225件中 31 - 40件表示
  • キャンベル・ライブ

    キャンベル・ライブから見たアル・ゴアアル・ゴア

    2005年3月21日初回放送。第1回のテーマはアジア系移民に発給される偽造運転免許証についてだった。また、これまでアル・ゴアやトニー・ブレアなどの要人にもインタビューを行ったことがある。キャンベル・ライブ フレッシュアイペディアより)

  • ミーツ・ザ・マザーズ・オブ・プリヴェンション

    ミーツ・ザ・マザーズ・オブ・プリヴェンションから見たアル・ゴアアル・ゴア

    アル・ゴア、ティッパー・ゴア、ジョン・ダンフォース、アーネスト・ホリングス、ポール・S・トライブル・ジュニア、ポーラ・ホーキンス、J・ジェームズ・エクストン - ボイス(on "Porn Wars")ミーツ・ザ・マザーズ・オブ・プリヴェンション フレッシュアイペディアより)

  • イレーナ・センドラー

    イレーナ・センドラーから見たアル・ゴアアル・ゴア

    センドラーは2007年ノーベル平和賞の候補者となったが、賞は元アメリカ副大統領で「気候変動に関する政府間パネル」主宰者のアル・ゴアに贈られた。イレーナ・センドラー フレッシュアイペディアより)

  • ラヴレス・カフェ

    ラヴレス・カフェから見たアル・ゴアアル・ゴア

    多くの著名人がラヴレス・カフェを訪れており、サイン入りの写真が入り口に飾ってある。NBC『トゥデイ』のウィラード・スコットは「世界一のビスケット」と語り、マーサ・スチュワートは「これまでの人生で最高の朝食」と語った。『カントリー・アメリカ』誌には「アル・ゴア、アン王女、その他、皆が名を知るカントリーのスターたちがラヴレス・カフェの赤白チェックのクロスが掛けてあるテーブルに椅子を引き寄せている」と記されている。ラヴレス・カフェ フレッシュアイペディアより)

  • クロノノーツ

    クロノノーツから見たアル・ゴアアル・ゴア

    The Gore Years - 2000?2008年の歴史追加セット。タイムライン:5枚、パッチ:3枚、IDカード:3枚。(2009年10月23日発売)クロノノーツ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大気研究センター

    アメリカ大気研究センターから見たアル・ゴアアル・ゴア

    NCARに所属する科学者らは「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC) に参加している。NCARの多数の研究者や技術スタッフがIPCCの気候変動アセスメントに時間と専門知識を投入した。その作業は1990年から始まり、2007年にはアル・ゴアとIPCCがノーベル平和賞を受賞することになった。アメリカ大気研究センター フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン・フィルム・スクール

    ロンドン・フィルム・スクールから見たアル・ゴアアル・ゴア

    マスタークラスプログラムでは、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ、ハニフ・クレイシ、フランク・ロッダム、ディック・ポープ、スティーヴン・フリアーズなど著名な映画人が講師として教鞭を取っている。またアル・ゴア元米副大統領もロンドン・フィルム・スクールで自身が設立した米テレビ局カレントTVについての講義をおこなったことがある。ロンドン・フィルム・スクール フレッシュアイペディアより)

  • ブーンドックス (漫画)

    ブーンドックス (漫画)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    ヒューイの近所に住んでいる弁護士夫婦。夫であるトムはアフリカ系であり、妻であるサラはヨーロッパ系である。トムはしばしばヒューイと現在の政治について話し、時々議論に発展することもある。ヒューイはそんなトムを順応主義者のヤッピーだとさげすみ、本当は黒人じゃないんじゃないかと皮肉を言うこともある。アル・ゴアではなくラルフ・ネーダーに投票したサラを政治的なスノッピーだと呼んだがためにトムはしばらく家を追い出される。4年後の大統領選挙で、ジョン・ケリーに票が入るようにするため、トムはネーダーを誘拐するという暴挙に出て、結局ヒューイに解放するよう説得される。ブーンドックス (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • RF(Rokugen Club with Farah)

    RF(Rokugen Club with Farah)から見たアル・ゴアアル・ゴア

    小学生の時にドラムを始める。10代の頃都内のクラブ等でプロとして演奏し、松原のぶえなどのバックバンドを経験。1997年にボストンバークリー音楽院に奨学金を得て入学。1999年にボストンで活動しているバンドSoulCity にオーディションを受けメンバーとなり、レイチャールズの前座、もとアメリカ副大統領アル・ゴアのレセプション・パーティー等で演奏。2001年帰国。都内を中心に活動中。RF(Rokugen Club with Farah) フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ジョーンズ

    アレックス・ジョーンズから見たアル・ゴアアル・ゴア

    2011年10月、ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)運動に対して、アレックスは当初、この運動を「アメリカ国民がついに目覚めた」と支持していたが、後に、ジョージ・ソロスが資金提供を行っていること、アル・ゴアやミハイル・ゴルバチョフなどの大物グローバリストが運動への支持を表明し始めると、この運動は社会主義者が組織した「統御された反対派 (Controlled Opposition)」であり、アメリカ版のカラー革命を起こそうとしているとして運動に批判的になった。アレックスは悪の根源は連邦準備制度と「六つの巨大銀行 (Six Mega-Banks)」(ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレー、シティグループ)であるとして、「Occupy The Fed (連銀を占拠せよ)」運動を立ち上げ、ダラス連邦準備銀行前で抗議デモを行い、私有銀行による独占的な通貨発行権の廃止を訴えた。アレックス・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

225件中 31 - 40件表示

「アル・ゴア」のニューストピックワード