦で6失点を喫して以降、楢崎の復帰もあり、出場機会が再びなくなり、同年シーズンをもって現役を引退。2010年からはグランパスの下部組織でコーチを務めている。広野耕一 フレッシュアイペディアより)

  • エヴェラルド・デ・ヘスス・ペレイラ

    エヴェラルド・デ・ヘスス・ペレイラから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    2008年、FC東京からオファーを受け、慶南側は当初オファー拒否の姿勢を示していたが、後にFC東京への完全移籍が決定。Jリーグ第2節の新潟戦で移籍後初ゴールを挙げた。慢性的な右ひざ痛と股関節痛を抱えていたため90分フル出場は多くなかったが、この年リーグ戦全34試合に出場し、FWの軸となった。エヴェラルド・デ・ヘスス・ペレイラ フレッシュアイペディアより)

  • 新潟聖籠スポーツセンター

    新潟聖籠スポーツセンターから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    新潟県、新潟市、聖籠町、(株)アルビレックス新潟からの補助金と日本サッカー協会の「サッカーを中心としたスポーツ環境整備モデル事業」の助成金を受けて、新潟東港工業用地(サッポロビール新潟ビール園の跡地)に建設された総合型スポーツ施設。プロサッカークラブアルビレックス新潟の練習場としても使われている。新潟聖籠スポーツセンター フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J1最終節

    2011年J1最終節から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    最終節前の第33節開始前の時点で浦和と甲府の勝ち点差は3、得失点差の差は16あった。浦和は11月26日にアウェーで福岡と対戦、先制され苦しい試合展開ながらも福岡を逆転で下す。この時点で浦和が甲府の勝ち点を下回る可能性がなくなり、浦和は残留に大きく近づいた。逆に、残留のためには2試合で浦和に勝ち点で並び、かつ得失点差17をひっくり返す必要が生じて立場的に極めて厳しくなった甲府だが、11月27日のホーム最終戦でアルビレックス新潟(新潟)を3-0で下し、得失点差を縮めて一縷の望みをつないだ。2011年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 西原幹人

    西原幹人から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    大学卒業後、J2のアルビレックス新潟に加入したが、出場機会がないまま1年で退団。JFLのYKK AP、佐川急便大阪SCで計3シーズンプレーし、2006年限りで引退した。西原幹人 フレッシュアイペディアより)

  • 裴千ソク

    裴千ソクから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    2011年7月に、大学を中退してヴィッセル神戸とプロ契約。8月20日の対アルビレックス新潟戦で初出場を果たした。裴千ソク フレッシュアイペディアより)

  • 吉原慎也

    吉原慎也から見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    高校卒業後、横浜マリノスに入団したが日本代表の守護神でもある川口能活の壁に阻まれ出場機会に恵まれず、1999年、J2のアルビレックス新潟に期限付き移籍した。3月14日の川崎フロンターレとの開幕戦でJリーグ公式戦に初出場。新潟には2000年までの2シーズン在籍し、野澤洋輔、木寺浩一という実力者がいたがリーグ戦44試合に出場した。吉原慎也 フレッシュアイペディアより)

  • ASジャミネイロ

    ASジャミネイロから見たアルビレックス新潟アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟のJ1昇格に沸く2003年秋に、アルビレックス新潟のサポーターを中心とした草サッカー好きらが集まり結成。2004年から新潟県リーグ4部に登録。リーグ参戦初年度は大敗が続き1勝しかできず最下位であった。この成績をもって監督の篠崎徹は1シーズンで解任。翌年、クラブ発足時から部長、平成国際部長を歴任してきた小野直樹が監督に就任した。2005年は最下位を脱したものの、わずか2勝に留まり責任を取る形で小野は辞任。2006年シーズンは、浅妻信がプレーイングマネージャーとして監督に就任した。浅妻はトレーニングの改善や選手補強に手腕を発揮しチームを4位に躍進させる。以後、2007年新潟県リーグ4部Aの2位となり3部Aに昇格。2008年には2部昇格。2009年に1部昇格と毎年昇格を重ねた。2010年には新潟県リーグ1部で優勝を決め、北信越サッカー県リーグ決勝大会(北信越チャレンジリーグ)に進出、2位の成績で北信越フットボールリーグへの昇格を果たした。しかし北信越の壁は高く、2011年はわずか2勝に終わり1年での降格となった。ASジャミネイロ フレッシュアイペディアより)

598件中 41 - 50件表示

「アルビレックス新潟」のニューストピックワード