前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
225件中 1 - 10件表示
  • 不都合な真実

    不都合な真実から見たアル・ゴアアル・ゴア

    『不都合な真実』(ふつごうなしんじつ、原題: An Inconvenient Truth)は、2006年のアメリカ映画である。アル・ゴア元アメリカ合衆国副大統領が主演している。不都合な真実 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ストックデール

    ジェームズ・ストックデールから見たアル・ゴアアル・ゴア

    1992年アメリカ合衆国大統領選挙でロス・ペロー陣営の副大統領候補に選ばれた。10月13日ジョージア州アトランタでの公開討論でアル・ゴアおよびダン・クエールと討論するが、1週間前まで参加を知らされていなかったストックデールはうまくアピールすることができなかった。本選挙では、ペロー陣営は一般投票での得票は18.87%に止まり、大統領選挙人は一人も獲得できなかった。ジェームズ・ストックデール フレッシュアイペディアより)

  • スーパー・チューズデー

    スーパー・チューズデーから見たアル・ゴアアル・ゴア

    南部の民主党員は、南部の利益をより着実に反映する穏健な候補を指名するための方策の一つとして広域予備選挙という発想にたどり着いた。結果としては、ジェシー・ジャクソン師と、テネシー州選出上院議員のアル・ゴアが南部の予備選を分け合い、マサチューセッツ州知事のマイケル・デュカキス候補が後に候補者としての指名を受けたことで、所期の目的は果たされなかった。スーパー・チューズデー フレッシュアイペディアより)

  • ティモシー・エンディコット・ワース

    ティモシー・エンディコット・ワースから見たアル・ゴアアル・ゴア

    ティモシー・エンディコット・ワース(Timothy Endicott Wirth, 1939年9月22日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。民主党に所属し、連邦下院議員(1975年-1987年)、連邦上院議員(1987年-1993年)、国務次官(1994年-1997年)を歴任。国務省ではアル・ゴア副大統領とともに地球環境問題や人口問題に取り組み、地球温暖化に関する政府見解を支持した。また京都議定書に対しての賛同を示し、「温室効果ガスの排出量に法的拘束力を持たせる」というアメリカの声明を発表した。ティモシー・エンディコット・ワース フレッシュアイペディアより)

  • セカンドレディ

    セカンドレディから見たアル・ゴアアル・ゴア

    ティッパー・ゴア(第45代副大統領アル・ゴア夫人)は暴力的あるいは性的に露骨な歌詞が含まれる音楽を批判してその規制を目指した「PMRC」の共同設立者の一人であり、すでに青少年を取り巻く社会環境に警告を発する本を出版してこれがベストセラーになっていたため、ゴアが1988年アメリカ合衆国大統領選挙に出馬した時点では夫より知名度が高いと言われていたほどであった。セカンドレディ フレッシュアイペディアより)

  • ウェストモアランド郡 (ペンシルベニア州)

    ウェストモアランド郡 (ペンシルベニア州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    郡レベルの政治では昔から民主党が優勢であるが、国政や州のレベルでは共和党を支持する傾向にある。2000年アメリカ合衆国大統領選挙では、共和党のジョージ・W・ブッシュが郡総投票数の52%を獲得し、対する民主党のアル・ゴアは46%だった。2004年では、ブッシュが56%、民主党のジョン・ケリーは43%だった。2008年では、共和党のジョン・マケインが58%、民主党のバラク・オバマが41%だった。2002年と2006年に行われた州知事選挙では、民主党員で当選したエド・レンデルがウェストモアランド郡では勝てなかった。2008年のペンシルベニア州下院第57選挙区では、引退した民主党員の後釜に共和党員が当選した。2010年の選挙では、アメリカ合衆国上院議員と州知事に共和党員が当選したが、どちらもウェストモアランドを制した。またペンシルベニア州下院でも共和党が2議席を増やした。2011年、共和党は郡役人全てを独占した。ウェストモアランド郡 (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・リーバーマン

    ジョー・リーバーマンから見たアル・ゴアアル・ゴア

    2000年アメリカ合衆国大統領選挙においてアル・ゴアの伴走者として民主党の副大統領候補に指名され、ユダヤ教徒として初の2大政党の正副大統領候補者となる。選挙では大接戦の末敗北。リーバーマンは同年に上院議員の改選を迎えていたが、コネティカットでは公職の重複立候補が可能の為、その職にとどまることができた。ジョー・リーバーマン フレッシュアイペディアより)

  • 2000年アメリカ合衆国大統領選挙

    2000年アメリカ合衆国大統領選挙から見たアル・ゴアアル・ゴア

    2000年アメリカ合衆国大統領選挙(にせんねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、)は、2000年11月7日に行われたアメリカ合衆国大統領選挙。民主党のビル・クリントン大統領の2期の任期満了後のアメリカ合衆国大統領を選ぶ選挙となり、共和党のジョージ・W・ブッシュが、民主党の現職副大統領アル・ゴアを破って当選した。2000年アメリカ合衆国大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バラク・オバマ大統領就任式

    2009年バラク・オバマ大統領就任式から見たアル・ゴアアル・ゴア

    グリーン就任祝賀ダンスパーティー:1月19日、元アメリカ合衆国副大統領アル・ゴアの主催、国立肖像画美術館にて。2009年バラク・オバマ大統領就任式 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国共和党の歴史

    アメリカ合衆国共和党の歴史から見たアル・ゴアアル・ゴア

    とはいえ、南部が一夜にして共和党の地盤となったわけではなく、その変化は数十年の時をかけて、連邦、州、地域と徐々に進行していった。はじめに、大統領選挙において、南部の州で共和党が勝利するようになった。民主党は対抗戦略の一つとして、南部の州の獲得が幾らかは見込める南部出身者を候補に擁立して成功したこともあったが(1976年のジミー・カーターや1992年と1996年のビル・クリントン)、2000年のアル・ゴアのケースではこの戦略もうまくいかなかった。次いで、連邦議員選挙において、南部の州から共和党の議員が選出されるようになり、最後に知事職や州議会も共和党が優位となっていった。民主党が最後まで守っていたのはジョージア州であったが、遂に2002年、共和党のソニー・パーデューが知事に当選した。共和党は選挙区の区割り再編を推進し、アフリカ系アメリカ人やヒスパニックの票については(公民権法で定められた通り)権利を確保しつつも、民主党支持の白人層を分断し、ほとんどの区で共和党が勝てるような線引きを実施した。2006年、連邦最高裁判所は、2004年のテキサス州における連邦議会議員選挙に際し、トム・ディレイの主導した区割り再編は、ほぼ全て共和党に有利になるよう図ったゲリマンダー(不当改変)であると認めた。アメリカ合衆国共和党の歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
225件中 1 - 10件表示

「アル・ゴア」のニューストピックワード