2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示
  • 故意四球

    故意四球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    9月20日、アレックス・カブレラ(西武)が延長11回裏一死二塁の場面での故意四球に対し、本来と逆の左打席に立った(それでも対戦相手の近鉄バッテリーは故意四球を与えた)。これは2打席連続となった故意四球への抗議である。なおカブレラはバットを逆に持って打席に入り、故意四球を受けたことがある。また同年6月24日には2打席連続で無走者から故意四球を受けている。故意四球 フレッシュアイペディアより)

  • 一三

    一三から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    趣味は、波乗り、ちゃりんこ、呆け、バッティングセンター荒らし、阪神応援(但し、元西武ライオンズ、アレックス・カブレラ、元近鉄バファローズ、ラルフ・ブライアントFAN)。一三 フレッシュアイペディアより)

  • ドーピング

    ドーピングから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2007年12月13日、メジャーリーグベースボール(MLB)での筋肉増強剤使用の実態調査をしたミッチェル報告書が公開されたところ、アレックス・カブレラやジェフ・ウィリアムスら日本プロ野球に所属中および所属していた選手11人の名前もあったが、当時のNPBのコミッショナーである根來泰周はNPBの薬物対策に問題はないとし、報告書とは無関係の立場を取った。ドーピング フレッシュアイペディアより)

  • 松中信彦

    松中信彦から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は故障の影響、内川聖一とアレックス・カブレラの加入による競争の激化もあり、出場は88試合にとどまる。開幕からしばらくは代打のみの出場が多かったが、内川聖一の故障離脱の際には3番に定着し、規定打席には届かなかったものの打率.308を記録するなど、出場した試合では結果を残した。4月14日には史上48人目となる3000塁打を達成。11月4日のクライマックスシリーズ第2戦では8回に代打満塁ホームランを放った。翌日も勝利し、8年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。結果的にその満塁ホームランがこれまでのプレーオフCSの不振を全て振り払う一発となった。そして8年ぶりの日本一に輝いた。松中信彦 フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ブラゼル

    クレイグ・ブラゼルから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2007年12月4日、埼玉西武ライオンズへの入団が発表された。推定年俸1億円の1年契約。オリックス・バファローズに移籍したアレックス・カブレラの穴を埋める選手として期待され、背番号もカブレラが着けていた「42」を受け継いだ。真面目な性格で、当時打撃コーチだった大久保博元から積極的にアドバイスを聞くなど、日本球界へ積極的に溶け込む姿勢が見られた。開幕から4番を任され、3月は不調だったものの、4月に入ると好調に転じて17打点を挙げ、チームの首位浮上に貢献した。5月に入ると打率が.174と急落したが6月に復調し、打率.344・6本塁打・21打点の活躍で、来日1年目の外国人選手としてはのルーズベルト・ブラウン以来の月間MVPを受賞した。この受賞と、来日して以来自宅から西武ドームまで西武鉄道を利用して電車通勤していたことから、7月8日に西武鉄道が実施する「Save the earth」キャンペーンのイメージキャラクターに選ばれた。クレイグ・ブラゼル フレッシュアイペディアより)

  • 西武ドーム

    西武ドームから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    1997年と1998年のそれぞれオフ期間に2箇年を掛けて工事を実施し、球場全体に屋根が架設された。だが屋根を支える柱はあるものの、他のドーム球場と違って壁面を設けず、スタンドと屋根の間の全周をフルオープンとして通気性を高めた構造を採用しており、自然の空気を取り込めることから空調設備はない(但し、1塁側3塁側売店部分に巨大スプリンクラーはそれぞれある)。屋根部は外周部がドーナツ状の金属製で、中心部には東京ドームと同じふっ素樹脂(通称テフロン)の屋根膜材が総面積17,000m2に及んで一重に鉄骨に組んで張られており、耐候性や不燃性がありながらも自然光を取り入れることができる屋根になっている。現存するドーム球場の中で最も低コストで造られ、最も環境に配慮した球場として、西武グループでは「自然環境共存型スタジアム」としてPRを行っている。また狭山丘陵の豊かな自然を活かした部分などが評価され、埼玉県が優れた景観の建造物等を表彰する「彩の国景観賞」を1999年に受賞している。壁面が無いため、日本で唯一「場外ホームランの出るドーム球場」である。2001年から2007年まで西武ライオンズに所属していたアレックス・カブレラは、しばしば場外弾を打っていた。また天候条件によっては上段の客席まで雨が吹き込み、雷鳴も屋外と変わらない大きさで聞こえる。西武ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 陣内智則

    陣内智則から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    藤原との初デート話については、バッティングセンターで、陣内は極度の緊張で全く打てず、「タイミングあわせたら打てるよ」と逆にアドバイスを受け、陣内はその時の藤原の打法を見て「ズレータや!」と思ったらしい。そして結婚後、もう一度バッティングセンターに行ったら初デートよりは打てたが、藤原はさらにパワーアップしていて、陣内は「カブレラや!」と語った。なお、藤原本人は「この時点ではまだデートという意識はなかった」と述べている陣内智則 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    350本塁打:1990年5月8日、対阪神タイガース3回戦(浜松球場)、3回裏に嶋尾慶一から左越先制3ラン ※史上14人目(歴代2位の1257試合で到達:当時史上最速、後にアレックス・カブレラが更新)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 山井大介

    山井大介から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    シーズン後半、オーバースローに固定して一軍に復帰、9月12日の対広島東洋カープ戦で初完封勝利を記録。最終的に2勝を記録した。終盤の好投が光ったことで西武ライオンズとの日本シリーズ第4戦では先発投手を任された。6回無失点に抑え、日本シリーズ初登板初先発初勝利を記録した。しかし、第7戦では先発のドミンゴ・グスマンがKOされた後、中継ぎとして2番手で3回途中から登板したが、アレックス・カブレラに5点のリードに広げられる2ランホームランを打たれてしまった。自身は1/3を投げて1失点で降板した(2ランホームランの内、もうひとつの失点はドミンゴが出したランナーのため、ドミンゴの失点となる)。結果的にチームは敗れ日本一を逃した。山井大介 フレッシュアイペディアより)

  • 北川博敏

    北川博敏から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    、開幕戦を4番DHのスタメン出場で迎えた。本職である一塁手はアレックス・カブレラ・T-岡田に奪われ、DHでの出場が多かったが、打撃ではハイアベレージを記録。6月2日の対中日ドラゴンズ戦では、7点ビハインドの8回裏に3点返したあとの無死満塁の打席で、高橋聡文から同点満塁本塁打を放ち、チームの逆転サヨナラ勝ちに貢献した。その後も主力打者として活躍し続けたが、8月13日から登録抹消はされなかったものの10試合を欠場した。これは、7月14日のロッテ戦で左脛に自打球を当てた影響で、蜂窩(ほうか)織炎による発熱を発症したためであった。復帰後は、9月に100本塁打、1000本安打と節目の記録を次々と達成した。最終的には119試合に出場して打率.306、12本塁打61打点の成績を収めた。北川博敏 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示