112件中 81 - 90件表示
  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見た執事

    ゼーゼマン家の執事(原作では家政婦長)。杓子定規で頭が固く、融通がきかないため、形式に沿わぬ事や大騒ぎなどが大嫌い。このため自由奔放なハイジに対しては厳しく接しており、ハイジを本名(アーデルハイド)で呼ぶ。また、大の動物嫌いで、屋敷を抜け出したハイジが拾ってきた子猫に飛び掛かられて気絶するほど。気さくなおばあさまとは気が合わず、他の使用人たちからの人望もいまひとつ。アルムを訪ねた時は、ヤギ達やヨーゼフを「けだもの」呼ばわりし、引っ掻き回されハラハラの連続だった。アーデルハイド(ハイジ)の事を、召し使いたちにお嬢様と呼ばせていた理由は、単にクララお嬢様の遊び相手だからではなく、ハイジの地位がロッテンマイヤーと同じ程度の地位であったことからである。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たオーク

    普段は山小屋附近で牧草を刈り、ヤギの乳でチーズを作り、商売用の木工細工の原料となるなどを山から伐採して、食器を始め、あらゆる生活用品に加工している。そしてそれらを背負子に詰め、数日に1回の割でデルフリ村まで向かい、食料品や生活に必要な品物を購入・物々交換をするだけの日々であった。ハイジがフランクフルトから戻るまでは、ハイジが村人と付き合うことを制限していた。ある程度の信頼を置いていたヤギ飼いのペーターの家でさえ、最初はハイジを行かせるかどうか少し考えたようである。8歳になったハイジを冬のあいだ学校へ通わせるようかつて隣人であった牧師に説得されても、頑なに拒否した。しかし、フランクフルトから帰って来たハイジがグリム童話を読むのを見て、ハイジが学校に通えるよう冬の間は村で過ごす決意をする。村はずれの廃墟となっていた古い教会を改築して住居とし、徐々に村人との接触を持つようになった。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たキリスト教徒

    原作ではハイジもその影響で熱心なキリスト教徒になり、おんじに「神の元」に回帰することを勧める。おんじも遂に神に対して涙を流して過去を悔い改め、村人と和解する。おんじの多くの不幸は神と対立したことが原因と結論付けられている。アニメでは「ハイジの存在」こそがおんじの変化の最大の理由として描写される。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見た文部省

    ハイジの声を担当した杉山佳寿子の後日談によると、放映開始後しばらくは決して高い視聴率ではなかったが、文部省(当時)から推薦を受けるなどの高い評価により、1年間の放映続行が決定され、しだいに高視聴率を得る番組になったという。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見た山小屋

    幼い頃に両親を亡くし、5歳になるまで母方の叔母のデーテに育てられたハイジは、デーテの仕事の都合で、アルムの山小屋にひとりで住んでいる、父方の実の祖父であるおじいさん(アルムおんじ)に預けられることになる。ヤギ飼いの少年ペーター、ペーターのおばあさん等の人々。子ヤギのユキちゃん、おじいさんが飼っている犬のヨーゼフやヤギのシロ・クマ、樅の木を初めとした、大自然に生きる動植物達。厳しくも優しく、懐の深さを感じさせるアルプスの大自然。何より、共に暮らすおじいさんを通じ、ハイジは様々な事を知り、学び、健やかに育っていく。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たペリーヌ物語

    大杉久美子はこの歌以降、5作連続(ペリーヌ物語まで)主題歌を歌うことになる。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たThe World of GOLDEN EGGS

    2009年5月から放映されている日産・ノートのテレビCMでは『The World of GOLDEN EGGS』の作風でリメイクされたハイジが登場。『低燃費少女ハイジ』という題名がつけられている。アルムおんじ、ペーター、クララ、セバスチャン等も登場している。声優は、ハイジ、ロッテンマイヤー、チネッテが友近、他の全ての声が河本準一。本人役も登場している。なお、日産公式サイトのキャラクター紹介には本家とゴールデンエッグス仕様の両方のデザインが掲載されている。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見た裸足

    冬場やフランクフルト滞在時を除き、裸足で過ごしている。1歳で両親と死別。5歳の時、ハイジを養育していた母方の叔母デーテの就職のため、アルムの山小屋にいる父方のおじいさんに預けられる。ペーターの母・ブリギッテの説明によると、ハイジの容姿は「お母さんのアーデルハイドみたいで綺麗だけど、目が黒くて、髪が縮れているところなんか、お父さんのトビアスやアルムおんじにそっくり」と言う。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見た声優

    ハイジ(Heidi): - 杉山佳寿子アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • アルプスの少女ハイジ (アニメ)

    アルプスの少女ハイジ (アニメ)から見たチーズ

    普段は山小屋附近で牧草を刈り、ヤギの乳でチーズを作り、商売用の木工細工の原料となる樫などを山から伐採して、食器を始め、あらゆる生活用品に加工している。そしてそれらを背負子に詰め、数日に1回の割でデルフリ村まで向かい、食料品や生活に必要な品物を購入・物々交換をするだけの日々であった。ハイジがフランクフルトから戻るまでは、ハイジが村人と付き合うことを制限していた。ある程度の信頼を置いていたヤギ飼いのペーターの家でさえ、最初はハイジを行かせるかどうか少し考えたようである。8歳になったハイジを冬のあいだ学校へ通わせるようかつて隣人であった牧師に説得されても、頑なに拒否した。しかし、フランクフルトから帰って来たハイジがグリム童話を読むのを見て、ハイジが学校に通えるよう冬の間は村で過ごす決意をする。村はずれの廃墟となっていた古い教会を改築して住居とし、徐々に村人との接触を持つようになった。アルプスの少女ハイジ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

112件中 81 - 90件表示

「アルプスの少女ハイジ」のニューストピックワード

  • アスキーストア’s セレクション

  • eRemote mini(イーリモートミニ)

  • RACTIVE Air(ラクティブ エア) EC−A1R

おすすめ画像

おすすめ動画