109件中 21 - 30件表示
  • IsoD

    IsoDから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    また、デポデスタは「打撃能力を査定する際には、出塁率とP/PA(一打席当たりの被投球数)がきわめて大きな意味を持つ」とも述べている。同様に、IsoDとP/PAを併せ見ることにより選球能力の優劣を多角的に判断することが可能になる、との考え方も存在する。これによると、タイロン・ウッズが5.69(IsoD.148 ×10 + P/PA 4.21)、タフィ・ローズが5.29(IsoD.112 ×10 + P/PA 4.17)で度セ・パ両リーグの選球ランク一位――「選球王」となる。以下、松中信彦、山崎武司、ベニー・アグバヤニ、アレックス・カブレラ、高橋由伸、金本知憲、アーロン・ガイエルらがランク上位を占めており、彼等は警戒されて四球数と被投球数が増えると言う事情もあろうが、選球眼の鋭さは全体的な打撃成績アップにつながると言う一つの傾向が見て取れる。なお、俊足巧打タイプの最高ランクは青木宣親が4.95(IsoD .087 ×10 + P/PA 4.08)でセ6位、田中賢介が4.68(IsoD .066 ×10 + P/PA 4.02)でパ9位に位置している。IsoD フレッシュアイペディアより)

  • コーリー・ポール

    コーリー・ポールから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    、外国人打者であるアーキー・シアンフロッコ、グレッグ・ブロッサー、アラン・ジンターの3選手がいずれも全く打てず、チームも貧打にあえぎ、そのため外国人選手獲得期限ギリギリで西武ライオンズが緊急補強した。同年は初打席でいきなり本塁打を放つなど12本塁打の活躍を見せたが、にトニー・フェルナンデス、レジー・ジェファーソンが加入し、第3の外国人扱いとなり序盤は二軍生活が続いた。ジェファーソンが8月末に退団し、フェルナンデスも怪我が多かったため、シーズン中盤に一軍に昇格すると勝負強さを発揮した。しかし、翌はアレックス・カブレラ、スコット・マクレーンのツイン・バズーカ砲の陰に隠れ、ついに一軍試合出場なしで終えてしまう。コーリー・ポール フレッシュアイペディアより)

  • 山本光将

    山本光将から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    熊本工高時代に通算61本塁打を記録し、「九州のカブレラ」と呼ばれる。山本光将 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ミラバル

    カルロス・ミラバルから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    とは台湾プロ野球(TML・嘉南勇士、はCPBL・和信ホエールズ)でプレーした。和信在籍時の1999年には、アレックス・カブレラとチームメイトだったことがあるが、には死球をぶつけたことがきっかけで乱闘騒ぎを起こしている。カルロス・ミラバル フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・バイナム

    フレディ・バイナムから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    初出場:2010年3月31日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(東京ドーム)、9回表にアレックス・カブレラの代走として出場フレディ・バイナム フレッシュアイペディアより)

  • 加藤竜人

    加藤竜人から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    初奪三振:同上、3回裏にアレックス・カブレラから加藤竜人 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    前年、日本一を成し遂げた巨人(読売ジャイアンツ)の原辰徳監督が全セ(セントラル・リーグ)を率い、パシフィック・リーグを制した伊原春樹監督が全パ(パシフィック・リーグ)を率いて戦った2003年のオールスターゲームは前半戦だけで60勝し、プロ野球の話題を独占した全セの阪神タイガース勢の活躍が光る試合内容となった。1戦は井川慶、2戦は伊良部秀輝が先発投手として全セを負けなしに引っ張った。打の方でも第2戦にジョージ・アリアス、金本知憲が勝負を決める本塁打を放った。一方の全パは2戦を通して3本塁打を放ったアレックス・カブレラが孤軍奮闘した。2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 故意落球

    故意落球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    9回表、ダイエーの攻撃。一死一・二塁の場面で打者の荒金久雄は三塁方向にライナーを打った。ホセ・フェルナンデス三塁手はこのライナーをグラブに当てて落とすと、すぐに拾って三塁を踏み、一塁に送球した。だがこの一塁送球は手前でバウンドし、アレックス・カブレラ一塁手がこれを確捕する前に荒金は一塁に到達した。この後、ダイエー側から「故意落球ではないか」と指摘があり、審判員もこれを認め、打者荒金がアウトとなって、二死一・二塁から試合が再開された。故意落球 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    またセ・藤川球児vsパ・小笠原道大&アレックス・カブレラの全球真っ直ぐの力勝負には多くのプロ関係者が「名勝負」と称える勝負であった。その場にいた選手もあまりの凄さに唖然としていたという。2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ヨーキス・ペレス

    ヨーキス・ペレスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    メジャー復帰後は各球団でリリーフとして、2002年まで活躍した。なお、ヒューストン・アストロズ在籍時の2000年6月26日、対アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で、後にNPBで357本塁打を記録したアレックス・カブレラ内野手にメジャー初打席本塁打を許している。ヨーキス・ペレス フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード