109件中 31 - 40件表示
  • 森跳二

    森跳二から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    初奪三振:同上、2回裏にアレックス・カブレラから森跳二 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    ロッテは1回、先頭の小坂誠の3塁打の後、堀が前日に続き犠飛を放ち先制。さらに6回裏、2死2塁からベニー・アグバヤニの適時打で2点目、さらに1、2塁とチャンスが続き今江の適時打で3-0とする。7回まで西武打線を2安打に抑えていたロッテ先発の小林宏之は、8回に中村にソロ本塁打を打たれるが、後続を藤田宗一が抑え、9回は小林雅が3人で抑え、ロッテがストレートで第2ステージ進出を決めた。アレックス・カブレラを怪我で欠いた西武は、先発の西口文也を打線が援護できず、リーグ2連覇を逃した。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • ヘクター・カラスコ

    ヘクター・カラスコから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    4月28日の対日本ハム戦でフェルナンド・セギノールに決勝3ランを浴びる等6失点を喫すると、翌日に二軍降格となった。だが、一軍復帰後は中継ぎとしてなかなかの投球を見せ、特に7月は20イニングで自責点はわずか1と抜群の安定感を見せた。53試合の登板で76イニングスの投球回からもわかるように、主にロングリリーフとして起用されていたが、続投が裏目に出て逆転を許す事もあった。対西武戦は、4月にかなり打ち込まれた上に、8月7日の試合では4点リードの8回表2死満塁に登板してここは凌ぐも、9回表はアレックス・カブレラとホセ・フェルナンデスに2ランを打たれて同点にされ、結局逆転負けを喫する等、11試合の登板で2勝5敗、防御率12.66(自責点15)とかなり相性が悪かった。ヘクター・カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • テリー・コリンズ (野球)

    テリー・コリンズ (野球)から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    タフィ・ローズ、グレッグ・ラロッカ、アレックス・カブレラという実績ある大砲3人組に対し、コリンズ自らが「ビッグ・ボーイズ」と命名した。テリー・コリンズ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    ゲーム最多打点 6?柴田勲(巨人、1963年)、アレックス・カブレラ(西武、2004年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・アレン

    ブランドン・アレンから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    4月19日にウェーバーでタンパベイ・レイズへ移籍。26日のロサンゼルス・エンゼルス戦の移籍後初打席で本塁打を放った。7月28日に福岡ソフトバンクホークスと契約したことが球団より発表。背番号はこのシーズン途中に退団となったアレックス・カブレラが着用していた「42」。ブランドン・アレン フレッシュアイペディアより)

  • 故意四球

    故意四球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    9月20日、アレックス・カブレラ(西武)が延長11回裏一死二塁の場面での故意四球に対し、本来と逆の左打席に立った(それでも対戦相手の近鉄バッテリーは故意四球を与えた)。これは2打席連続となった故意四球への抗議である。なおカブレラはバットを逆に持って打席に入り、故意四球を受けたことがある。故意四球 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤智

    江藤智から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    、西武では年齢、キャリア年数ともチーム最高となり、豊富な経験に人柄も手伝って若い選手の多いチームにあって貴重な存在感を示した。36歳の誕生日となる4月15日の千葉ロッテマリーンズ戦では内竜也から2年越しとなる通算350号本塁打も放った。また7月19日のソフトバンク戦では、主力であるアレックス・カブレラや和田一浩といった主力打者が抜けたため4番に座り(巨人時代は一度も4番を打たなかった)、6回表に佐藤誠からレフトへの二塁打を放ち、通算1500本安打を達成した。移籍後は主に代打(対左投手)としての起用が多く、時には指名打者や一塁手、三塁手として先発出場している。江藤智 フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球Basic版2001

    実況パワフルプロ野球Basic版2001から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    『実況パワフルプロ野球2000』をベースに野球部分を調整し選手データを2001年度版に更新した作品である。当時西武ライオンズに所属していたカブレラの登録名が「キャブレラ」になっている。これはパワプロクンポケット3も同様。実況パワフルプロ野球Basic版2001 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    12月24日 - アレックス・カブレラ(ベネズエラ、野球)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

109件中 31 - 40件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード