前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
129件中 1 - 10件表示
  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見たフィアット

    第二次世界大戦以前から自動車レース界の強豪でもある高性能車メーカーとして名声を得、戦後もランチアと並びイタリアを代表する上級車メーカーとして知られたが、経営難に陥った後の現在はイタリア最大手のフィアット傘下にあって、ブランドイメージのスポーツ性を前面に出した車の開発、生産を担っている。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見たダスティン・ホフマン

    「ジュリア」シリーズは、十分な新車開発投資ができないこともあり、排気量の増大によって排ガス規制も乗り切り長期にわたって生産された。特にダスティン・ホフマン主演の映画「卒業」にも登場した派生モデルの「スパイダー」(デュエット)はクーペの生産終了後、完全に時代遅れのシャシー性能と動力性能となりながらも、アメリカでの根強い人気に支えられ、マイナーチェンジを繰り返し、フィアットの血を入れた新しいスパイダーモデルが発表されるまで生き延びた。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見たエンツォ・フェラーリ

    1920年代から1930年代にかけ、アルファ・ロメオのレース部門のドライバーであったエンツォ・フェラーリは後に独立し、フェラーリ社を設立した。後年、彼は自分の名を冠した車でアルファ・ロメオ車に勝利したとき、「私は自分の母親を殺してしまった」という複雑な感慨を周囲に漏らしたという。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見たヴィットリオ・ヤーノ

    これに勢いを得た同社は念願のグランプリレースに挑戦するため、当時の最強チームのひとつ、フィアット・グランプリ・チームの技術者だったヴィットリオ・ヤーノをフィアット内部のゴタゴタに乗じて獲得する。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見たコスモ石油

    1983年までの日本への輸入者は伊藤忠オートであり、その後1986年まで日英自動車が引き継いだ。同年よりコスモ石油系の「株式会社アルファロメオジャパン」、1987年から1990年までは大沢商会が輸入・販売を行っていた1。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見たアルミニウム

    1966年、天才カルロ・キティ率いる「アウトデルタ」を事実上のワークスチーム化して「ジュリアGTA」で欧州ツーリングカーレース選手権を戦い始める。GTAは「アウト・デルタ」監修のもと、クーペボディをスチールからアルミ製に換装して200kgの軽量化を達成したレーシング・スペシャルモデルだったが、少数ながら市販された。これにワークスチューンを施した車は「GTAコルサ」と呼ばれ、サーキットを席巻した。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見た日産自動車

    1984年には日産自動車と提携し、合弁会社「A.R.N.A.(AlfaRomeo and Nissan Automobili)」を設立。共同開発車「アルナ」を生産した。この車は日産の大衆車「パルサー」の車体にスッド由来の水平対向エンジンを搭載したもので、シャシはもちろん、外観上もフロントにアルファ伝統の盾形グリルが付くほかはパルサーそのもので、イタリア国内ではそこそこ売れたものの、スタイリングは酷評された。日本国内でもこの提携に呼応して「パルサー・ミラノX1」というグレードが設定され、日産ディーラーにアルファ・ロメオのエンブレムが躍ったが、それはイメージ戦略以上の何物でもなく、マーケティング上は双方にもたらすものはほとんどなかった。このプロジェクト自体は結局失敗に終わったが、アルファ・ロメオは日本メーカーの持つ高度な生産システムと品質管理について多くを学んだ。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見たフォード・モーター

    経営不振のアルファ・ロメオは、1980年代前半までにイタリア国有の持株会社、フィンメッカニカが実質的な経営を行うようになり、1986年、フォード・モーターに競り勝ったフィアットに、アルファ・ロメオ所有の全ての持ち株とともに17.5億米ドルで売却された。フィアットはこの買収について、自社のスポーツカーラインアップの最高の補完になるとした。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見たマツダ

    2012年5月23日、親会社のフィアットがマツダと共に業務提携に向けて協議を行うことを発表した。協議内容はマツダ・ロードスター(MX-5)をベースにした、アルファ・ロメオの2シータースポーツカーの開発及び生産に関するもの。エンジンはそれぞれ独自のものを搭載するとし、2015年の生産開始を目指している。2013年1月18日に提携合意が発表され、前出の通り2015年からロードスターベースでアルファ・ロメオの2シータースポーツカーが生産されることになり、生産はマツダの本社工場で行われる。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ・ロメオ

    アルファ・ロメオから見たタツィオ・ヌヴォラーリ

    1935年、ナチス・ドイツの威信をかけて開催されたドイツGPで、アルファ・ロメオのセミ・ワークス・チームスクーデリア・フェラーリからエントリーしたタツィオ・ヌヴォラーリが旧式のアルファ・ロメオ「P3」を駆り、並み居るドイツ勢を振り切って優勝。モータースポーツを国威発揚に利用しようとしたヒトラーを歯噛みさせた。当時のメルセデス・ベンツやアウトウニオン(現アウディ)らドイツ勢は、ヒトラー=ナチスから政治的意図による潤沢な資金を得、高い開発力と技術力に裏付けられたモンスターマシンを繰り出してレース界を席巻していた。そのボディシェルは航空機並みの高品質アルミニウムで作られ、銀色に輝くマシンはシルバーアローと呼ばれて恐れられた。アルファ・ロメオ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
129件中 1 - 10件表示

「アルファロメオ」のニューストピックワード