321件中 51 - 60件表示
  • オズヴァルド・カヴァンドーリ

    オズヴァルド・カヴァンドーリから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    1920年1月1日、イタリアのロンバルディア州ブレシア県トスコラーノ=マデルノで生まれる。しかし、2歳の時にミラノへ引っ越した。1936年から1940年まで、アルファ・ロメオでテクニカル・デザイナーとして働いた。オズヴァルド・カヴァンドーリ フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・158

    アルファロメオ・158から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    アルファロメオ 158 (Alfa Romeo 158) は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオが開発したフォーミュラカー。設計者はジョアッキーノ・コロンボ。別名は「小さなアルファ・ロメオ」を意味するアルフェッタ (Alfetta) 。アルファロメオ・158 フレッシュアイペディアより)

  • デ・ハビランド ジプシー・メジャー

    デ・ハビランド ジプシー・メジャーから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    1932年にロールアウトして以来、ジプシー・メジャーは派生型を含めて14,615基が生産された。第二次世界大戦時はイタリアにおいてアルファ・ロメオ 110の名称でライセンス生産された。デ・ハビランド ジプシー・メジャー フレッシュアイペディアより)

  • ゼネラル・エレクトリック J79

    ゼネラル・エレクトリック J79から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    F-104コンソーシアム生産プログラムに対して、 アルファ・ロメオ、フィアット、ファブリックナショナル がプロジェクト主要生産者として多くの GE-11Aエンジンをヨーロッパでライセンス生産した。ゼネラル・エレクトリック J79 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンダービルト杯

    ヴァンダービルト杯から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    1936年と1937年にはルーズベルト・レースウェイ (:en:Roosevelt Raceway ) を舞台に一時復活し、アルファ・ロメオやメルセデス・ベンツ、アウトウニオンなどのGPカーが参戦するも、これを最後に国際レースとしての単独開催は終了した。ヴァンダービルト杯 フレッシュアイペディアより)

  • アウグスト・ファルフス

    アウグスト・ファルフスから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    そうした活躍により、翌年に向けヨーロッパツーリングカー選手権(ETCC)のアルファ・ロメオワークスチームで、同選手権における強豪チームであるN・テクノロジーのシートを獲得し、翌年以後ツーリングカーに活躍の場を移す。アウグスト・ファルフス フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・33

    アルファロメオ・33から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    アルファロメオ・33は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオが製造・販売していた自動車である。アルファ33とも呼ばれる。アルファロメオ・33 フレッシュアイペディアより)

  • DB 601

    DB 601から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    DB 601は、ドイツのダイムラー・ベンツ社で開発・製造された航空機用液冷V型12気筒エンジン。第二次世界大戦において、ドイツ空軍のBf109に採用されたほか、イタリアのアルファ・ロメオ社、日本の川崎航空機(以下川崎)および愛知航空機(以下愛知)においてそれぞれライセンス生産され、イタリアのMC.202、日本の三式戦闘機など枢軸国側の航空機にも採用された。DB 601 フレッシュアイペディアより)

  • インドゥストリアス・カイゼル・アルヘンティーナ

    インドゥストリアス・カイゼル・アルヘンティーナから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    これらのカイザー設計車を生産する一方で、1960年にアルファ・ロメオ1900ベースの6気筒セダン「ベルガンティン」を製造し、さらに、フランスのルノーとの提携によってルノー・ドーフィンを製造するなどより小型な車の市場にも進出、ルノー・4、ルノー・6も製造してアルゼンチン市場に浸透し、1968年にルノーの主導権の下で社名が「IKAルノー」となった。一方、本国でカイザーと提携していたアメリカン・モーターズ(以下AMC)は1970年にジープの製造権を獲得した。インドゥストリアス・カイゼル・アルヘンティーナ フレッシュアイペディアより)

  • デュオニック

    デュオニックから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    DCTはこれまで多くのスポーツカーに採用されてきたセミATと比べると、「MTと同様の構造を基本にクラッチと変速の操作を自動化した」という点では同じで、MT並のダイレクト感を得るという点では共通しているが、セミATでは変速に要するタイムラグがあり、その短縮には物理的な限界があった。DCTはクラッチを2系統持ち、それらを状況に応じて瞬時に繋ぎ変えるという構造により、タイムラグを解消した。従ってセミATは一部の需要を除き順次DCTに置き換わっていく物と推測され、実際に多くのメーカーがセミATからDCTに切り替えている。(フェラーリ、ポルシェ、アルファ・ロメオ、BMWなど)デュオニック フレッシュアイペディアより)

321件中 51 - 60件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード