321件中 81 - 90件表示
  • クリック&デッド NETWAYスイーパーズ

    クリック&デッド NETWAYスイーパーズから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    本作ヒロインのひとり。CADの中でも実行力に優れるスイーパーで「現場担当」、いわく「肉体労働」。しかし時には頭の切れる機転の良さを見せる。愛車はアルファ・ロメオ、使用拳銃はスターム・ルガーのPシリーズと思われる。クリック&デッド NETWAYスイーパーズ フレッシュアイペディアより)

  • トランスアクスル レイアウト

    トランスアクスル レイアウトから見たアルファロメオアルファ・ロメオ

    このような特徴から、これらの欠点より前後重量配分の適正化が優先される高額なスポーツカー、グランツーリスモに採用例が多いが、国営時代のアルファロメオではアルフェッタ、2代目ジュリエッタ、アルファロメオ・75など、一般的な4ドアセダンにも採用していたことが特筆される。またDAF・66(後のボルボ・66)では重量配分と無関係に、採用したベルト式CVTの構造から採用していた。トランスアクスル レイアウト フレッシュアイペディアより)

  • ラゴンダ・ラパイド

    ラゴンダ・ラパイドから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    1906年、ウィルバー・ガン(Wilbur Gunn)によって起業され、1907年から自動車の生産を始めたラゴンダ(Lagonda)は、ロンドン - エディンバラやモスクワ - サンクトペテルブルクの公道レースをはじめ、ベントレー、アルファ・ロメオ、ブガッティなどの強豪に伍し、ル・マン24時間での優勝経験も持つ、レーシングカー直系の高級スポーツカーを得意とするメーカーであった。しかし、経営的には常に不安定で、M45R ラパイドでル・マン優勝を果たした1935年には、アラン・グッド(Alan Good)に買収された。ラゴンダ・ラパイド フレッシュアイペディアより)

  • アウトウニオン

    アウトウニオンから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    このようにPワーゲンは、ダイムラー・ベンツ(メルセデス・ベンツ)のW25やW125と並び、それ以前の強豪であったイタリアのアルファ・ロメオ等を斥けて、欧州のレース界を総なめにした。1930年代後半の欧州におけるグランプリ・レースは、圧倒的な実力を持つアウトウニオンとメルセデスによって牛耳られていたと言っても過言ではなかった。アウトウニオン フレッシュアイペディアより)

  • ヴァレンティーノ・マッツォーラ

    ヴァレンティーノ・マッツォーラから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    1919年1月26日、ミラノ県カッサーノ・ダッダ生まれ。彼のキャリアはミラノにある自動車メーカー、アルファ・ロメオミラノ工場のクラブで始まった。1939年にイタリア海軍に徴集されてヴェネツィアに赴いた。その間にセリエAに昇格したばかりのヴェネツィアACの選抜試験を受けて合格した。その後1939年から1942年までヴェネツィアでプレーし中心選手として活躍した。1941年にはコッパ・イタリアで優勝、1942年には昇格後わずか4年目でリーグ3位に導いた。ヴァレンティーノ・マッツォーラ フレッシュアイペディアより)

  • エルコーレ・スパーダ

    エルコーレ・スパーダから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオ・2600SZ(1962年)AlfaRomeo 2600 SZエルコーレ・スパーダ フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム・BT44

    ブラバム・BT44から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    メインスポンサーとしてマルティーニ・エ・ロッシを獲得。パーチェが地元のブラジルGPで優勝。ロイテマンもドイツGPで優勝するなど入賞をかさね、コンストラクターズチャンピオン獲得も見えていたが、チームが来季用のエンジンとしてアルファ・ロメオ、フラット12気筒エンジンを獲得。マレーが新型マシンBT45の設計を始めたためBT44Bの開発が中断、シーズン後半は失速。それでも選手権2位を確保した。ブラバム・BT44 フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ

    アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテから見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ(Alfa Romeo Gran Sport Quattroruote)は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオが1965年から1967年まで生産した2ドア・オープンカーである。アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ フレッシュアイペディアより)

  • 水平対向12気筒

    水平対向12気筒から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    フェラーリの水冷3L水平対向12気筒は何度も選手権を制する成功作となり、後にアルファ・ロメオも鬼才カルロ・キティ率いるアウトデルタの設計で1973年にグループ6にアルファ・ロメオ・ティーポ33/TT12を投入。1976年にはアルファ・ロメオ・33SC12を送り出し、このエンジンをブラバムに供給する形でF1復帰を果たす事になる。しかし、同時期の1972年に同じイタリアのテクノが投入した水平対向12気筒は全くの失敗作に終わり、テクノは僅か2年でF1から撤退する事になった。フェラーリは後に4.4-5.0Lの排気量で180度V型クランクシャフトを持つ水平対向12気筒を、フェラーリ・365GT4BBやフェラーリ・テスタロッサに搭載して市販した。水平対向12気筒 フレッシュアイペディアより)

  • 横山宏

    横山宏から見たアルファ・ロメオアルファ・ロメオ

    昔よりアルファ・ロメオを愛車としており、アルフェスタでも有名。いくつかのアルファを描いた作品も存在する。実は実際の兵器への興味は薄く、実機よりもその模型に対して多大な情熱を注ぐ模型ファンでもある。なお、『マシーネンクリーガー』名義で初となる作品・設定集である『マシーネンクリーガー Vol.1 クロニクル&エンサイクロペディア』ではその推薦文執筆を当時のナイキ米国本社社長、マーク・パーカーが引き受けるなど、幅広い交友関係で知られる。横山宏 フレッシュアイペディアより)

321件中 81 - 90件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード