前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
321件中 1 - 10件表示
  • クアドリフォリオ

    クアドリフォリオから見たアルファロメオアルファ・ロメオ

    五感を研ぎ澄ませると、“車の声が聴こえる”という不思議な力を持つ女子高生(但し、”車の声”を聞くことは体と精神に負担とストレスをかなりかける)。車の運転免許と自動車整備士の免許を持っており、学校に通いながら、祖父・源の手伝いをしている。車の修理に関しては、職人さながらに固執する。幼い頃からカートのレースでドライビングテクニックを鍛えてきた。レーシングカーのプラモデル作りが趣味で工業系の大学で自動車工学を学びたいと思っている根っからの車大好き少女である。父・徹の形見であるアルファロメオ・SZへの思い入れはかなりのモノがある。クアドリフォリオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・183T

    アルファロメオ・183Tから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    アルファロメオ・183Tは、アルファ・ロメオが開発したフォーミュラ1カー。マールボロ チーム・アルファロメオがに使用した。デザイナーはジェラール・ドゥカルージュとマリオ・トレンティーノ。新たに設計されたフラットボトム車両で、1983年ブラジルグランプリでデビューした。ドライバーはアンドレア・デ・チェザリスとマウロ・バルディ。アルファロメオ・183T フレッシュアイペディアより)

  • フィアット

    フィアットから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    ジョヴァンニ・アニェッリら数人の実業家の出資によって、1899年にトリノで創業された。かつてはフォーミュラーレースにも参戦してアルファ・ロメオやブガッティなどと覇を競い、1950年代には「8V」という高性能な高級GTカーも製造、数々の先進的な設計を次々と実用化・量産化した。フィアット フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・トンプソン (レーサー)

    ジェームス・トンプソン (レーサー)から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    ツーリングカーを舞台に活躍しており、イギリスツーリングカー選手権(BTCC)において2度のチャンピオン獲得経験を持ち、2007年現在はアルファ・ロメオから世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦している。ジェームス・トンプソン (レーサー) フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ

    フェラーリから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    1929年に、アルファ・ロメオのセミワークスレーシングチームとして、エンツォ・フェラーリとその友人により設立された「スクーデリア・フェラーリ」が前身である。フェラーリは1932年まで自身もスクーデリア・フェラーリのレーシングドライバーとしても活躍していた。フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・2000

    アルファロメオ・2000から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオ・2000シリーズは、はイタリアの自動車、アルファ・ロメオ社が1958年から、販売されたシリーズ。アルファロメオ・2000 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・シロン

    ルイ・シロンから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    1933年にはルイジ・キネッティと共にスパ・フランコルシャン24時間レースに出場し、アルファロメオ・8C-2300 (Alfa Romeo 8C 2300) を駆り優勝。その後エンツォ・フェラーリ率いるアルファ・ロメオで活躍。期待に応えるも1934年フランスグランプリをP3で勝利する。しかし、メルセデス・ベンツとアウトウニオン(現アウディ)率いるドイツ勢が優勢となると1936年メルセデス・ベンツ陣営に加わる。この年のW25Kの不調によりドイツグランプリで事故により重傷を負うまでの3年間で5勝を挙げる。1937年、1938年スポーツカーレースによるタルボで1勝し、その後に引退。そして世界は第二次世界大戦へ突入し、グランプリは中止される。ルイ・シロン フレッシュアイペディアより)

  • エンニョ・カパサ

    エンニョ・カパサから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    2010年、自動車メーカーであるアルファ・ロメオのTZ3ストラダーレ(2号車)のインテリアをザガートと共同で創り上げている。エンニョ・カパサ フレッシュアイペディアより)

  • サヴォイア・マルケッティ SM.81

    サヴォイア・マルケッティ SM.81から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    SM.81はサヴォイア・マルケッティ SM.73の軍用機型として設計が進められ、国際情勢の危局を迎えたため実用化が急がれた。動力であるエンジンは生産された時期によって異なり、アルファ・ロメオ 125 (Alfa Romeo 125, 126) やノーム・ローヌ 14K (Gnome-Rhône 14K), ピアッジョ P.X (Piaggio P.X, P.XI) などが採用された。第二次エチオピア戦争 (Guerra d'Etiopia) で初陣を飾り、スペイン内戦 (Guerra civile spagnola) ではイタリア空軍のみならず、フランコ率いるスペイン空軍の爆撃部隊の一角を担った。第二次世界大戦の開戦時には爆撃機としての能力は二線級であったが、信頼性も高く最も融通の利く機材として1944年まで使用された。サヴォイア・マルケッティ SM.81 フレッシュアイペディアより)

  • 1951年のF1世界選手権

    1951年のF1世界選手権から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    前年1950年シーズンから無敗だったアルファ・ロメオがイギリスGPにて初めて敗北した。フェラーリは新型4.5リッター自然吸気エンジンを搭載した車両でアルファ・ロメオに挑戦した。アルファは開発の可能性の限界に達しつつあり、シーズン4勝を挙げたものの、一方のフェラーリも3勝を挙げた。BRMはV16エンジンを搭載した車両で唯一シルバーストン戦にのみ参加した、また、旧式化し速度も遅いタルボはライバル達と勝負にならなかった。1951年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
321件中 1 - 10件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード