150件中 31 - 40件表示
  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た新潟県中越地震

    J1昇格後も2005年まで反町が指揮を執った。昇格1年目の2004年はエジミウソン、ファビーニョらブラジル人を中心としたカウンター戦術で、2ndステージで4連勝をマークするなど一時上位争いを展開し、最終節を待たずに残留を決めた。また、新潟県中越地震の影響(余震及びスタジアム駐車場が自衛隊の前線基地となった)により、10月、11月に予定されていた新潟スタジアムでの2試合は、国立霞ヶ丘陸上競技場、平塚競技場で代替開催された。代替開催も新潟サポーターは県内から多数駆け付け、手製の横断幕を持って応援した。地震直後の試合となった柏レイソル戦では試合前に会場全体で黙とうが捧げられた。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たスキー

    また、Jリーグ百年構想による総合型地域スポーツクラブを目指しており、バスケットボールのBリーグに新潟アルビレックスBBが、バスケットボール女子日本リーグ機構(WJBL)に新潟アルビレックスBBラビッツが参戦している他、2004年にスキー・スノーボードのチームアルビレックス新潟を、2005年に陸上競技の新潟アルビレックスランニングクラブを創設。更に、2006年にプロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグに参戦する新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが、2010年にモータースポーツのアルビレックスレーシングチームが創設されている。なお、各「アルビレックス」はイメージカラーを共有しているが、各競技チームの運営会社は全く別個の企業であり、各運営会社間に直接の資本関係等はない。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た森下英矢

    スタジアム内の場内アナウンスは新潟お笑い集団NAMARAから森下英矢、中村博和、大野まさやが歴任している。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たKappa

    1999年 - 2002年:カッパアルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たNSGグループ

    1996年、アルビレオ新潟は県内企業30社が1000万円を出し合い、2億9500万円の資本金で設立された。経営の中心には、県内で多数の専門学校を展開するNSGグループ理事長の池田弘が据えられた。当初アルビレオのJリーグ挑戦はワールドカップ誘致活動の一環という性格が強く、経営状態も芳しくなかった為に誘致成功を手土産に解散の可能性もあったという。池田は私財を投じて窮地をしのぐ一方で、後援会組織を立ち上げて小口の個人出資を募った。さらにこの頃から「ばらまき作戦」とも揶揄された採算を度外視した無料招待券の大量配布が始まり、観客動員数は飛躍的に増加。収支は2000年に初めて黒字へ転換した。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た田村貢

    現在、新潟県内を中心に170の企業・団体から出資を受けているが、具体的な出資者名は明らかにされていない。設立当初は県内に単独でJリーグクラブを支える体力がある企業が存在しないため、「広く薄く」の方針で多くの企業から出資を募った。事業規模は毎年23-24億円程度で、30億円程度とされるJ1クラブの平均予算と比較しても貧弱な数字になっている。現在の社長は3代目で、クラブ広報を務めていた田村貢(2016年12月31日付で退任予定。)。前身の新潟イレブン在籍の経験もあり、2009年1月に就任した。後述する初代社長の池田弘、2代目社長の中野幸夫は、新潟社長退任後にいずれもJリーグ理事の役職に就いた。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見たマルクス・ビニシウス・デ・モライス

    2001年、新監督に反町康治が就任。日韓W杯の会場に選出された新潟スタジアムを主な舞台に、元日本代表の山口素弘、船越優蔵、マルクス、安英学らが活躍し、2003年に広島、川崎とのし烈な昇格争いを制してJ2優勝・J1昇格を決めた。優勝を決めた最終節大宮戦には、ビッグスワンに42,223人のサポーターが詰めかけた。詳細は「2003年J2第43節・最終節」を参照。マルクスは2002年(19得点)、2003年(32得点)と、2年連続でJ2得点王となった。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た金珍洙

    2014年はw杯の中断期間まで7位であったが、金珍洙、川又堅碁の退団やけが人の影響もあり12位で終了。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た船越優蔵

    2001年、新監督に反町康治が就任。日韓W杯の会場に選出された新潟スタジアムを主な舞台に、元日本代表の山口素弘、船越優蔵、マルクス、安英学らが活躍し、2003年に広島、川崎とのし烈な昇格争いを制してJ2優勝・J1昇格を決めた。優勝を決めた最終節大宮戦には、ビッグスワンに42,223人のサポーターが詰めかけた。詳細は「2003年J2第43節・最終節」を参照。マルクスは2002年(19得点)、2003年(32得点)と、2年連続でJ2得点王となった。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た中野幸夫

    現在、新潟県内を中心に170の企業・団体から出資を受けているが、具体的な出資者名は明らかにされていない。設立当初は県内に単独でJリーグクラブを支える体力がある企業が存在しないため、「広く薄く」の方針で多くの企業から出資を募った。事業規模は毎年23-24億円程度で、30億円程度とされるJ1クラブの平均予算と比較しても貧弱な数字になっている。現在の社長は3代目で、クラブ広報を務めていた田村貢(2016年12月31日付で退任予定。)。前身の新潟イレブン在籍の経験もあり、2009年1月に就任した。後述する初代社長の池田弘、2代目社長の中野幸夫は、新潟社長退任後にいずれもJリーグ理事の役職に就いた。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

150件中 31 - 40件表示

「アルビレックス新潟」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]