174件中 91 - 100件表示
  • マイケル・ムーア

    マイケル・ムーアから見たアル・ゴアアル・ゴア

    2000年アメリカ合衆国大統領選挙では、アメリカ緑の党のラルフ・ネーダー候補を支援。しかし、共和党・ブッシュと、民主党・ゴアの接戦が伝えられると、反共和党の立場から「絶対にブッシュを当選させてはならない」と、接戦州ではゴアに得票を集中させるよう訴えた。結果はブッシュの勝利に終わったが、民主党支持者の多いアフリカ系アメリカ人などの社会的少数者を投票から閉め出したり、無効の可能性の高い海外不在者投票(主に軍人で共和党支持者が多い)が有効扱いされるなど数々の不正があったと、ムーアは主張した。マイケル・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • イーグル (漫画)

    イーグル (漫画)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    モデルはビル・クリントン政権下で副大統領を務めたアル・ゴアイーグル (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • アン・カリー

    アン・カリーから見たアル・ゴアアル・ゴア

    主な国際時事の報道に携わり、バグダード、スリランカ、コンゴ民主共和国、ルワンダ、アルバニア、ダルフールなどからリポートを行なった。2007年7月7日にはNBCのゴールデン・タイムの放送でコンサート『ライブ・アース』のハイライトを放送した。また、ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ、アル・ゴア前副大統領などに特別にインタビューすることができた。2001年11月、アフガニスタン紛争の最中に航空母艦セオドア・ルーズベルトからリポートをし、将官トミー・フランクスに独占インタビューを行なった。2003年初頭にバグダードから、イラク戦争勃発後に航空母艦コンステレーションからリポートを行なった。2004年終盤、スマトラ島沖地震の現場からいち早くリポートを行なった最初のアンカーとも言われている。アン・カリー フレッシュアイペディアより)

  • ウィノナ・ラデューク

    ウィノナ・ラデュークから見たアル・ゴアアル・ゴア

    この1996年と2000年に、副大統領選挙に立候補した。1996年11月5日の総選挙では、ラルフとウィノナは一般投票の0.6%を獲得した。この選挙で、環境保護団体「シエラクラブ」はビル・クリントンとアル・ゴアを支持し、「緑の党」を軽んじた。ら多数の反主流派は、「シエラクラブはラルフとウィノナを支持しているはずだ」と表明したが、ウィノナは「絶滅の危機に瀕する種の保存に関する法律」を弱体化したクリントンを「環境問題の日和見主義者」としていて、この際のシエラクラブの姿勢を批判している。ウィノナ・ラデューク フレッシュアイペディアより)

  • インターネットの歴史

    インターネットの歴史から見たアル・ゴアアル・ゴア

    World Wide Web の潜在的可能性のターニングポイントとなったのは、1993年のMosaicウェブブラウザの登場であった。Mosaicはイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の米国立スーパーコンピュータ応用研究所 (NCSA-UIUC) でマーク・アンドリーセンの率いるチームが開発したグラフィカルなブラウザである。Mosaicの開発資金は、1991年高性能計算・通信法 (en) 、別名「ゴア法案」に基づく「高性能計算・通信イニシアティブ」から出されていた。実際、間もなくMosaicのグラフィカルなインタフェースは当時基本的にテキストベースだったGopherより人気となり、WWWがインターネットにアクセスする際の最も好まれるインタフェースとなった。アル・ゴアは「私がインターネットを作った」と自分の役割を強調したが、2000年アメリカ合衆国大統領選挙でのネガティブキャンペーンの材料にされた(詳しくは :en:Al Gore and information technology を参照)。インターネットの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年アメリカ合衆国大統領選挙

    2008年アメリカ合衆国大統領選挙から見たアルバート・ゴアアル・ゴア

    現職大統領が2期8年の任期を満了した場合には、副大統領を務めていた者が後継候補として立候補する例が続いている。アイゼンハウアー大統領→ニクソン副大統領、レーガン大統領→ブッシュ(父)副大統領、クリントン大統領→ゴア副大統領の各候補である。2008年アメリカ合衆国大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年アメリカ合衆国大統領選挙

    2008年アメリカ合衆国大統領選挙から見たアル・ゴアアル・ゴア

    アル・ゴア 前副大統領 テネシー州出身。元テネシー州選出下院議員(1977年から85年)、同上院議員(1985年から93年)、93年から2001年まで副大統領。2000年アメリカ合衆国大統領選挙民主党大統領候補。2007年2月時点まですぐの立候補の意思は否定している。トム・ディレイ前下院院内総務のスキャンダル、イラク問題、社会保障などで共和党を非難する長い演説を行う。2007年のアカデミー賞の授賞式でも注目された。世論調査ではヒラリー、オバマに続く支持を受けている。2008年アメリカ合衆国大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 1976-1977シーズンのNBA

    1976-1977シーズンのNBAから見たアル・ゴアアル・ゴア

    ビル・ブラッドリー (1967-77) ニューヨーク・ニックスで2度の優勝を経験。引退後は政界に転じ、1978年にはニュージャージー州選出の上院議員選挙に当選。2000年にはアル・ゴアの対立候補として民主党大統領予備選を戦った。1976-1977シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • クラーク郡 (ワシントン州)

    クラーク郡 (ワシントン州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    クラーク郡はアメリカ合衆国大統領選挙で勝敗の鍵を握る郡である。2008年の選挙では民主党のバラク・オバマが95,356票(51.85%)を獲得してクラーク郡を制し、共和党のジョン・マケインは84,242票(45.79%)、独立系のラルフ・ネーダーは1,791票(0.97%)だった。しかし、2000年と2004年の2度の選挙では、共和党のジョージ・W・ブッシュが勝利を獲得してそれぞれジョン・ケリー(52%対47%)とアル・ゴア(49%対46%)を破った。ロナルド・レーガンを2度、ビル・クリントンを2度勝利させたように、常に当選する側に多数票を投じてきた。当選できなかった候補者がクラーク郡を制した例としては、1968年の選挙でリチャード・ニクソンに敗れたヒューバート・ハンフリー、1988年の選挙でジョージ・H・W・ブッシュに敗れたマイケル・デュカキスだった。クラーク郡 (ワシントン州) フレッシュアイペディアより)

  • クララム郡 (ワシントン州)

    クララム郡 (ワシントン州)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    クララム郡は概して政治的に拮抗する地域と見なされている。2008年アメリカ合衆国大統領選挙では民主党候補のバラク・オバマが投票総数の50.5%と辛うじて過半数を確保し、共和党候補ジョン・マケインの47.2%を抑えた。しかし2004年の選挙では共和党のジョージ・W・ブッシュがジョン・ケリーを51.3%対46.3%で抑え、さらにその前の2000年選挙ではアル・ゴアを50.4%対42.7%で破った。ただし、2000年の場合ワシントン州全体ではアル・ゴアが勝利した。クララム郡は1980年以降当選した大統領候補を選んでおり、選挙の行方を占う郡となっている。クララム郡 (ワシントン州) フレッシュアイペディアより)

174件中 91 - 100件表示

「アル・ゴア」のニューストピックワード

  • 地球が壊れる前に(原題:Before The Flood)