403件中 81 - 90件表示
  • Alfa Romeo

    Alfa Romeoから見たアルファロメオアルファロメオ

    Alfa Romeo フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・90

    アルファロメオ・90から見たアルファロメオアルファロメオ

    アルファロメオ・90は、イタリアの自動車メーカー・アルファロメオが1984年から1987年まで製造した中型乗用車。前身のアルフェッタが1972年の誕生から12年を経過し古さが隠せなくなっていたものの、当時のアルファロメオは経営危機の只中にあり、新型車開発資金が乏しかった。このためアルフェッタの機械部分はそのまま継承し、下位モデル75をデザインしたエルマンノ・クレッソーニのデザインによる新しい、しかしアルフェッタのそれと比較すると好みが分かれるデザインのボディ外板を与えて登場したのが90である。アルファロメオ・90 フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・SE048

    アルファロメオ・SE048から見たアルファロメオアルファロメオ

    アルファロメオ・SE048はアルファロメオが1992年シーズンのスポーツカー世界選手権用に製作したプロトタイプレーシングカーである。又、イタリア本国では「スポーツ・プロトティーポ」とも呼ばれる。アルファロメオ・SE048 フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・ジュニアZ

    アルファロメオ・ジュニアZから見たアルファロメオアルファロメオ

    ジュニアZはイタリアの自動車メーカー・アルファロメオが1969年から1975年まで生産した2座席スポーツカーである。Zはザガートの略。アルファロメオ・ジュニアZ フレッシュアイペディアより)

  • アルファロメオ・ティーポ33/2ストラダーレ

    アルファロメオ・ティーポ33/2ストラダーレから見たアルファロメオアルファロメオ

    アルファロメオ・ティーポ33/2ストラダーレはアルファロメオが1967年から1971年までに18台のみ製作した、レーシングカー・ティーポ33の公道バージョンである。アルファロメオ・ティーポ33/2ストラダーレ フレッシュアイペディアより)

  • オフィツィーネ・スタンパッジ・インドストリアリ

    オフィツィーネ・スタンパッジ・インドストリアリから見たアルファロメオアルファロメオ

    この短命な企業は、アルファロメオ、フィアット、フォードの車を基にしたカスタムビルト車を製造した。最初の製品の一つはギアに在籍中の若かりし頃のトム・ジャーダ (Tom Tjaarda) がデザインしたイノチェンティ・950 スパイダーであった。おそらくイタリア国外で最も知られたOSI製のモデルは、ドイツ・フォードのタウヌス20Mを基にしたフォード・20M TS クーペであろう。この車はフォルクスワーゲン・カルマンギア Typ 34 を基にしたタイプ3のデザイナーとして知られるセルジオ・サルトレッリ (Sergio Sartorelli) によりデザインされた。約2,200台のフォード・20Mベースのクーペが製造され、2010年の時点でこのうちの約200台が現存すると考えられる。オフィツィーネ・スタンパッジ・インドストリアリ フレッシュアイペディアより)

  • アレーゼ

    アレーゼから見たアルファロメオアルファロメオ

    自動車メーカー、アルファロメオのゆかりの地でアルファ・ロメオ歴史博物館(Museo Storico Alfa Romeo)がある。アレーゼ フレッシュアイペディアより)

  • SPICA (企業)

    SPICA (企業)から見たアルファロメオアルファロメオ

    1941年にアルファロメオがSPICAの経営権を握り、後に点火プラグ、ショックアブソーバー、オイルポンプやその他の部品を製造するようになった。SPICA (企業) フレッシュアイペディアより)

  • すずめのなみだ

    すずめのなみだから見たアルファロメオアルファロメオ

    ツモると愛車(アルファロメオ)が壊れる。最低でも14台は廃車になっている模様。すずめのなみだ フレッシュアイペディアより)

  • イノチェンティ・ミニ

    イノチェンティ・ミニから見たアルファ・ロメオアルファロメオ

    1980年にフェイスリフトを施され装備を充実した「ミニ ミッレ」(Mini Mille )が登場した。プラスチック成形バンパー、後傾したヘッドライトとデザインし直されたテールライトを備えた「ミッレ」(1000の意)は、ほとんどの市場で排気量の大きな120と取って代わった。全長は2インチ(約5 cm)延長されていた。1981年モデルで"90 LS II"、1982年モデルで"90 SL"も市場に導入された。しかし1982年にはデ・トマソとBLの間の取引は終了した。これはヨーロッパ大陸内の多くの市場で競合車となる相手にエンジンを供給することにBLが嫌気をさしていたといったような産業政策上の理由が背景にあり、イノチェンティ・ミニを完全に再設計する決断に迫られた。数多くのテストの後で最終的にこの車にはダイハツ工業製の直列3気筒エンジンとその他様々な機械部品が取り付けられることになった。数年前のアルファ・ロメオと日産自動車のアルナでの合弁事業により日本企業に対する政治的な抵抗は小さいものとなっており、デ・トマソは政治的に困難な状況に直面することはなかった。イノチェンティ・ミニ フレッシュアイペディアより)

403件中 81 - 90件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード