110件中 21 - 30件表示
  • No Limit打線

    No Limit打線から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2008年の西武は前年の4番打者アレックス・カブレラ、5番打者和田一浩が抜ける危機的状態であり、シーズン前の下馬評も優勝を予想する者は岩本勉を除けば皆無であり、前年26年ぶりにBクラスに落ちたこともあり最下位予想もあるほどであった。No Limit打線 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオリックス・バファローズ

    2010年のオリックス・バファローズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    最高出塁率:アレックス・カブレラ(.428、8年ぶり2度目)2010年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤竜人

    加藤竜人から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    初奪三振:同上、3回裏にアレックス・カブレラから加藤竜人 フレッシュアイペディアより)

  • ラモン・カブレラ (野球)

    ラモン・カブレラ (野球)から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    元メジャーリーガーで、NPBの西武ライオンズなどでもプレーしたアレックス・カブレラを父に持つ。ラモン・カブレラ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • コーリー・ポール

    コーリー・ポールから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    、外国人打者であるアーキー・シアンフロッコ、グレッグ・ブロッサー、アラン・ジンターの3選手がいずれも全く打てず、チームも貧打にあえぎ、そのため外国人選手獲得期限ギリギリで西武ライオンズが緊急補強した。同年はいきなり初打席初本塁打を放つなど12本塁打の活躍を見せたが、にトニー・フェルナンデス、レジー・ジェファーソンが加入し、第3の外国人扱いとなり序盤は二軍生活が続いた。ジェファーソンが8月末に退団し、フェルナンデスも怪我が多かったため、シーズン中盤に一軍に昇格すると勝負強さを発揮した。しかし、翌はアレックス・カブレラ、スコット・マクレーンのツイン・バズーカ砲の陰に隠れ、ついに一軍試合出場なしで終えてしまう。コーリー・ポール フレッシュアイペディアより)

  • ビッグボーイズ打線

    ビッグボーイズ打線から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2007年に東京ヤクルトスワローズを自由契約になっていたグレッグ・ラロッカ、シンシナティ・レッズで結果を残せず引退を表明していたタフィ・ローズを獲得。2008年には西武ライオンズを自由契約になっていたアレックス・カブレラを獲得した。ビッグボーイズ打線 フレッシュアイペディアより)

  • 故意落球

    故意落球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    9回表、ダイエーの攻撃。一死一・二塁の場面で打者の荒金久雄は三塁方向にライナーを打った。ホセ・フェルナンデス三塁手はこのライナーをグラブに当てて落とすと、すぐに拾って三塁を踏み、一塁に送球した。だがこの一塁送球は手前でバウンドし、アレックス・カブレラ一塁手がこれを確捕する前に荒金は一塁に到達した。この後、ダイエー側から「故意落球ではないか」と指摘があり、審判員もこれを認め、打者荒金がアウトとなって、二死一・二塁から試合が再開された。故意落球 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ミラバル

    カルロス・ミラバルから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    とは台湾プロ野球(TML・嘉南勇士、はCPBL・和信ホエールズ)でプレーした。和信在籍時の1999年には、アレックス・カブレラとチームメイトだったことがあるが、にはカブレラに死球をぶつけたことがきっかけで乱闘騒ぎを起こしている。カルロス・ミラバル フレッシュアイペディアより)

  • IsoD

    IsoDから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    元ロサンゼルス・ドジャースGMは、「打撃能力を査定する際には、出塁率とP/PA(一打席当たりの被投球数)がきわめて大きな意味を持つ」とも述べている。同様に、IsoDとP/PAを併せ見ることにより選球能力の優劣を多角的に判断することが可能になる、との考え方も存在する。これによると、タイロン・ウッズが5.69(IsoD.148 ×10 + P/PA 4.21)、タフィ・ローズが5.29(IsoD.112 ×10 + P/PA 4.17)で度セ・パ両リーグの選球ランク一位――「選球王」となる。以下、松中信彦、山崎武司、ベニー・アグバヤニ、アレックス・カブレラ、高橋由伸、金本知憲、アーロン・ガイエルらがランク上位を占めており、彼等は警戒されて四球数と被投球数が増えるという事情もあろうが、選球眼の鋭さは全体的な打撃成績アップにつながるという一つの傾向が見て取れる。なお、俊足巧打タイプの最高ランクは青木宣親が4.95(IsoD .087 ×10 + P/PA 4.08)でセ6位、田中賢介が4.68(IsoD .066 ×10 + P/PA 4.02)でパ9位に位置しているIsoD フレッシュアイペディアより)

  • 小林至

    小林至から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    在任中の主な業績としては、パリーグの共同事業会社「パシフィックリーグマーケティング」の初代執行役員として、同社の黎明期の経営を支えた。チーム編成においては、三軍制や成果報酬の年俸制度など、球界の常識を破る刺激的な方策を次々と打ち出した。また、内川聖一、細川亨、中田賢一、寺原隼人、鶴岡慎也、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、ブラッド・ペニー、ジェイソン・スタンリッジ、デニス・サファテ、李大浩、リック・バンデンハークなど、内外の大物選手を次々と獲得したり、フロントと現場での大胆な人事交流を促進するなど、刺激的なチーム人事をもって、王貞治会長や秋山幸二監督を支えた。在任中の戦績は、ソフトバンクが親会社になってからの初優勝を含むリーグ優勝3回、日本一2回。その一方で、成果報酬の年俸制度を導入したことや、大物選手を次々と獲得したことで、主力選手との軋轢・確執が報じられるなど、選手との関係には苦慮していたと言われる。小林至 フレッシュアイペディアより)

110件中 21 - 30件表示