2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
109件中 91 - 100件表示
  • ホセ・フェルナンデス

    ホセ・フェルナンデスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2004年限りで消滅した大阪近鉄を含む13球団からの本塁打は、史上7人目(他の達成者はフェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、谷佳知、和田一浩、小笠原道大の6人)ホセ・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    シーズンオフにはチームメイトの伝を頼って海外に一人旅に出ることが多く、2008年にはアレックス・カブレラの出身国であるベネズエラ、2009年は同じくヒラム・ボカチカのプエルトリコに旅に出ている。特にスペイン語ができるわけでもないのに物怖じせずに旅に出る姿勢から、金村義明から「絶対メジャーリーグ向きだ」と評された。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • G.G.佐藤

    G.G.佐藤から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    はオープン戦で前年と同じように打ちまくり、5本塁打を放つなど好調ぶりをアピールして、開幕1軍入りを果たした。起用に応えて開幕戦・開幕2戦目と2試合連続本塁打を放ったほか、4月28日の対千葉ロッテマリーンズ戦でヒーローインタビューを受けた際、2007年における自身のキャッチフレーズを、「ファンを愛し、ファンに愛される選手になりたい」思いから「愛の波動砲 G.G.佐藤」と宣言した。7月にはアレックス・カブレラが離脱したため空位になった4番候補に江藤智・和田一浩とともに名前が挙げられ、調子を上げていたG.G.佐藤が抜擢されて7月11日から4番を任され、カブレラ、和田が不振の時にはクリーンナップを任された。ヒーローインタビューと同時に発売すると予告していた自身の肉体がプリントされた「キモティーシャツ」が7月7日の対福岡ソフトバンクホークス戦でのヒーローインタビュー開始と同時に限定300枚で販売された。G.G.佐藤 フレッシュアイペディアより)

  • 栗山巧

    栗山巧から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2007年に放送されたプロ野球界の力自慢を競う企画「握力王」では、ラミレス、ガイエル、カブレラ等の外国人の数字を「大したことない」と一蹴し、80.7kgを出して優勝した。しかし2010年に「プロ野球界で最も握力の強い選手」としてめざましテレビの取材を受け、実際に計測していた際に、その場を通りかかった高山久に目の前で自身の記録を約3kg更新された。栗山巧 フレッシュアイペディアより)

  • 中信ホエールズ

    中信ホエールズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラ(台湾では「亜力士」と表記)中信ホエールズ フレッシュアイペディアより)

  • 野球の不文律

    野球の不文律から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2001年に西武ドームで西武のアレックス・カブレラは、ロッテのネイサン・ミンチーからセンターへの特大本塁打を打った際、審判員が本塁打のジェスチャーをする前からゆっくりと歩いていたため、ミンチーが「侮辱行為だ」と激怒した。野球の不文律 フレッシュアイペディアより)

  • 文化放送ライオンズナイター

    文化放送ライオンズナイターから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    文化放送のナイター中継には「ホームランレポーター」と呼ばれるレポーターが、外野席でホームランをキャッチした観客にインタビューを行ってきた。このレポートはセントラル・リーグの各球団がトラブルの火種に成りかねないと難色を示したことから、『文化放送ホームランナイター』では1991年に終了することとなった。しかし、アレックス・カブレラ選手がライオンズに入団した2001年以降は「一発レポーター」として復活。西武ドームでのゲームで恒例企画となっていた。2006年6月14日、対中日ドラゴンズ戦(セ・パ交流戦)で、当日の一発レポーター担当の斉藤一美がレフト外野席に落ちたカブレラ選手のホームランボールをゲットすることに成功し、歴代ホームランレポーターおよび一発レポーターの悲願が達成された。文化放送ライオンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は藤井淳志らの台頭や福留の広い守備範囲を生かすために左翼手へコンバートされるも、シーズン終盤にチーム事情から再び中堅手に戻る。当初は6番打者であったが、藤井がスタメン落ちし、井端弘和が2番に復帰、福留が3番に入ったことにより夏場までは5番で、森野将彦が5番に定着すると6番(それまでは相手投手との兼ね合いで森野と打順を入れ替えていた)を打った。2003年入団以来、中日ドラゴンズのシーズン1号本塁打を4年連続で放っている。打撃に波があったものの、得点圏打率は初めて3割を越えた。シーズン開幕直前には、監督の落合博満の指示でバッティングフォームをアレックス・カブレラ風のものに変えている。同年は初のオールスターゲーム出場を果たし(監督推薦)、第2戦では本塁打を放ち優秀選手に選ばれた。阪神戦での活躍もあり、中日の優勝に貢献。10月は肺炎によって、10日の試合までは出場していなかったが、胴上げには参加している。日本シリーズ第5戦ではスタメン落ちし、9回裏2アウト無走者で代打で登場したが左飛に倒れ、最後の打者となった。結局この打席が中日最後の打席となった。得点圏打率や様々な場面での殊勲打もあってか数字以上の存在感を示したが、本塁打は過去最少に終わった。11月6日、中日はアレックスとは2007年度の契約を結ばないことを決定した。アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ディアス

    エディ・ディアスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    長打力強化のためオフにウエイトトレーニングを重点的に行い、同じベネズエラ出身のアレックス・カブレラからスイングをコンパクトにするようアドバイスを受けたこともあっては5月に8試合で9本塁打を記録するなど、打撃面で大きく成長した。この活躍で、アキレス腱痛でスタメンを外れていた新井貴浩からレギュラーの座を完全に奪い取り、7月には1試合3本塁打を放つなど好調を維持して後半戦は3番に定着。この年は打率.304、32本塁打を放ち、ルイス・ロペスとともにセ・リーグ初の両外国人3割30本塁打を達成し、ベストナインに選出される。エディ・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    、攝津、ブライアン・ファルケンボーグ、馬原孝浩、甲藤啓介の「SBM48」や森福允彦などの救援投手陣が活躍して12球団トップの救援防御率(唯一の2点台(2.84))だった。杉内俊哉と和田毅以外は不振だった先発投手陣を中継ぎ陣が支えた。チーム奪三振数が2005年に阪神が記録したプロ野球記録である1208を、1244で更新した。9月25日にマジック対象チームの西武が日本ハムに敗れたので、7年ぶりにソフトバンクとなって初のリーグ優勝を果たす。しかし、クライマックスシリーズでは打率1割6分9厘0本塁打と打撃陣振るわず、ファイナルステージで3勝4敗でロッテに敗れ。パ・リーグでは初のリーグ優勝しながら日本シリーズ進出を逃す結果となった。MVPは和田毅が受賞。オフにFAで内川聖一と細川亨、オリックスから自由契約となったアレックス・カブレラを獲得した。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
109件中 91 - 100件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード