403件中 11 - 20件表示
  • サヴォイア・マルケッティ SM.81

    サヴォイア・マルケッティ SM.81から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    SM.81はサヴォイア・マルケッティ SM.73の軍用機型として設計が進められ、国際情勢の危局を迎えたため実用化が急がれた。動力であるエンジンは生産された時期によって異なり、アルファ・ロメオ 125 (Alfa Romeo 125, 126) やノーム・ローヌ 14K (Gnome-Rhône 14K), ピアッジョ P.X (Piaggio P.X, P.XI) などが採用された。第二次エチオピア戦争 (Guerra d'Etiopia) で初陣を飾り、スペイン内戦 (Guerra civile spagnola) ではイタリア空軍のみならず、フランコ率いるスペイン空軍の爆撃部隊の一角を担った。第二次世界大戦の開戦時には爆撃機としての能力は二線級であったが、信頼性も高く最も融通の利く機材として1944年まで使用された。サヴォイア・マルケッティ SM.81 フレッシュアイペディアより)

  • Z.506 (航空機)

    Z.506 (航空機)から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    初飛行は1935年8月19日に行なわれ、試作機を改造したZ.506Aは1936年から38年にかけて次々と水上機による記録を塗り替えた。これ等の記録はアルファ・ロメオ製発動機を装備した機体によるものであった。ピアッジオ ステラ P.IXエンジンを装備したZ.506Aは1936年にア・ラ・リットリア航空に就航を開始、38年までに16機が発注されている。Z.506 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • セアト・レオン

    セアト・レオンから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    デザインは元アルファ・ロメオチーフデザイナーのワルテル・デ・シルヴァが行った。デザインの方向性はアルテアからとなっており、特徴的な部分として、フロントに黒いワイパーモール、リアピラーにあるドアハンドル(このスタイルはシルヴァがいたアルファ・ロメオの車にもあった)などが挙げられる。セアト・レオン フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ロメオ

    ニコラ・ロメオから見たアルファロメオアルファロメオ

    ニコラ・ロメオ(Nicola Romeo 、1876年4月28日 - 1938年8月15日)はイタリアのエンジニア、実業家。イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオの創設に深く関与していることで知られる。ニコラ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • M'sRealize

    M'sRealizeから見たアルファロメオアルファロメオ

    またメルセデス・ベンツ、アウディ、アルファロメオ、ルノーなど輸入車の純正品として簡易的に盗難防止するナンバープレートロックボルトなどを納入している。M'sRealize フレッシュアイペディアより)

  • バロッコ

    バロッコから見たアルファロメオアルファロメオ

    この村には、フィアットグループが使用する自動車のテストコース(もとはアルファロメオ社が所有していたもの)がある。バロッコ フレッシュアイペディアより)

  • 1951年イギリスグランプリ

    1951年イギリスグランプリから見たアルファロメオアルファロメオ

    F1世界選手権の開始以来、インディ500を除くレースにおいてアルファロメオ以外の車両、そして自然吸気エンジン搭載車両が初めて優勝したレースであり、スクーデリア・フェラーリとフロイラン・ゴンザレスの初優勝でもある。1951年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・SZ

    アルファロメオ・SZから見たアルファロメオアルファロメオ

    SZおよびRZは、イタリアの自動車メーカーアルファロメオが製造・販売していたクーペまたはオープンタイプのスポーツカーである。アルファロメオ・SZ フレッシュアイペディアより)

  • 1950年モナコグランプリ

    1950年モナコグランプリから見たアルファロメオアルファロメオ

    1950年モナコグランプリ (XI Grand Prix Automobile de Monaco) は、1950年のF1世界選手権第2戦として、1950年5月21日にモンテカルロ市街地コースで開催された。レースはポールポジションからスタートしたアルファロメオのファン・マヌエル・ファンジオが優勝し、フェラーリのアルベルト・アスカリが2位、マセラティのルイ・シロンが3位となった。1950年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 太田哲也

    太田哲也から見たアルファロメオアルファロメオ

    現在は事故の後遺症による手足の機能障害の為に、プロのレーシングドライバーとしてのキャリアを絶たれてしまったが、エッセイや自動車雑誌のインプレッション記事等の執筆活動の他、モータージャーナリストとしての活動、"TEZZO"ブランドでアルファロメオやフェラーリ等のチューニングパーツの企画開発、そして40代以上のアマチュアドライバーにレース出場の機会を与える"TEZZO RACERS CLUB"の主宰、落ち込んで苦悩している人を支援しチャレンジを促す「NPO KEEP ON RACING」の主宰など、事故以前よりも精力的に活動している。太田哲也 フレッシュアイペディアより)

403件中 11 - 20件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード