109件中 11 - 20件表示
  • 中村剛也

    中村剛也から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    高校時代は大阪桐蔭高校の4番打者として活躍。進学した理由は自宅から高校まで徒歩5分という立地条件であったという。高校時代の通算本塁打83本は大島裕行に次ぎ、鈴木健と並ぶ当時の史上2位タイ。3年夏は歴代2位となる大阪府予選6本塁打を放ち、「浪速のカブレラ」と呼ばれ注目の的となる。岩田稔は高校時代の同期、西岡剛は一年後輩にあたる。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    日本球界での「真」のホームランバッターとして、田淵幸一と秋山幸二の2人だけを挙げ、「自分も王(貞治)さんも違う」と語っている。また、2000年(平成12年)時点で、自らの現役時の記録において誇れるのは「3度の三冠王と2年連続50本塁打だけだ」と述べていた(どちらも当時、日本プロ野球界唯一の記録。2年連続50本塁打以上は2002年・2003年にアレックス・カブレラも達成した)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原道大

    小笠原道大から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    ロッテの福浦和也との首位打者争いには敗れたが、打率.339、32本塁打、86打点、195安打を残し、2年連続でパ・リーグ最多安打を記録。この年放った195安打はシーズン安打数両リーグで歴代2位(当時)であった。そしてイチロー以来、史上2人目となる複数年での180安打以上も記録した。チームが最下位に沈んだ中、49本塁打を記録したアレックス・カブレラ、3割30本100打点を記録した松中、首位打者の福浦を抑え激戦と言われたベストナイン一塁手部門を受賞した。加えて歴代3位タイとなるシーズン猛打賞23回を記録する。小笠原道大 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本シリーズ

    2002年の日本シリーズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    (西武)カブレラ1号ソロ(9回上原)2002年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球チームをつくろう!&あそぼう!

    プロ野球チームをつくろう!&あそぼう!から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    両リーグ1の投手陣を誇るライオンズ。資金内でバランスの良いチームの構成が可能だが、松井稼頭央やカブレラが他チームに移籍すると極端に難易度が上がるので野手重視で固めた方が無難である。プロ野球チームをつくろう!&あそぼう! フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    西武・松坂大輔、日本ハム・金村曉の両エースの先発で始まったが3回裏、一死満塁からカブレラが左中間に走者一掃の二塁打を放ち3点を先制した。しかし4回表日本ハムは小笠原道大の三点本塁打ですぐに同点に追いついた。6回裏に西武はフェルナンデスが勝ち越し本塁打を放つが7回表に日本ハムはセギノールが同点本塁打を放ち、再び同点とした。7回裏、西武は佐藤友亮の本塁打で勝ち越すとフェルナンデスの満塁本塁打、細川亨の本塁打で6点を奪い試合を決めた。8回表に日本ハムは3点を返すものの9回は西武のクローザー・豊田清が締め、第1戦をものにした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • ビッグボーイズ打線

    ビッグボーイズ打線から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2007年に東京ヤクルトスワローズを自由契約になっていたグレッグ・ラロッカ、シンシナティ・レッズで結果を残せず引退を表明していたタフィ・ローズを獲得。2008年には西武ライオンズを自由契約になっていたアレックス・カブレラを獲得した。ビッグボーイズ打線 フレッシュアイペディアより)

  • No Limit打線

    No Limit打線から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2008年の西武は前年の4番打者アレックス・カブレラ、5番打者和田一浩が抜ける危機的状態であり、シーズン前の下馬評も優勝を予想する者は岩本勉を除けば皆無であり、前年25年ぶりにBクラスに落ちたこともあり最下位予想もあるほどであった。No Limit打線 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・リーファー

    ジェフリー・リーファーから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    主に右投げの投手の時に6番・DHでスタメン起用されることが多いが、アレックス・カブレラ不在の時には貴重なポイントゲッターとしてファーストを守り、5番を打ったこともある。ジェフリー・リーファー フレッシュアイペディアより)

  • ティミィ・キーナン

    ティミィ・キーナンから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラ似のルックスだったこともあって、周囲からは英語がしゃべれると思われていたが、週刊ベースボール誌のインタビューに対しては「実はオレ英語しゃべれないんスよ」と答えていた。ティミィ・キーナン フレッシュアイペディアより)

109件中 11 - 20件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード