126件中 11 - 20件表示
  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た山口素弘

    2001年、新監督に反町康治が就任。日韓W杯の会場に選出された新潟スタジアムを主な舞台に、元日本代表の山口素弘、船越優蔵、マルクス、安英学らが活躍し、2003年にサンフレッチェ広島、川崎フロンターレとのし烈な昇格争いを制してJ2優勝・J1昇格を決めた。優勝を決めた最終節大宮アルディージャ戦には、ビッグスワンに42,223人のサポーターが詰めかけた。詳細は「2003年J2第43節・最終節」を参照。マルクスは2002年(19得点)、2003年(32得点)と、2連連続でJ2得点王となった。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たチョ永哲

    鈴木の後任にはヘッドコーチから黒崎久志が昇格し、2シーズン連続でJ1残留に成功した。2010年は11試合連続無敗のクラブ記録を作り、その間J1昇格後のクラブタイ記録となる4連勝を記録した。しかし黒崎の在任中、前途した矢野、Jリーグベストイレブンに選出されたマルシオをはじめ、代表経験のある酒井高徳、曺永哲等、多くの主力選手が国内外へ流出し、2011年終盤から得点力不足に悩まされた。2012年は開幕から3連敗を喫するなど降格圏内に沈み、黒崎は2012年5月に辞任した。シーズン途中での監督交代はクラブ史上初のことだった。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たトップカルチャー

    J参入以前はミズノがサプライヤーで、シャツ、パンツともにオレンジ、襟が青色のデザイン。胸スポンサーはコロナ、袖はトップカルチャー(蔦屋書店表記)で、1999年から毎年胸にスポンサーロゴを掲出している亀田製菓は背スポンサーだった。1997年からパンツが青になり、J2昇格と共に1999年からカッパがサプライヤーとなると、シャツに青のストライプが加わった。2003年からサプライヤーがアディダスに変更され、2007年から上下ともオレンジがメインになった。2009年は背スポンサーが見つからないままシーズンが開幕するが、アパレルブランド「X-Large」等を展開するビーズインターナショナルが7月から半年間スポンサーロゴを掲出した。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たコロナ (暖房器具)

    J参入以前はミズノがサプライヤーで、シャツ、パンツともにオレンジ、襟が青色のデザイン。胸スポンサーはコロナ、袖はトップカルチャー(蔦屋書店表記)で、1999年から毎年胸にスポンサーロゴを掲出している亀田製菓は背スポンサーだった。1997年からパンツが青になり、J2昇格と共に1999年からカッパがサプライヤーとなると、シャツに青のストライプが加わった。2003年からサプライヤーがアディダスに変更され、2007年から上下ともオレンジがメインになった。2009年は背スポンサーが見つからないままシーズンが開幕するが、アパレルブランド「X-Large」等を展開するビーズインターナショナルが7月から半年間スポンサーロゴを掲出した。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たアディダス

    J参入以前はミズノがサプライヤーで、シャツ、パンツともにオレンジ、襟が青色のデザイン。胸スポンサーはコロナ、袖はトップカルチャー(蔦屋書店表記)で、1999年から毎年胸にスポンサーロゴを掲出している亀田製菓は背スポンサーだった。1997年からパンツが青になり、J2昇格と共に1999年からカッパがサプライヤーとなると、シャツに青のストライプが加わった。2003年からサプライヤーがアディダスに変更され、2007年から上下ともオレンジがメインになった。2009年は背スポンサーが見つからないままシーズンが開幕するが、アパレルブランド「X-Large」等を展開するビーズインターナショナルが7月から半年間スポンサーロゴを掲出した。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たミズノ

    J参入以前はミズノがサプライヤーで、シャツ、パンツともにオレンジ、襟が青色のデザイン。胸スポンサーはコロナ、袖はトップカルチャー(蔦屋書店表記)で、1999年から毎年胸にスポンサーロゴを掲出している亀田製菓は背スポンサーだった。1997年からパンツが青になり、J2昇格と共に1999年からカッパがサプライヤーとなると、シャツに青のストライプが加わった。2003年からサプライヤーがアディダスに変更され、2007年から上下ともオレンジがメインになった。2009年は背スポンサーが見つからないままシーズンが開幕するが、アパレルブランド「X-Large」等を展開するビーズインターナショナルが7月から半年間スポンサーロゴを掲出した。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た亀田製菓

    J参入以前はミズノがサプライヤーで、シャツ、パンツともにオレンジ、襟が青色のデザイン。胸スポンサーはコロナ、袖はトップカルチャー(蔦屋書店表記)で、1999年から毎年胸にスポンサーロゴを掲出している亀田製菓は背スポンサーだった。1997年からパンツが青になり、J2昇格と共に1999年からカッパがサプライヤーとなると、シャツに青のストライプが加わった。2003年からサプライヤーがアディダスに変更され、2007年から上下ともオレンジがメインになった。2009年は背スポンサーが見つからないままシーズンが開幕するが、アパレルブランド「X-Large」等を展開するビーズインターナショナルが7月から半年間スポンサーロゴを掲出した。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たJリーグアウォーズ

    ホームスタジアムは2003年まで新潟市陸上競技場と新潟スタジアム(東北電力の施設命名権購入により、2013年まで東北電力ビッグスワンスタジアム)を併用していたが、2004年のJ1昇格後のホームゲームはすべてビッグスワンで開催している(現在もJリーグへの登録上の本拠地は2箇所併記となっているが、2011年以降は新潟市陸上競技場についてはJリーグファンガイドでの掲載を省略されている)。また、ビッグスワンはJリーグアウォーズにて、3度(2007年、2009年、2012年)ベストピッチ賞を受賞している。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た新潟市

    アルビレックス新潟(アルビレックスにいがた、Albirex Niigata)は、日本の新潟県新潟市および北蒲原郡聖籠町にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たスキー

    また、Jリーグ百年構想による総合型地域スポーツクラブを目指しており、バスケットボールの日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に新潟アルビレックスBBが、バスケットボール女子日本リーグ機構(WJBL)に新潟アルビレックスBBラビッツが参戦している他、2004年にスキー・スノーボードのチームアルビレックス新潟を、2005年に陸上競技の新潟アルビレックスランニングクラブを創設。更に、2006年にプロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグに参戦する新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが、2010年にモータースポーツのアルビレックスレーシングチームが創設されている。なお、各「アルビレックス」はイメージカラーを共有しているが、各競技チームの運営会社は全く別個の企業であり、各運営会社間に直接の資本関係等はない。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

126件中 11 - 20件表示

「アルビレックス新潟」のニューストピックワード