110件中 41 - 50件表示
  • 高山久

    高山久から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は55試合出場、打率.263といずれも自己最高を記録。7月11日には延長10回に代打サヨナラ安打を放ち、7月16日には延長12回表に代打2点タイムリー三塁打を放ち、勝利に貢献した。7月19日のアレックス・カブレラ・和田一浩が共に不在だった試合では5番・指名打者として出場した。高山久 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本プロ野球

    2002年の日本プロ野球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    9月17日 - 西武のアレックス・カブレラが7月21日からこの日まで球団記録の49試合連続出塁2002年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    優秀選手賞:アレックス・カブレラ(西武) - 第3戦の逆転満塁本塁打など計3本塁打の活躍。2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    内野手:0仲澤忠厚、2今宮健太、5松田宣浩、9小久保裕紀、36明石健志、42アレックス・カブレラ、45李杜軒、46本多雄一、52川崎宗則2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    またセ・藤川球児vsパ・小笠原道大&アレックス・カブレラの全球真っ直ぐの力勝負には多くのプロ関係者が「名勝負」と称える勝負であった。その場にいた選手もあまりの凄さに唖然としていたという。2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    前年、日本一を成し遂げた巨人(読売ジャイアンツ)の原辰徳監督が全セ(セントラル・リーグ)を率い、パシフィック・リーグを制した伊原春樹監督が全パ(パシフィック・リーグ)を率いて戦った2003年のオールスターゲームは前半戦だけで60勝し、プロ野球の話題を独占した全セの阪神タイガース勢の活躍が光る試合内容となった。1戦は井川慶、2戦は伊良部秀輝が先発投手として全セを負けなしに引っ張った。打の方でも第2戦にジョージ・アリアス、金本知憲が勝負を決める本塁打を放った。一方の全パは2戦を通して3本塁打を放ったアレックス・カブレラが孤軍奮闘した。2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ヘクター・カラスコ

    ヘクター・カラスコから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    4月28日の対日本ハム戦でフェルナンド・セギノールに決勝3ランを浴びる等6失点を喫すると、翌日に二軍降格となった。だが、一軍復帰後は中継ぎとしてなかなかの投球を見せ、特に7月は20イニングで自責点はわずか1と抜群の安定感を見せた。53試合の登板で76イニングスの投球回からもわかるように、主にロングリリーフとして起用されていたが、続投が裏目に出て逆転を許す事もあった。対西武戦は、4月にかなり打ち込まれた上に、8月7日の試合では4点リードの8回表2死満塁に登板してここは凌ぐも、9回表はアレックス・カブレラとホセ・フェルナンデスに2ランを打たれて同点にされ、結局逆転負けを喫する等、11試合の登板で2勝5敗、防御率12.66(自責点15)とかなり相性が悪かった。ヘクター・カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • 豊島明好

    豊島明好から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    翌2009年3月17日のオリックス・バファローズとのオープン戦では6回表にグレッグ・ラロッカ、アレックス・カブレラ、タフィ・ローズ、ホセ・フェルナンデスの外国人カルテットに1イニング4本塁打を浴びるなど、低迷が続いた。その後も一軍出場が無く、10月1日に戦力外通告を受けた。本人は現役続行を望んでいたため合同トライアウトを受験する予定だったが、11月5日に自身のブログで現役引退と、横浜DeNAベイスターズの打撃投手就任を表明した。豊島明好 フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ディアス

    エディ・ディアスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    長打力強化のためオフにウエイトトレーニングを重点的に行い、同じベネズエラ出身のアレックス・カブレラからスイングをコンパクトにするようアドバイスを受けたこともあっては5月に8試合で9本塁打を記録するなど、打撃面で大きく成長した。この活躍で、アキレス腱痛でスタメンを外れていた新井貴浩からレギュラーの座を完全に奪い取り、7月には1試合3本塁打を放つなど好調を維持して後半戦は3番に定着。この年は打率.304、32本塁打を放ち、ルイス・ロペスとともにセ・リーグ初の両外国人3割30本塁打を達成し、ベストナインに選出される。エディ・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • 細川成也

    細川成也から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    高校時代に対外試合で通算63本塁打を記録したことから、「茨城の中田翔」「ハマのカブレラ」という異名を持つ右の長距離打者。DeNAへの入団後は、チームの主砲である左の長距離打者・筒香嘉智を「憧れの選手」に挙げている。また、50m走6秒2の俊足と、遠投100メートルの強肩の持ち主でもある。細川成也 フレッシュアイペディアより)

110件中 41 - 50件表示