321件中 11 - 20件表示
  • 勝手にしやがれヘイ!ブラザー

    勝手にしやがれヘイ!ブラザーから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    品川ナンバーのアルファ・ロメオ・スパイダー・クワドリファリオのシルバーに乗っており、劇中自分の愛車に対し、ロミオとジュリエットのセリフのパロディを言い何気なく自分の車を紹介していた。勝手にしやがれヘイ!ブラザー フレッシュアイペディアより)

  • 栃木いすゞ自動車

    栃木いすゞ自動車から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    いすゞ製トラック・バスの他、輸入車としてアルファ・ロメオ、フィアット、マセラティ、フェラーリも取り扱っている。また、公式サイトにはいすゞがかつて生産した乗用車(ベレットなど)についても詳しく記載されている。栃木いすゞ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • BMW・02シリーズ

    BMW・02シリーズから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    なお当時、すでにイタリアのアルファ・ロメオが、車名にAlfa Romeo Giulia TIと「TI」を冠していた事を気づかずに販売してしまっていた。しかし、後にこの事をアルファ・ロメオに確認を取ったところ、快く「TI」を使うことを許されている。BMW・02シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・SZ

    アルファロメオ・SZから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    アルファロメオ・SZおよびRZ(AlfaRomeo SZ,RZ)は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオが製造・販売していたクーペまたはオープンタイプのスポーツカーである。アルファロメオ・SZ フレッシュアイペディアより)

  • Z.506 (航空機)

    Z.506 (航空機)から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    初飛行は1935年8月19日に行なわれ、試作機を改造したZ.506Aは1936年から38年にかけて次々と水上機による記録を塗り替えた。これ等の記録はアルファ・ロメオ製発動機を装備した機体によるものであった。ピアッジオ ステラ P.IXエンジンを装備したZ.506Aは1936年にア・ラ・リットリア航空に就航を開始、38年までに16機が発注されている。Z.506 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • M'sRealize

    M'sRealizeから見たAlfa Romeo アルファ・ロメオ

    また「Mercedes-Benz」「Audi」「Alfa Romeo 」「RENAULT」などM'sRealize フレッシュアイペディアより)

  • タツィオ・ヌヴォラーリ

    タツィオ・ヌヴォラーリから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    [[ファイル:Mussolini al volante di un'Alfa Romeo da competizione.JPG|left|thumb|240px|タツィオ・ヌヴォラーリ(後列中央)のアルファ・ロメオに乗るベニート・ムッソリーニ]]第一次世界大戦から復員した後、1920年にオートバイレースで競技生活を始める。成功を収めた後4輪レースに転向し、アルファ・ロメオ、ランチア、スクーデリア・フェラーリなど、主に自国のレーシングチームで活躍した(一時期はフランスのブガッティやドイツのアウトウニオンにも在籍した)。1930年代に全盛期を迎え、タルガ・フローリオ、ミッレミリアなどの国内メジャーレースや、国際グランプリ、ル・マン24時間レースなどで数々の勝利を挙げ、国民的人気ドライバーとなった。タツィオ・ヌヴォラーリ フレッシュアイペディアより)

  • セアト・レオン

    セアト・レオンから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    デザインは元アルファ・ロメオチーフデザイナーのワルテル・デ・シルヴァが行った。デザインの方向性はアルテアからとなっており、特徴的な部分として、フロントに黒いワイパーモール、リアピラーにあるドアハンドル(このスタイルはシルヴァがいたアルファ・ロメオの車にもあった)などが挙げられる。セアト・レオン フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・フェラーリ

    スクーデリア・フェラーリから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    元々はアルファ・ロメオのレーシングチームとして発足し、独立後は一貫してシャーシとエンジンを内製するフルコンストラクターとして活動を続けている。スクーデリア・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム

    ブラバムから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    エクレストン体制では量販モデルの製造を止め、F1のみに活動を絞った。また、マルティニやパルマラットの支援、アルファ・ロメオエンジンの獲得など、イタリアカラーが混じるようになった。しかし、からスイッチしたアルファ・ロメオエンジンの過大な燃料消費等に悩まされ、成績はしばし低迷する。には表面冷却構造(レーサー的な航空機において既存のシステム)のマシンに興味を示した前年度のチャンピオンニキ・ラウダを迎え、ファン・カーとして知られるBT46Bで勝利を挙げたものの、1戦のみで使用禁止となった。ブラバム フレッシュアイペディアより)

321件中 11 - 20件表示