112件中 91 - 100件表示
  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たロケーション・ハンティング

    この作品のために、スタッフはテレビアニメ史上初といわれる海外現地調査(ロケーション・ハンティング)を約3週間行った。調査には、高畑勲、宮崎駿、小田部羊一らが参加しており、その成果はリアリティの高い作品作りに生かされた。日本のアニメとしては欧州各国で広く放送された草分け的存在で、アラブ諸国やアフリカ・アジアも含め、英語圏を除く世界中の国々でも放送された。それらの背景もあってか、日本国外の視聴者はこれが日本で製作された作品とは思わなかったという。なお、美術担当の井岡雅宏はこの調査には参加しておらず、製作には相当苦労したという。この作品が好評を博したことで、以後の世界名作劇場では制作前の海外現地調査が踏襲されることになる。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たヨーデル

    作詞:岸田衿子 作曲:渡辺岳夫 編曲:松山祐士 歌:伊集加代子&ネリー・シュワルツ(ヨーデルアルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たおば

    幼い頃に両親を亡くし、5歳になるまで母方の叔母のデーテに育てられたハイジは、デーテの仕事の都合で、アルムの山小屋にひとりで住んでいる、父方の実の祖父であるおじいさん(アルムおんじ)に預けられることになる。ヤギ飼いの少年ペーター、ペーターのおばあさん等の人々。子ヤギのユキちゃん、おじいさんが飼っている犬のヨーゼフやヤギのシロ・クマ、樅の木を初めとした、大自然に生きる動植物達。厳しくも優しく、懐の深さを感じさせるアルプスの大自然。何より、共に暮らすおじいさんを通じ、ハイジは様々な事を知り、学び、健やかに育っていく。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見た牧師

    普段は山小屋附近で牧草を刈り、ヤギの乳でチーズを作り、商売用の木工細工の原料となる樫などを山から伐採して、食器を始め、あらゆる生活用品に加工している。そしてそれらを背負子に詰め、数日に1回の割でデルフリ村まで向かい、食料品や生活に必要な品物を購入・物々交換をするだけの日々であった。ハイジがフランクフルトから戻るまでは、ハイジが村人と付き合うことを制限していた。ある程度の信頼を置いていたヤギ飼いのペーターの家でさえ、最初はハイジを行かせるかどうか少し考えたようである。8歳になったハイジを冬のあいだ学校へ通わせるようかつて隣人であった牧師に説得されても、頑なに拒否した。しかし、フランクフルトから帰って来たハイジがグリム童話を読むのを見て、ハイジが学校に通えるよう冬の間は村で過ごす決意をする。村はずれの廃墟となっていた古い教会を改築して住居とし、徐々に村人との接触を持つようになった。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たキャラクターデザイン

    TCJ動画センター版「アルプスの少女ハイジ」もパイロット版フィルムとしては存在する。なお、このパイロット版フィルムのキャラクターデザインは、当時新人だった芦田豊雄が担当している。そしてハイジのヘアスタイルが長い三つ編みであるなどの相違点が存在する。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たセント・バーナード

    アルムおんじの飼っている犬で、日本のアニメのみ登場する。いつも昼寝ばかりして無愛想・マイペースを装っているが、ペーターの替わりにヤギの番をしたり、崖から転落したハイジを自らの体をクッションにして受け止めるなど、いざというときにはとても頼りになる。犬種はセント・バーナード。好物はカタツムリ。ハイジが興味を示す物に関心を持つのか、雪割草を掘り出してみたり、樅の木に降る雪がどんな音なのか耳を澄ませてみる仕草をする。又、ハイジ曰く、時々意味不明な事をするらしく、意味なく山小屋前の地面に穴を掘り続けたかと思いきや、穴を埋め戻す事なく澄ましていたりする。ハイジがアルムにやってきて直ぐに「アルムで一緒に住むのは、おじいさんと2人だけではない」と確信する象徴的なシーンにより、ハイジはヨーゼフに信頼をおくようになる。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たハープ

    曲の始めに流れるホルンとハープの音色に続き、ヨーデルのコーラスに導かれて始まる。ハイジが大きなブランコで雄大なアルプスの山々を背景に漕いでいるシーンが出てくる。歌詞の中では、ハイジの日常生活での「なぜ、どうして」といった好奇心を、アルムの山で共に暮らすおじいさんに問いかける形で歌となっている。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たFNS歌謡祭

    主題歌のシングルは日本で120万枚を売り上げたほか、ヨーロッパ各国でもミリオンセラーになった。伊集加代子はこの曲で1974年の第2回FNS歌謡祭の特別賞を受賞した。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たおばあさん

    ペーターの祖母。眼が見えない。おんじがアルムへやってきた頃の、優しいアルムおんじを知っている数少ない人物の一人である。ハイジをとても気に入っており、ハイジを一番の心の支えにしている。初めてハイジがおばあさんのもとへ遊びに行った時、おばあさんの「眼がみえないんだよ」との言葉の意味がハイジには分からず、どうしようもないと知ると大声をあげておばあさんにすがって泣いた。そんなハイジに対して、初対面にも関わらずおばあさんは「お前は何て優しい子なんだろう」と、ハイジを大好きになった。ハイジが遊びに来るのも楽しみだが、ハイジが語る山での生活あれこれ話を聞いたり、ペーターと鬼ごっこをして遊んでいる声が外から聞こえてくる事などに対して、ブリギッテと共に喜ぶ。反面、クララがアルプスにやってきたときは「ハイジを連れ戻しに来たんじゃないだろうねぇ」と悲しむなど、物事を悲観的に考えてしまう傾向がある。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見た瞳孔

    冬場やフランクフルト滞在時を除き、裸足で過ごしている。1歳で両親と死別。5歳の時、ハイジを養育していた母方の叔母デーテの就職のため、アルムの山小屋にいる父方のおじいさんに預けられる。ペーターの母・ブリギッテの説明によると、ハイジの容姿は「お母さんのアーデルハイドみたいで綺麗だけど、が黒くて、髪が縮れているところなんか、お父さんのトビアスやアルムおんじにそっくり」と言う。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

112件中 91 - 100件表示

「アルプスの少女ハイジ」のニューストピックワード

  • アスキーストア’s セレクション

  • eRemote mini(イーリモートミニ)

  • RACTIVE Air(ラクティブ エア) EC−A1R

おすすめ画像

おすすめ動画