403件中 41 - 50件表示
  • C'N'Cコスチュームナショナル

    C'N'Cコスチュームナショナルから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    2007年 自動車メーカーのアルファ・ロメオとコラボレーションし、限定生産の147 C'N'C CoSTUME NATIONALを発表。C'N'Cコスチュームナショナル フレッシュアイペディアより)

  • オズヴァルド・カヴァンドーリ

    オズヴァルド・カヴァンドーリから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    1920年1月1日、イタリアのロンバルディア州ブレシア県トスコラーノ=マデルノで生まれる。しかし、2歳の時にミラノへ引っ越した。1936年から1940年まで、アルファ・ロメオでテクニカル・デザイナーとして働いた。オズヴァルド・カヴァンドーリ フレッシュアイペディアより)

  • インドゥストリアス・カイゼル・アルヘンティーナ

    インドゥストリアス・カイゼル・アルヘンティーナから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    これらのカイザー設計車を生産する一方で、1960年にアルファ・ロメオ1900ベースの6気筒セダン「ベルガンティン」を製造し、さらに、フランスのルノーとの提携によってルノー・ドーフィンを製造するなどより小型な車の市場にも進出、ルノー・4、ルノー・6も製造してアルゼンチン市場に浸透し、1968年にルノーの主導権の下で社名が「IKAルノー」となった。一方、本国でカイザーと提携していたアメリカン・モーターズ(以下AMC)は1970年にジープの製造権を獲得した。インドゥストリアス・カイゼル・アルヘンティーナ フレッシュアイペディアより)

  • ブリストル ジュピター

    ブリストル ジュピターから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    - アルファ・ロメオによりAlfa Romeo 126-RC35の名称で生産された。ブリストル ジュピター フレッシュアイペディアより)

  • トファシュ

    トファシュから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    トファシュは1968年にトルコ初の自動車製造企業として発足し、フィアットからライセンス生産の認可を受けたフィアット・124を、トファシュ・ムラット 124(Tofaş Murat 124)として製造・販売した。次いで、ムラット 124の後継車として、フィアット・131を基とした乗用車が、トファシュ・ムラット 131(Tofaş Murat 131)、トファシュ・シャヒン(Tofaş Şahin)、トファシュ・ドアン(Tofaş Doğan)、トファシュ・カルタル(Tofaş Kartal)が長期にわたって製造され続けた。なお、トファシュ・シャヒンは、1991年からエジプトのナスル社、2006年からエチオピアのHolland Car社でノックダウン生産が行なわれている。トファシュは今なおフィアットとの密接な関係を維持しており、トルコと欧州諸国の市場向けにフィアット、アルファ・ロメオ、ランチアの車種を製造している。また、トファシュは主にタクシーとして用いられる独自の車種も製造している。トファシュ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・M7A

    マクラーレン・M7Aから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    M7Dは、M7AからM7Cまでの3車と異なり、アルファ・ロメオ製のV型8気筒エンジンを搭載した。マクラーレン・M7A フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム・BT45

    ブラバム・BT45から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    シーズン開幕前、チームはアルファ・ロメオとのエンジン供給契約を締結した。水平対向12気筒エンジンはパワーは十分だったものの、重量があり燃料消費も大きかった。また、信頼性にも欠け、シーズンを通しての完走率は50%以下であった。チームは9ポイントを得、コンストラクターズランキング9位でシーズンを終えるブラバム・BT45 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンダービルト杯

    ヴァンダービルト杯から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    1936年と1937年にはルーズベルト・レースウェイ (:en:Roosevelt Raceway ) を舞台に一時復活し、アルファ・ロメオやメルセデス・ベンツ、アウトウニオンなどのGPカーが参戦するも、これを最後に国際レースとしての単独開催は終了した。ヴァンダービルト杯 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の世界ツーリングカー選手権

    1987年の世界ツーリングカー選手権から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    BMW(BMW・M3)、フォード(フォード・シエラRSコスワース、シエラRS500)、アルファ・ロメオ(アルファロメオ・75ターボ、33)、マセラティ(マセラティ・ビトゥルボ)が選手権にエントリーした。1987年の世界ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のF1世界選手権

    1985年のF1世界選手権から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    この年デビューした有力選手はイヴァン・カペリ、ピエルルイジ・マルティニ。ミナルディ、ハース・ローラ、自製ターボエンジンのザクスピードが参戦した。ルノー、アルファ・ロメオ、スピリットは撤退。ターボエンジンのパイオニアであるルノーワークスはタイトルを獲得できずに終わった(エンジン供給は継続)。1985年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

403件中 41 - 50件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード