前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
403件中 1 - 10件表示
  • タルガ・フローリオ

    タルガ・フローリオから見たアルファロメオアルファロメオ

    第一次世界大戦のため1915年から1918年まで中断し、再開した第10回(1919年)では初めて国外勢のプジョーが優勝した。1920年代にはグランプリマシンが参戦するようになり、ブガッティが第16回(1925年)から第20回(1929年)まで5連覇、アルファロメオが第22回(1930年)から第26回(1935年)まで6連覇、マセラティが第28回(1937年)から第31回(1940年)まで4連覇した。その後、第二次世界大戦のため1941年から1948年まで再び中断した。タルガ・フローリオ フレッシュアイペディアより)

  • クアドリフォリオ

    クアドリフォリオから見たアルファロメオアルファロメオ

    五感を研ぎ澄ませると、“車の声が聴こえる”という不思議な力を持つ女子高生(但し、”車の声”を聞くことは体と精神に負担とストレスをかなりかける)。車の運転免許と自動車整備士の免許を持っており、学校に通いながら、祖父・源の手伝いをしている。車の修理に関しては、職人さながらに固執する。幼い頃からカートのレースでドライビングテクニックを鍛えてきた。レーシングカーのプラモデル作りが趣味で工業系の大学で自動車工学を学びたいと思っている根っからの車大好き少女である。父・徹の形見であるアルファロメオ・SZへの思い入れはかなりのモノがある。クアドリフォリオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・183T

    アルファロメオ・183Tから見たアルファロメオアルファロメオ

    アルファロメオ・183Tは、アルファロメオが開発したフォーミュラ1カー。マールボロ チーム・アルファロメオがに使用した。デザイナーはジェラール・ドゥカルージュとマリオ・トレンティーノ。新たに設計されたフラットボトム車両で、1983年ブラジルグランプリでデビューした。ドライバーはアンドレア・デ・チェザリスとマウロ・バルディ。アルファロメオ・183T フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・2000

    アルファロメオ・2000から見たアルファロメオアルファロメオ

    アルファロメオ・2000シリーズは、はイタリアの自動車メーカーアルファロメオが1958年から販売したシリーズ。アルファロメオ・2000 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・トンプソン (レーサー)

    ジェームス・トンプソン (レーサー)から見たアルファロメオアルファロメオ

    ツーリングカーを舞台に活躍しており、イギリスツーリングカー選手権(BTCC)において2度のチャンピオン獲得経験を持ち、2007年現在はアルファロメオから世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦している。ジェームス・トンプソン (レーサー) フレッシュアイペディアより)

  • タツィオ・ヌヴォラーリ

    タツィオ・ヌヴォラーリから見たアルファロメオアルファロメオ

    1930年にアルファロメオのワークスチームであるアルファ・コルセに加入。1933年にアルファロメオがレーシングチームを手放しスクーデリア・フェラーリが結成されると、ヌヴォラーリは引き続きドライバーとして在籍した。アルファロメオ製のレーシングカーを駆り、タルガ・フローリオ、ミッレミリア、コッパ・チアーノなどの国内メジャーレースや、各国のグランプリレース、ル・マン24時間レースなどで多くの勝利を挙げ、国民的人気ドライバーとなった。しかし、ヌヴォラーリはアルファロメオのマシンの性能に不満を持っており、1935年にはアウトウニオンに加入するために一度チームを去ったこともあった。タツィオ・ヌヴォラーリ フレッシュアイペディアより)

  • オゼッラ・FA1F

    オゼッラ・FA1Fから見たアルファロメオアルファロメオ

    1977年に初めて登場したターボエンジンは、根本的な信頼性の問題を徐々に克服し、1983年にはグランプリを支配するに至った。この年は15戦の内12勝がターボ車による物であった。ルノー(1977年)、フェラーリ(1981年)、ブラバム(1982年)、アルファロメオ、マクラーレン、ウィリアムズ(1983年)と、主要チームのほとんどがターボエンジンを採用していた。1984年にはシーズンが始まると小チームの大半がターボエンジンにチェンジした。彼らの多くはカスタマーエンジンを使用した。オゼッラ・FA1F フレッシュアイペディアより)

  • 1951年のF1世界選手権

    1951年のF1世界選手権から見たアルファロメオアルファロメオ

    1951年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第2回大会である。1951年5月27日にスイスで開幕し、10月28日にスペインで開催される最終戦まで、全8戦で争われた。タイトルはアルファロメオのファン・マヌエル・ファンジオが獲得した。1951年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • フィアット

    フィアットから見たアルファロメオアルファロメオ

    第一次世界大戦後にはミッレミリアなどのレースでも活躍したほか、フォーミュラーレースにも参戦してアルファロメオやブガッティなどと覇を競った。その後「トッポリーノ」こと初代「500」などの大ヒットモデルを出したほか、高級車部門にも進出した。フィアット フレッシュアイペディアより)

  • エンニョ・カパサ

    エンニョ・カパサから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    2010年、自動車メーカーであるアルファ・ロメオのTZ3ストラダーレ(2号車)のインテリアをザガートと共同で創り上げている。エンニョ・カパサ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
403件中 1 - 10件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード