109件中 41 - 50件表示
  • 牧原大成

    牧原大成から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    初出場:2012年6月14日、対中日ドラゴンズ4回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、7回裏にアレックス・カブレラの代走として出場牧原大成 フレッシュアイペディアより)

  • 高木大成

    高木大成から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    1999年の春季キャンプで右足首靱帯を断裂。翌年以降も左膝や右手首などを故障し、年々出場機会が減少する。この間、三塁手や二塁手へのコンバートに挑戦したものの、レギュラーを奪うには至らなかった。2001年にはアレックス・カブレラが一塁手に定着したため外野手に転向した(主に左翼手)。2003年には4試合連続本塁打を放って復活の兆しを見せるが、2004年には右腕の手術からの回復が遅れ、とうとうプロ入り初の一軍試合出場なしに終わった。翌2005年もわずか13試合の出場に終わり、10月31日に現役引退を発表。通算56本塁打中、5本の満塁本塁打を放った。引退後は球団職員(営業担当)としてフロント入りし、球団に残る。高木大成 フレッシュアイペディアより)

  • 貝塚政秀

    貝塚政秀から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2004年は代打スタートだったが、驚異的な打率と意外なパンチ力を見せて5番を任されるようになる。アレックス・カブレラの故障離脱を受けて一塁を守り、チームトップの得点圏打率を記録するなど勝負強い打撃でカブレラの穴を埋めた。カブレラの復帰後も主に指名打者で出場し規定打席にも到達、初の打率3割をマークした。本塁打14本に加え、俊足を生かして8盗塁も記録した。貝塚政秀 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    6月14日、対オリックス・バファローズ戦でアレックス・カブレラに557試合目にしてプロ入り初のサヨナラ本塁打を浴びた。8月、北京オリンピック野球日本代表として出場したが、韓国代表の李承燁(巨人)に逆転本塁打を打たれるなど大会を通じて10失点、3試合で敗戦投手となった。帰国後はプロ野球史上初の10年連続の50試合登板を達成。また、ポストシーズンの無失点記録を22回1/3まで伸ばしている。12月、推定年俸4億3000万円(現状維持)で4年契約の契約更改を行った。岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上隼人

    堂上隼人から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    3月22日の北海道日本ハムファイターズ戦で1軍公式戦に初出場した。同シーズンは、スタメン出場2試合を含む7試合に出場し、初安打も記録した。1月にアレックス・カブレラの入団により、背番号が42から35に変更された。堂上隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 福地寿樹

    福地寿樹から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2007年オフ、埼玉西武ライオンズにFA移籍した石井一久投手の人的補償として、東京ヤクルトスワローズへ移籍することになった。同リーグ(日本ハム)でGMだった高田繁新監督の標榜するスピード野球に、福地の西武での活躍が合致していたことになる。プロテクトから福地を外した理由として、西武首脳陣は二軍から昇格した監督(渡辺久信)が就任したこともあって「若手を多く保護すること」を挙げていたが、元より「一軍に入れるかどうか」を基準としていたヤクルトとは若干の意識差があった模様である。結果として西武はオリックスへ移籍したアレックス・カブレラ、FA宣言で中日へ移籍した和田一浩に続き、準レギュラーに育てていた福地も失うこととなった。福地寿樹 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋村一輝

    嶋村一輝から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    5月13日に一軍昇格し、その際に清原和博から「自分の実力以上のものを出そうとせずにいつもと同じプレースタイルでやれ」とアドバイスされた。5月20日の対阪神戦で、アレックス・カブレラの体調不良に伴い6番・三塁手でスタメン起用されると、7回裏にジェフ・ウィリアムスからプロ初打点となる逆転決勝2点適時打を放ち、試合後にプロ入り初のヒーローインタビューを受けた。グレッグ・ラロッカ、大引啓次、後藤光尊らが故障離脱した影響もあり一軍に定着。一時は打率4割近くを打つなど打撃好調で、7月6日の対日本ハム戦では武田勝から人生初の2打席連続本塁打を記録。8月3日の対ソフトバンク戦ではパ・リーグ記録となる二塁手1試合9刺殺を記録。夏場に打率を落として8月中旬に二軍降格したものの、クライマックスシリーズには出場して、清原からバッティンググローブを貰い2安打を放った。シーズン成績は48試合に出場して打率.295、5本塁打と自己最高成績を記録し、名前の通り一気にブレイクした。二塁手、三塁手、遊撃手、外野手と4ポジションを守った。嶋村一輝 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    【NPB】オリックスからFA宣言していた後藤光尊内野手が残留を表明。一方、アレックス・カブレラ内野手は退団することが決定した。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • エディソン・バリオス

    エディソン・バリオスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    ベネズエラ時代に、後に同僚となるアレックス・カブレラの息子とバッテリーを組んだ経験がある。エディソン・バリオス フレッシュアイペディアより)

  • ミッチェル報告書

    ミッチェル報告書から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラ(2001年 - 2007年:西武、2008年 - 2010年:オリックス、2011年 - 2012年途中:ソフトバンク)ミッチェル報告書 フレッシュアイペディアより)

109件中 41 - 50件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード