83件中 11 - 20件表示
  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たローレンス・ベンダー

    2006年、アル・ゴアは、デイビス・グッゲンハイム監督の地球温暖化に関するドキュメンタリー映画『不都合な真実 (An Inconvenient Truth)』(ローレンス・ベンダー制作、パラマウント・ピクチャーズ配給)に出演した。この映画は2006年5月24日にロサンゼルス、ニューヨーク、バークリー、キャンベル、サンノゼ近郊の限られた映画館で公開された数日後に、全国で公開された。映画には、ゴアの最近の講演が含まれている他、ゴアの談話と研究が紹介されている。すでに米国国内では600以上の映画館で公開されており2006年7月現在、ドキュメンタリー映画としてはアメリカ合衆国映画史上3番目の興行成績を収めている。同作は2007年2月、第79回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。同名の本 (ISBN 1-59486-567-1) も出版している。気象学の専門家は映画に関し、科学的には概ね正確であると評価した 。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たジョージ・H・W・ブッシュ

    1991年にはアルバートが提出した高性能コンピュータ法(HPC法)がジョージ・H・W・ブッシュ政権の下で可決され、後のクリントン政権での情報スーパーハイウェイ構想の端緒となった。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たロス・ペロー

    1993年には、ラリー・キングがホストを務めるCNNの番組で自由貿易問題についてロス・ペローと討論を行った。この討論の後に行われた世論調査では、大部分のアメリカ人が彼の視点に賛成し、NAFTAを支持していた。この討論会でのゴアの主張の浸透によって、NAFTAへの加盟案が下院議会を234対200の僅差で通過したとする者もいた。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たデイビス・グッゲンハイム

    2006年、アル・ゴアは、デイビス・グッゲンハイム監督の地球温暖化に関するドキュメンタリー映画『不都合な真実 (An Inconvenient Truth)』(ローレンス・ベンダー制作、パラマウント・ピクチャーズ配給)に出演した。この映画は2006年5月24日にロサンゼルス、ニューヨーク、バークリー、キャンベル、サンノゼ近郊の限られた映画館で公開された数日後に、全国で公開された。映画には、ゴアの最近の講演が含まれている他、ゴアの談話と研究が紹介されている。すでに米国国内では600以上の映画館で公開されており2006年7月現在、ドキュメンタリー映画としてはアメリカ合衆国映画史上3番目の興行成績を収めている。同作は2007年2月、第79回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。同名の本 (ISBN 1-59486-567-1) も出版している。気象学の専門家は映画に関し、科学的には概ね正確であると評価した 。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見た政治家

    アルバート・アーノルド・"アル"・ゴア・ジュニア(Albert Arnold "Al" Gore, Jr.、1948年3月31日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。環境問題の論客として知られる。下院議員、上院議員、副大統領を歴任。彼は2000年に大統領に立候補した。全国一斉投票では共和党候補ジョージ・W・ブッシュより得票数で上回ったが、フロリダ州での開票手続きについての問題の後、落選が決定した。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たニュースウオッチ9

    マルチレベルマーケティングの企業「ニューウエイズ」のイベント・ゲストとして2011年6月に来日したが、日本のマスコミで報道目的の取材を実施する社はほとんどなかった。しかし、2017年11月2日のNHKニュースウオッチ9は、ドキュメンタリー映画「不都合な真実2」の宣伝で来日したゴアへの単独インタビュー映像を放送、ゴアの来日は第30回東京国際映画祭に合わせてのものだった。同映画祭では小池百合子東京都知事の対談相手として登壇し、登壇の際には審査委員長であり長年の友人でもあるトミー・リー・ジョーンズと再会を喜ぶ抱擁を交わした。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見た東京都知事

    マルチレベルマーケティングの企業「ニューウエイズ」のイベント・ゲストとして2011年6月に来日したが、日本のマスコミで報道目的の取材を実施する社はほとんどなかった。しかし、2017年11月2日のNHKニュースウオッチ9は、ドキュメンタリー映画「不都合な真実2」の宣伝で来日したゴアへの単独インタビュー映像を放送、ゴアの来日は第30回東京国際映画祭に合わせてのものだった。同映画祭では小池百合子東京都知事の対談相手として登壇し、登壇の際には審査委員長であり長年の友人でもあるトミー・リー・ジョーンズと再会を喜ぶ抱擁を交わした。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たパラマウント・ピクチャーズ

    2006年、アル・ゴアは、デイビス・グッゲンハイム監督の地球温暖化に関するドキュメンタリー映画『不都合な真実 (An Inconvenient Truth)』(ローレンス・ベンダー制作、パラマウント・ピクチャーズ配給)に出演した。この映画は2006年5月24日にロサンゼルス、ニューヨーク、バークリー、キャンベル、サンノゼ近郊の限られた映画館で公開された数日後に、全国で公開された。映画には、ゴアの最近の講演が含まれている他、ゴアの談話と研究が紹介されている。すでに米国国内では600以上の映画館で公開されており2006年7月現在、ドキュメンタリー映画としてはアメリカ合衆国映画史上3番目の興行成績を収めている。同作は2007年2月、第79回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。同名の本 (ISBN 1-59486-567-1) も出版している。気象学の専門家は映画に関し、科学的には概ね正確であると評価した 。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見た東京国際映画祭

    マルチレベルマーケティングの企業「ニューウエイズ」のイベント・ゲストとして2011年6月に来日したが、日本のマスコミで報道目的の取材を実施する社はほとんどなかった。しかし、2017年11月2日のNHKニュースウオッチ9は、ドキュメンタリー映画「不都合な真実2」の宣伝で来日したゴアへの単独インタビュー映像を放送、ゴアの来日は第30回東京国際映画祭に合わせてのものだった。同映画祭では小池百合子東京都知事の対談相手として登壇し、登壇の際には審査委員長であり長年の友人でもあるトミー・リー・ジョーンズと再会を喜ぶ抱擁を交わした。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たボルティモア・オリオールズ

    1989年4月3日、当時6歳の息子であるアルバートがボルティモア・オリオールズの開幕戦から帰る途中交通事故に遭い、瀕死の重傷を負った。これを受けてゴアは、大統領予備選に向けてクリントンに対抗する基盤作りよりも息子の回復を見守ることを選んだ。そして、その間は環境保護を訴える本(『Earth in the Balance』邦題:『地球の掟』)の執筆を行い、それがニューヨーク・タイムズによるベストセラー本のリストに入った。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示

「アル・ゴア」のニューストピックワード

  • テスラを私企業(非公開)化することを考えている。株式を1株420ドルで買い取る予定で、資金は確保済み

  • ジェネレーション・インベストメント・マネジメント

  • ノーベル賞