403件中 101 - 110件表示
  • 1982年モナコグランプリ

    1982年モナコグランプリから見たアルファロメオアルファロメオ

    ところが、残り3周からとたんにレースは荒れだす。それまで何事もなく首位を走っていたプロストが、旧シケインを通過した所で周回遅れを抜こうとして体勢を崩し大クラッシュを演じてしまう。このアクシデントにより残り2周で先頭に踊り出たパトレーゼも、ロウズ・ヘアピンで痛恨のスピン。幸運にも再スタート出来たものの、再スタートに苦戦する間に眼前でディディエ・ピローニ(フェラーリ)とアンドレア・デ・チェザリス(アルファロメオ)に先行を許してしまう。こうしてファイナルラップに首位で突入していくピローニであったが、その直前、プールサイドを抜けた辺りから急に速度が落ち始め、アントニー・ノーズではコースマーシャルから青旗を出され周回遅れにゴボウ抜きされるほどの大失速に陥いってしまう。原因は何と燃料不足で、ピローニは何とか残り少ない燃料でゴールに向かおうとしたものの、モナコ名物・ホテル下のトンネル内でついにガス欠で停車する。幸か不幸か、ほぼ同時期にチェザリスもボー・リバージュの途中でガス欠で停車し、さらに周回遅れながら彼らに次ぐ位置に付けていたデレック・デイリー(ウィリアムズ)までもギアボックストラブルによりラスカスで停車した結果、ピローニやチェザリスと同一周回数でファイナルラップに突入していた唯一のドライバー、パトレーゼがそのまま走りきりチェッカーフラッグを受けF1初優勝。なお、パトレーゼ自身はゴール時点で二人の不幸に気付いておらず、優勝を知ったのはピローニを拾ってピットに帰還してからであった。1982年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • デロルト

    デロルトから見たアルファロメオアルファロメオ

    1960年代から - フィアット、アルファロメオなどのメーカー純正キャブレターとして採用された。デロルト フレッシュアイペディアより)

  • 1951年スイスグランプリ

    1951年スイスグランプリから見たアルファロメオアルファロメオ

    1951年スイスグランプリは、モナコグランプリが開催されなかったことから1951年シーズンの開幕戦となった。レースでは前年シーズンを支配したアルファロメオがその強さを維持していることが示された。チームの4名のドライバー全員がグリッドの1、2列目に並んだ。アルファロメオ以外のグリッド最上位はフェラーリのルイジ・ヴィッロレージであり、ファンジオ、ファリーナと並んでフロントローに位置した。1951年スイスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年マレーシアグランプリ

    2009年マレーシアグランプリから見たアルファロメオアルファロメオ

    セーフティカーが入る前の31周終了時点の順位でレースが確定し、終わってみればバトンが2戦連続のポール・トゥ・ウィンで通算3勝目を挙げた。ブラウンGPにとっては、F1が始まった初年度の1950年のアルファ・ロメオ以来のデビュー以来2戦連続優勝。ハイドフェルドが2位、グロックが3位で昨年のハンガリーGP以来自身2度目の表彰台。トヨタも2戦連続で表彰台を獲得した。トゥルーリが4位で入賞を果たした。なお、規定周回数の75%未満だったため、各ドライバーの獲得ポイントは半分となった。これは1991年第16戦オーストラリアGP以来18年ぶり5回目の出来事だった。2009年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 国際ツーリングカー選手権

    国際ツーリングカー選手権から見たアルファロメオアルファロメオ

    FIAのクラス1規定(2.5リッター)で行われ、人気を集めていたドイツツーリングカー選手権(通称DTM)を、FIAは1995年より国際ツーリングカー選手権(通称ITC)として国際レース化し、DTMと平行開催されるようになった。1996年よりITCに統一され、メルセデス、アルファロメオ、オペルの3メーカーがワークスとして参戦した。FIA直轄の国際ツーリングカーシリーズは、1988年のヨーロッパツーリングカー選手権(ETC)以来の復活である。国際ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の国際ツーリングカー選手権

    1996年の国際ツーリングカー選手権から見たアルファロメオアルファロメオ

    1996年の国際ツーリングカー選手権は、国際ツーリングカー選手権の2回目のシーズンである。FIAのクラス1ツーリングカー規定で争われ、メルセデス・ベンツ、アルファロメオ、オペルが参戦した。1996年の国際ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • メルセデス・ベンツ・190E/C1

    メルセデス・ベンツ・190E/C1から見たアルファロメオアルファロメオ

    メルセデスベンツは1986年から190EでDTMに本格参戦を開始。1991年に初めてマニュファクチャラータイトルを獲得し、1992年にはドライバー、マニュファクチャラーの二冠を獲得した。メルセデスは1993年シーズンからCクラスをベースとしたクラス1マシンをDTMで使用する予定でいた。しかし、1992年シーズン途中でアウディが撤退、シーズン終了後にはBMWもDTMからの撤退を決めた。主要エントラントの撤退によって1993年のDTMが開催中止になる可能性があったため、メルセデスはDTM仕様のCクラスの開発を凍結した。その後、1992年にDTMへの参戦計画を明らかにしていたアルファロメオが参戦を発表し、メルセデスも参戦継続を決めた。だが、Cクラスの開発は1993年シーズンには間に合わず、メルセデスは1992年まで使用していた190E2.5-16エボリューションIIをクラス1仕様にモディファイした190E/C1で1993年シーズンを戦うことになった。メルセデス・ベンツ・190E/C1 フレッシュアイペディアより)

  • ザガート

    ザガートから見たアルファロメオアルファロメオ

    1919年創立。航空機の機体製造技術を生かした軽量で空力的な車体設計・製造を得意とした。アルファロメオの1750グランスポルト、2300 8Cなどが第二次世界大戦前の代表作である。戦後はウーゴの子息ジャンニに加え、1960年から69年まで在籍したエルコーレ・スパーダが加入したこともあって1950?60年代に全盛期を迎え、マセラティ、アルファ・ロメオ、フィアット、ランチア、アバルト、アストンマーティン、そして時には定番のピニンファリーナに代わってフェラーリにも、特徴的な軽量でエアロダイナミックかつ前衛的な美しさを特徴とした車体を架装した。デザインシンボルとして、搭乗者の頭上の屋根がふたつのこぶの様に盛り上がったダブルバブルルーフが知られている。ザガート フレッシュアイペディアより)

  • ヴィニャーレ

    ヴィニャーレから見たアルファロメオアルファロメオ

    フィアット・500 トッポリーノに架装された最初のボディは1948年に、続いて特製のフィアット・1100が造られた。ヴィニャーレの顧客のほとんどはチシタリア、アルファロメオ、フェラーリ、フィアット、マセラティ、ランチアといったイタリアの企業であった。1968年にヴィニャーレはタトラ・613のボディをデザインした。ヴィニャーレがデザインし製造する車はこれらの自動車製造会社の主な量産車からの派生車種で、通常は少数生産であった。ヴィニャーレ フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・レーシング

    パトリック・レーシングから見たアルファロメオアルファロメオ

    1989年に鳴り物入りで参戦したアルファロメオのCARTプロジェクト、アレックス・モラレス・モータースポーツは、その前評判に反して、鳴かず飛ばずの成績が続いていた。1990年に向けて、チーム体制の大幅な刷新、強化を計画していたアルファロメオは、元チャンピオンチームのオーナーであるパトリックをチームに合流させることでその目的を達しようと考えた。チーム資産がほぼ無いが現役続行を考えるパトリックにとっても、この話は渡りに船だった。パトリック・レーシング フレッシュアイペディアより)

403件中 101 - 110件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード