225件中 91 - 100件表示
  • ピスカタキス郡 (メイン州)

    ピスカタキス郡 (メイン州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    2000年では、ブッシュが11.9%差で郡を制したが、州全体では民主党候補のアル・ゴアが5.1%差で制した。ピスカタキス郡 (メイン州) フレッシュアイペディアより)

  • クラーク郡 (ワシントン州)

    クラーク郡 (ワシントン州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    クラーク郡はアメリカ合衆国大統領選挙で勝敗の鍵を握る郡である。2008年の選挙では民主党のバラク・オバマが95,356票(51.85%)を獲得してクラーク郡を制し、共和党のジョン・マケインは84,242票(45.79%)、独立系のラルフ・ネーダーは1,791票(0.97%)だった。しかし、2000年と2004年の2度の選挙では、共和党のジョージ・W・ブッシュが勝利を獲得してそれぞれジョン・ケリー(52%対47%)とアル・ゴア(49%対46%)を破った。ロナルド・レーガンを2度、ビル・クリントンを2度勝利させたように、常に当選する側に多数票を投じてきた。当選できなかった候補者がクラーク郡を制した例としては、1968年の選挙でリチャード・ニクソンに敗れたヒューバート・ハンフリー、1988年の選挙でジョージ・H・W・ブッシュに敗れたマイケル・デュカキスだった。クラーク郡 (ワシントン州) フレッシュアイペディアより)

  • クララム郡 (ワシントン州)

    クララム郡 (ワシントン州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    クララム郡は概して政治的に拮抗する地域と見なされている。2008年アメリカ合衆国大統領選挙では民主党候補のバラク・オバマが投票総数の50.5%と辛うじて過半数を確保し、共和党候補ジョン・マケインの47.2%を抑えた。しかし2004年の選挙では共和党のジョージ・W・ブッシュがジョン・ケリーを51.3%対46.3%で抑え、さらにその前の2000年選挙ではアル・ゴアを50.4%対42.7%で破った。ただし、2000年の場合ワシントン州全体ではアル・ゴアが勝利した。クララム郡は1980年以降当選した大統領候補を選んでおり、選挙の行方を占う郡となっている。クララム郡 (ワシントン州) フレッシュアイペディアより)

  • ブレイン郡 (アイダホ州)

    ブレイン郡 (アイダホ州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    ブレイン郡は強い共和党地盤の中の民主党飛び地という評判がある。1992年以降全てのアメリカ合衆国大統領選挙で民主党候補がブレイン郡を制してきた。1992年の場合、落選したジョージ・H・W・ブッシュがビル・クリントンとロス・ペローに次ぐ第3位の票しか取れなかった。2000年ではアル・ゴア、2004年ではジョン・ケリーが制したアイダホ州唯一の郡となった。2008年ではバラク・オバマがジョン・マケインに33.2%の大差をつけたのに対し、アイダホ州全体ではマケインがオバマに25.3%差をつけて制した。ブレイン郡はアイダホ州内でも民主党が最も良い結果を残した郡だった。2006年に行われた同性結婚を違法とするアイダホ州憲法修正案の住民投票では、ブレイン郡は66.3%が否決した。この修正案は州全体では63.4%の賛成で可決された。アイダホ大学があるモスコーを含むレイタ郡がやはりこの修正案を否決し、否決した郡はこの2郡に過ぎなかった。ブレイン郡 (アイダホ州) フレッシュアイペディアより)

  • ガーフィールド郡 (モンタナ州)

    ガーフィールド郡 (モンタナ州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    この郡で民主党の大統領候補が制したのは1940年のフランクリン・ルーズベルトが最後になっている。最近5回の大統領選挙でも、民主党候補は16%以上の得票ができなかった。2000年の大統領選挙ではジョージ・W・ブッシュが87%を獲得したのに対し、民主党のアル・ゴアは8%しか取れなかった。2004年の選挙では、ジョージ・W・ブッシュに90.08%、ジョン・ケリーに7.94%だった。さらに2008年の場合でも、ジョン・マケイン上院議員が82.3%を獲得し、バラク・オバマ上院議員は15.1%に留まった。ガーフィールド郡 (モンタナ州) フレッシュアイペディアより)

  • ストッダード郡 (ミズーリ州)

    ストッダード郡 (ミズーリ州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    大統領選挙のレベルでは共和党を支持する傾向にある。2008年の選挙では、ジョン・マケインが2対1以上の票差でバラク・オバマを破った。ジョージ・W・ブッシュが2000年のアメリカ合衆国大統領選挙ではアル・ゴアを、2004年ではジョン・ケリーを共に破り、70%を切るくらいの得票率だった。1992年はビル・クリントンが制したが、再選を求めた1996年には僅差でボブ・ドールに敗れた。ストッダード郡 (ミズーリ州) フレッシュアイペディアより)

  • ナッソー郡 (ニューヨーク州)

    ナッソー郡 (ニューヨーク州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    近隣のサフォーク郡と同じように、ナッソー郡でも1990年代まで総選挙では主として共和党を支持していた。しかし、ここ十年間は、民主党へと変わりつつある。1992年と1996年の大統領選挙では、民主党のビル・クリントンが支持されていた。その後、ナッソー郡の投票者は、2000年のアル・ゴア(19.4%)を大きく差をつけて支持したが、2004年のジョン・ケリー(5.6%)の支持率は下がった。ケリーは、ヘムステッド、ノースヘムステッドで勝利を得たが、オイスター・ベイでは支持されなかった。ナッソー郡 (ニューヨーク州) フレッシュアイペディアより)

  • ホアキン・バラゲール

    ホアキン・バラゲールから見たアル・ゴアアル・ゴア

    アル・ゴアの書『不都合な真実』では、ドミニカ‐ハイチ国境でドミニカ側にのみ森林が残っている写真を掲載しており、バラゲールの名は出ていないもののドミニカの森林保護の成功を示している。ホアキン・バラゲール フレッシュアイペディアより)

  • プエブロ (コロラド州)

    プエブロ (コロラド州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    その他プエブロを訪れた国の指導者としては、ジョン・F・ケネディ大統領、ビル・クリントン大統領、ジョン・ケリー上院議員およびアル・ゴア副大統領がいた。プエブロ (コロラド州) フレッシュアイペディアより)

  • ウェストフェリシアナ郡 (ルイジアナ州)

    ウェストフェリシアナ郡 (ルイジアナ州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    南北戦争が始まる以前から、ウェストフェリシアナ郡は民主党を支持していた。1972年の大統領選挙では、民主党のジョージ・マクガヴァンとサージェント・シュライバーの組み合わせを支持したことでは州内唯一の郡となった。2000年以降は大統領選挙で共和党候補を支持している。この年、ジョージ・W・ブッシュとディック・チェイニーの組み合わせが総投票数の55%、2,512票を獲得し、対する民主党のアル・ゴアとコネチカット州のジョー・リーバーマンの組み合わせは45%、2,187票だった。2004年では、ブッシュとチェイニーが総投票数の56%、2,932票を獲得し、対する民主党のジョン・ケリーとジョン・エドワーズは42%、2,214票だった。2008年もジョン・マケインが民主党のバラク・オバマを破った。ウェストフェリシアナ郡 (ルイジアナ州) フレッシュアイペディアより)

225件中 91 - 100件表示

「アル・ゴア」のニューストピックワード