321件中 41 - 50件表示
  • クインランド・カーズ

    クインランド・カーズから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    かつて米国、フォード・モーターの高級モデル「リンカーン」と「マーキュリー」の日本国内の総輸入元・総代理店でもあった近鉄モータースが近鉄グループの経営再建策の一環で、2005年7月より自動車販売や住宅、外食産業などを擁するクインランドに売却され、さらに2006年4月にフィアットとアルファ・ロメオのディーラーである、アピス神戸と新アレーゼ名古屋と合併し、同時に社名をクインランド・カーズに改称した。クインランド・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・8

    ルノー・8から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    R8 (モデルコード R1110)は、4CVそしてドーフィンの流れを汲むRRセダンで、新開発のスムーズな5ベアリング・エンジンやこのクラス初の4輪ディスクブレーキなど、当時の1リッター車としてはかなり贅沢な機構、各種装備が与えられていた。ボディデザインはアルファ・ロメオが1960年に発表した、前輪駆動のプロトタイプ車「ティーポ103 (tipo 103)」に大変よく似ており、これは1950年代と1960年代にルノーとアルファ・ロメオが、業務提携を結んでいた影響である。ルノー・8 フレッシュアイペディアより)

  • フォードGTマーク4

    フォードGTマーク4から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    マークIVは67年3月末に開催されたセブリング12時間レースで実戦デビュー、直接のライバルであったフェラーリ330P4はレースに不参加だったため、ライバルは同じく地元のシャパラルと、このレースでデビューを果たしたアルファ・ロメオのティーポ33だった。予選でマークIV"J-4"はポールポジションを獲得、本戦ではシャパラルが前半をリードするもオートマチックミッションを壊しリタイヤ、マークIVはデビューウィンを飾った。フォードGTマーク4 フレッシュアイペディアより)

  • サラセン人

    サラセン人から見たアルファロメオアルファ・ロメオ

    また、イタリア車のアルファロメオのエンブレムに描かれている図柄の意味は、大蛇=ミラノ公・ヴィスコンティ家(十字軍)を表し、大蛇に飲み込まれているのは聖地を冒涜(侵略)したサラセン人で「十字軍がサラセン人を退治している事を表している」とも言われている。サラセン人 フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・2000/2600

    アルファロメオ・2000/2600から見たアルファロメオアルファ・ロメオ

    アルファロメオ・2000/2600(Alfa Romeo 2000/2600)はイタリアの自動車メーカー・ アルファロメオ 社が1957年から1968年まで生産した大型乗用車である。当初はアルファロメオ・2000(セリエ102)として登場、1961年にエンジンが6気筒2600ccに拡大され、アルファロメオ・2600(セリエ106)に発展した。2600はアルファロメオ最後の直列6気筒エンジン搭載車となった。アルファロメオ・2000/2600 フレッシュアイペディアより)

  • メガトロン (エンジンメーカー)

    メガトロン (エンジンメーカー)から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    1987年よりF1のアロウズとリジェに1500ccの直4ターボエンジンを供給した。このエンジンはBMW M12/13をメガトロンのバッジネームをつけて改良したものである。1986年いっぱいでBMWとのエンジン供給契約を失ってしまったアロウズが、チームのタイトルスポンサーのUSF&GにBMWエンジンに関する契約を買い取ってもらったものである。当初は供給チームはアロウズのみであったが、開幕直前にアルファ・ロメオから契約を破棄されてエンジンがなくなってしまったリジェにも1987年に供給された。1988年は供給チームはアロウズのみとなった。(リジェがエンジンをジャッドに変更したため)この年のアロウズはチームのコンストラクターズランキングの最上位である4位(同点であることを考慮して5位としても最高位)を記録することとなった。1989年以降、ターボエンジンは禁止されてしまったので、撤退した。メガトロン (エンジンメーカー) フレッシュアイペディアより)

  • ドライエ

    ドライエから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    またル・マン24時間耐久レースでは、「135」の排気量拡大・強化版である3.6リッターの「135M」「135MS」が活躍を見せた。1937年には2位・3位、そして翌1938年には / 組が優勝している。ただし1938年のレースにはフランスの最強豪であるブガッティが出場しておらず、ドライエ自体レース中のギアボックストラブルでトップギアしか使えなかったのであるが、先頭を大幅リードで独走していたアルファ・ロメオの名車8C2900に持ち前のタフネスさで追いすがって2位をキープ、アルファ・ロメオが終盤でエンジントラブルを起こしたことで「棚ぼた」に勝利を得たのであった。ビッグタイトルこそ多くは得られなかったが、135シリーズは富裕なプライベーターたちによって多くのレースで活躍している。ドライエ フレッシュアイペディアより)

  • デ・トマソ

    デ・トマソから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    1961年にはアルファ・ロメオを、1970年にはコスワースのエンジンをそれぞれ搭載してF1に参戦したが、結果を残せず早々に撤退した。デ・トマソ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の世界ツーリングカー選手権

    2006年の世界ツーリングカー選手権から見たアルファロメオアルファ・ロメオ

    前年まで参戦していたフォード(フォード・フォーカス)の撤退により、参加する自動車会社はBMW、アルファロメオ、セアト、ゼネラルモーターズ(シボレー)の4社となった。当初、ロシアの自動車会社ラダがエントリーしたが、参戦することはなかった。2006年の世界ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ファブリツィオ・ジョヴァナルディ

    ファブリツィオ・ジョヴァナルディから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    この選択は的中し、1992年には早くもチャンピオンに輝き、1993年2位、1994年3位と上々の成績を残した。1995年からはアルファ・ロメオを駆るようになり、しばしば他国の選手権にも並行して参戦した。ファブリツィオ・ジョヴァナルディ フレッシュアイペディアより)

321件中 41 - 50件表示