403件中 21 - 30件表示
  • ルイ・シロン

    ルイ・シロンから見たアルファロメオアルファロメオ

    1933年にはルイジ・キネッティと共にスパ・フランコルシャン24時間レースに出場し、アルファロメオ・8C-2300 (Alfa Romeo 8C 2300) を駆り優勝。その後エンツォ・フェラーリ率いるアルファロメオで活躍。期待に応えるも1934年フランスグランプリをP3で勝利する。しかし、メルセデス・ベンツとアウトウニオン(現アウディ)率いるドイツ勢が優勢となると1936年メルセデス・ベンツ陣営に加わる。この年のW25Kの不調によりドイツグランプリで事故により重傷を負うまでの3年間で5勝を挙げる。1937年、1938年スポーツカーレースによるタルボで1勝し、その後に引退。そして世界は第二次世界大戦へ突入し、グランプリは中止される。ルイ・シロン フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・M14A

    マクラーレン・M14Aから見たアルファロメオアルファロメオ

    マクラーレン・M14A (McLaren M14A) は、マクラーレンがからのF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。M14DはM14Aの改良型で、アルファロメオ製V8エンジンを搭載した。マクラーレン・M14A フレッシュアイペディアより)

  • 1932年のグランプリ・シーズン

    1932年のグランプリ・シーズンから見たアルファロメオアルファロメオ

    はAIACRヨーロッパ・ドライバーズ選手権のタイトルが懸けられた二回目のグランプリ・シーズンである。アルファコルセのタツィオ・ヌヴォラーリがヨーロッパ・チャンピオンに輝いた。ヌヴォラーリは3つのヨーロッパ選手権グランプリのうち2つに勝利した。選手権は5時間から10時間の長時間レースで構成された。1932年のグランプリ・シーズン フレッシュアイペディアより)

  • 栃木いすゞ自動車

    栃木いすゞ自動車から見たアルファロメオアルファロメオ

    いすゞ製トラック・バスの他、輸入車としてアルファロメオ、フィアット、マセラティ、フェラーリも取り扱っている。また、公式サイトにはいすゞがかつて生産した乗用車(ベレットなど)についても詳しく記載されている。栃木いすゞ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • ランチア

    ランチアから見たアルファロメオアルファロメオ

    ヴィンチェンツォ死後は子息のジャンニ・ランチアが会社を継承。ジャンニは戦後、アプリリアの後継車開発のため第二次世界大戦前にはアルファロメオの各GPマシーンを設計したヴィットリオ・ヤーノを招聘、世界初のV型6気筒エンジン、デフとギアボックスが一体化したトランスアクスルを持つ「アウレリア」が1951年に誕生した。「アウレリア」のクーペはGTと命名され、グラントゥーリズモのパイオニアとなった。ランチア フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・アスカリ

    アルベルト・アスカリから見たアルファロメオアルファロメオ

    1920年代にアルファロメオで活躍したドライバー、アントニオ・アスカリを父に持つ。アスカリは幼い頃、父にレーシングカーの横に乗せられ、モンツァ・サーキットのコースを走って貰ったことがあるが、これが忘れられない出来事となったという。しかし父は1925年にクラッシュで他界した。アルベルト・アスカリ フレッシュアイペディアより)

  • 可変バルブ機構

    可変バルブ機構から見たアルファロメオアルファロメオ

    フィアット、アルファロメオは「マルチエア(Multiair)」「ツインエア(Twinair)」、部品供給元のシェフラーグループは「ユニエアー(UniAir)」と呼ぶ可変バルブ機構である。可変バルブ機構 フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム

    ブラバムから見たアルファロメオアルファロメオ

    エクレストン体制では量販モデルの製造を止め、F1のみに活動を絞った。また、マルティニやパルマラットの支援、アルファロメオエンジンの獲得など、イタリアカラーが混じるようになった。しかし、からスイッチしたアルファ・ロメオエンジンの過大な燃料消費等に悩まされ、成績はしばし低迷する。には表面冷却構造(レーサー的な航空機において既存のシステム)のマシンに興味を示した前年度のチャンピオンニキ・ラウダを迎え、ファン・カーとして知られるBT46Bで勝利を挙げたものの、1戦のみで使用禁止となった。ブラバム フレッシュアイペディアより)

  • チェッカーモータース

    チェッカーモータースから見たアルファロメオアルファロメオ

    フィアット・アルファロメオ車の販売台数日本一を誇る。一時期レーシングチームを持っていた時期があり、太田哲也を擁し富士グランチャンピオンレースなどに参戦していた。2010年7月に株式会社福岡クライスラーを存続会社とする合併を行い、以降はクライスラー車も取り扱っている。チェッカーモータース フレッシュアイペディアより)

  • BMW・02シリーズ

    BMW・02シリーズから見たアルファロメオアルファロメオ

    なお当時、すでにイタリアのアルファロメオが、車名にAlfa Romeo Giulia TIと「TI」を冠していた事を気づかずに販売してしまっていた。しかし、後にこの事をアルファロメオに確認を取ったところ、快く「TI」を使うことを許されている。BMW・02シリーズ フレッシュアイペディアより)

403件中 21 - 30件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード