403件中 51 - 60件表示
  • ルノー・8

    ルノー・8から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    R8 (モデルコード R1110)は、4CVそしてドーフィンの流れを汲むRRセダンで、新開発のスムーズな5ベアリング・エンジンやこのクラス初の4輪ディスクブレーキなど、当時の1リッター車としてはかなり贅沢な機構、各種装備が与えられていた。ボディデザインはアルファ・ロメオが1960年に発表した、前輪駆動のプロトタイプ車「ティーポ103 (tipo 103)」に大変よく似ており、これは1950年代と1960年代にルノーとアルファ・ロメオが、業務提携を結んでいた影響である。搭載された新開発の直列4気筒956ccエンジンは44ps(32kW)を発生した。1963年Wheels Magazineによるオーストラリア・カー・オブ・ザ・イヤー (Australia's Car of the Year Award)を受賞。ルノー・8 フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム・BT48

    ブラバム・BT48から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    ベンチュリ構造を実現するために、アルファ・ロメオは前年まで使用したの水平対向12気筒エンジンから、新開発のV型12気筒エンジンに変更した。予選では速さを見せたが、2人のドライバー合わせて6回の完走しかできず信頼性の低さが目立った。イモラで開催された、ノンタイトルレースでは、ニキ・ラウダが優勝している。ブラバム・BT48 フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム・BT44

    ブラバム・BT44から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    メインスポンサーとしてマルティーニ・エ・ロッシを獲得。パーチェが地元のブラジルGPで優勝。ロイテマンもドイツGPで優勝するなど入賞をかさね、コンストラクターズチャンピオン獲得も見えていたが、チームが来季用のエンジンとしてアルファ・ロメオ、フラット12気筒エンジンを獲得。マレーが新型マシンBT45の設計を始めたためBT44Bの開発が中断、シーズン後半は失速。それでも選手権2位を確保した。ブラバム・BT44 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の全日本ツーリングカー選手権

    1994年の全日本ツーリングカー選手権から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    BTCC等でレース実績を積んでいた海外メーカーのマシンが積極的に参入。BMWはセミワークスのシュニッツァー・モータースポーツを送り込み、最後までトヨタとの激しいチャンピオン争いを行なった。HKSもボクスホール(シリーズ途中からオペル)と実質的なワークスとして関係を築き、アンソニー・レイドの1台体制で参戦し、開幕戦で2連勝を飾った。その他としては、プライベートチームによるイタリアスーパーツーリズモ選手権(CIVT)のアルファ・ロメオでの参戦もあった。1994年の全日本ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • イグナツィオ・ギュンティ

    イグナツィオ・ギュンティから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    1960年代後半から数々のスポーツカーレースに参戦。1968年にはアルファ・ロメオのマシンを駆ってタルガ・フローリオで2位、ル・マン24時間レースでも4位を獲得している。イグナツィオ・ギュンティ フレッシュアイペディアより)

  • 1979年のF1世界選手権

    1979年のF1世界選手権から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    チームではブラバムにエンジンを供給していたアルファ・ロメオがコンストラクターとして復活し、F1創成期の再現が期待された。3年前華々しくデビューしたウルフは成績不振で撤退を決めた。1979年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ポケール

    ポケールから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    ロールス・ロイスやブガッティ、アルファ・ロメオ、メルセデス・ベンツ、フェラーリなどの製品はワンオフのハンドメイドのブラスモデルに引けをとらない出来映えであった。リバロッシグループの破産により生産が停止した。2013年に1/8スケールランボルギーニ・アヴェンタドールをもって生産を再開した。生産は中国で行なわれる。ポケール フレッシュアイペディアより)

  • 痛車でいこう!!

    痛車でいこう!!から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    アルファロメオ痛1750GTV(『ストライクウィッチーズ』だが、権利関係を取っていないので、描き文字などで肝心な部分をごまかしてある。ちなみに山崎の私物車)痛車でいこう!! フレッシュアイペディアより)

  • マーチ・711

    マーチ・711から見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    エンジンは従来のコスワースDFVのほか、プロトタイプ・スポーツカーに使用されているアルファ・ロメオの3リッターV8エンジンも使用された。マーチ・711 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・RE40

    ルノー・RE40から見たアルファロメオアルファロメオ

    プロストはチャンピオンシップの獲得に向けて一貫性のある挑戦をルノーができないことにうんざりし、RE40の開発が足りないとチームを公に批判してシーズン終了後に解雇された。彼はその年の終わりにマクラーレンに加入した。RE40は4勝を挙げ、ポールポジションも3回獲得した。しかしながら、プロストはRE40のドライブを楽しみ、後に「愛しい車...僕たちは10回以上のチャンピオンシップを獲得できただろう。」と語っている。チーバーもフラストレーションのたまるシーズンの後にチームを去り、アルファロメオに加入した。ルノー・RE40 フレッシュアイペディアより)

403件中 51 - 60件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード