75件中 41 - 50件表示
  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たフィスク大学

    またGoogleのシニアアドバイザーやカリフォルニア大学ロサンゼルス校、フィスク大学、ミドルテネシー州立大学の客員教授を務めている。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見た環境問題

    アルバート・アーノルド “アル” ゴア・ジュニア(Albert Arnold "Al" Gore, Jr., 1948年3月31日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。環境問題の論客として知られ、ビル・クリントン政権の副大統領を1993年から2001年まで務めた。彼は2000年に大統領に立候補した。全国一斉投票では共和党候補ジョージ・W・ブッシュより得票数で上回ったが、フロリダ州での開票手続きについての問題の後、落選が決定した。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たロサンゼルス

    2006年、アル・ゴアは、デイビス・グッゲンハイム監督の地球温暖化に関するドキュメンタリー映画『不都合な真実 (An Inconvenient Truth)』(ローレンス・ベンダー制作、パラマウント・ピクチャーズ配給)に出演した。この映画は2006年5月24日にロサンゼルス、ニューヨーク、バークリー、キャンベル、サンノゼ近郊の限られた映画館で公開された数日後に、全国で公開された。映画には、ゴアの最近の講演が含まれている他、ゴアの談話と研究が紹介されている。すでに米国国内では600以上の映画館で公開されており2006年7月現在、ドキュメンタリー映画としてはアメリカ合衆国映画史上3番目の興行成績を収めている。同作は2007年2月、第79回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。同名の本 (ISBN 1-59486-567-1) も出版している。気象学の専門家は映画に関し、科学的には概ね正確であると評価した が、内容の一部には誇張の批判もある。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見た投資会社

    2004年終わりごろ、ゴアは伝統的な利潤の追求に加え、社会や環境に対する責任を負うコーポレートガバナンスを要求する新しい投資のスタイルに対する需要に応えるべく、気候変動など深刻な地球環境問題に対し責任ある立場をとる企業を対象にした投資会社 Generation Investment Management を設立し、同社の会長に就任した。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たロー・スクール (アメリカ合衆国)

    1965年にハーバード大学に入学し、政治学を専攻した。当時の彼のルームメートは後に俳優になるトミー・リー・ジョーンズであった。彼は1969年の6月にハーバード・カレッジをBA(Bachelor of Arts)を取得して卒業した。 1974年にヴァンダービルト大学ロー・スクールに入学したが、1976年に中退。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見た1992年アメリカ合衆国大統領選挙

    ビル・クリントンは、1992年の大統領選にむけて1992年7月9日にゴアを副大統領候補に選んだ。大統領選に勝利した後、ゴアは1993年1月20日に第45代副大統領に就任した。そして、クリントンと共に1996年に再選され、二期8年間副大統領職を務めた。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見た北米自由貿易協定

    1993年には、ラリー・キングがホストを務めるCNNの番組で自由貿易問題についてロス・ペローと討論を行った。この討論の後に行われた世論調査では、大部分のアメリカ人が彼の視点に賛成し、NAFTAを支持していた。この討論会でのゴアの主張の浸透によって、NAFTAへの加盟案が下院議会を234対200の僅差で通過したとする者もいた。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たアメリカ合衆国上院

    1976年の春、ロースクールを退学したゴアはテネシー州の選挙区から下院議会選挙に出馬し、当選した。3回当選を重ねた後の1984年には下院に出馬せず、上院議会選挙に立候補して当選し水野賢一をスタッフとして採用、1992年にアメリカ合衆国副大統領に選出されるまで務めた。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たネガティブキャンペーン

    副大統領として、ゴアは全米の学校と図書館をインターネットに接続させる連邦政府プログラムを立てた。これは、彼がその数年前から練っていた案の集大成であった。実際、上院議員の在職期間中に、ゴアは情報スーパーハイウェイ構想を推進するべく、連邦政府によるコンピューター教育研究センターの設立を要求する法案を提出していた。ゴアの政策のおかげでインターネットの発展は大いに促進された。しかし、2000年の大統領選において、これを自画自賛して「私がインターネットを創った」と発言したことが、自己を過大評価しているとしてブッシュ陣営によるネガティブキャンペーンの材料にされ、敗退の原因の一つになったとみられている。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

  • アル・ゴア

    アル・ゴアから見たノーベル平和賞

    2007年10月12日、講演や「不都合な真実」での環境啓蒙活動が評価され、IPCCと共にノーベル平和賞を受賞することが発表された。アル・ゴア フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「アル・ゴア」のニューストピックワード