110件中 31 - 40件表示
  • 2008年のオリックス・バファローズ

    2008年のオリックス・バファローズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラ(一塁手、2年連続3度目)2008年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    7月30日 - オリックスのアレックス・カブレラが対楽天戦でNPB史上49人目の通算1000三振2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    福岡ソフトバンクホークスのアレックス・カブレラが退団。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーキス・ペレス

    ヨーキス・ペレスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    メジャー復帰後は各球団でリリーフとして、2002年まで活躍した。なお、ヒューストン・アストロズ在籍時の2000年6月26日、対アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で、後にNPBで357本塁打を記録したアレックス・カブレラ内野手にメジャー初打席本塁打を許している。ヨーキス・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・リーファー

    ジェフリー・リーファーから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    主に右投げの投手の時に6番・DHでスタメン起用されることが多いが、アレックス・カブレラ不在の時には貴重なポイントゲッターとしてファーストを守り、5番を打ったこともある。ジェフリー・リーファー フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は藤井淳志らの台頭や福留の広い守備範囲を生かすために左翼手へコンバートされるも、シーズン終盤にチーム事情から再び中堅手に戻る。当初は6番打者であったが、藤井がスタメン落ちし、井端弘和が2番に復帰、福留が3番に入ったことにより夏場までは5番で、森野将彦が5番に定着すると6番(それまでは相手投手との兼ね合いで森野と打順を入れ替えていた)を打った。2003年入団以来、中日ドラゴンズのシーズン1号本塁打を4年連続で放っている。打撃に波があったものの、得点圏打率は初めて3割を越えた。シーズン開幕直前には、監督の落合博満の指示でバッティングフォームをアレックス・カブレラ風のものに変えている。同年は初のオールスターゲーム出場を果たし(監督推薦)、第2戦では本塁打を放ち優秀選手に選ばれた。阪神戦での活躍もあり、中日の優勝に貢献。10月は肺炎によって、10日の試合までは出場していなかったが、胴上げには参加している。日本シリーズ第5戦ではスタメン落ちし、9回裏2アウト無走者で代打で登場したが左飛に倒れ、最後の打者となった。結局この打席が中日最後の打席となった。得点圏打率や様々な場面での殊勲打もあってか数字以上の存在感を示したが、本塁打は過去最少に終わった。11月6日、中日はアレックスとは2007年度の契約を結ばないことを決定した。アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    西武・松坂大輔、日本ハム・金村曉の両エースの先発で始まったが3回裏、一死満塁からカブレラが左中間に走者一掃の二塁打を放ち3点を先制した。しかし4回表日本ハムは小笠原道大の3ラン本塁打ですぐに同点に追いついた。6回裏に西武はフェルナンデスが勝ち越しソロ本塁打を放つが7回表に日本ハムはセギノールが同点ソロ本塁打を放ち、再び同点とした。7回裏、西武は佐藤友亮の本塁打で勝ち越すとフェルナンデスの満塁本塁打、細川亨のソロ本塁打で6点を奪い試合を決めた。8回表に日本ハムは3点を返すものの9回は西武のクローザー・豊田清が締め、第1戦をものにした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・アレン

    ブランドン・アレンから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2012年7月28日に福岡ソフトバンクホークスと契約したことが球団より発表。背番号はこのシーズン途中に退団となったアレックス・カブレラが着用していた「42」。ブランドン・アレン フレッシュアイペディアより)

  • テリー・コリンズ (野球)

    テリー・コリンズ (野球)から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    タフィ・ローズ、グレッグ・ラロッカ、アレックス・カブレラという実績ある大砲3人組に対し、コリンズ自らが「ビッグ・ボーイズ」(ビッグボーイズ打線)と命名した。テリー・コリンズ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 木村優太

    木村優太から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2011年8月24日、対福岡ソフトバンクホークス戦で一軍初登板を果たし、1イニングながら強打者の内川聖一、アレックス・カブレラから三振を奪うなど能力の高さを見せつけた。木村優太 フレッシュアイペディアより)

110件中 31 - 40件表示