110件中 51 - 60件表示
  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラとはメキシカン・リーグ時代からの旧知の仲である。また、李承燁とは韓国時代本塁打王を争っていた。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本シリーズ

    2002年の日本シリーズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    敢闘選手賞:アレックス・カブレラ(西武)-第1戦から2試合連続本塁打と3試合連続打点をマークし、1人気を吐く。2002年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ドミンゴ・マルティネス

    ドミンゴ・マルティネスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    第1戦こそ無安打だったものの第2戦に本塁打を放ち、その後も勝負強い打撃を披露して打ちまくり、すっかり「5番・指名打者」に定着した。「マルちゃん」のニックネームをつけられチームの人気者となり、打席に入ると観客席から「マルちゃん」コールが入っていた。1997年には指名打者としてベストナインに選出されている。1997年の日本シリーズでは、当時共にクリーンナップを打っていた高木大成、鈴木健と守れるポジションが被り、左翼手を守ることも検討されたが、あまりの守備のひどさに西武首脳陣は断念したという。翌1998年の日本シリーズでは、DH制のない第1、2、6戦では、すべて代打での登場であった。シリーズ終了後、2年連続で30本塁打、90打点を挙げたのにもかかわらず、走れない、守れない、そしてチームを若返りさせることを理由に西武を解雇された(しかし、マルティネスの退団以降西武はトニー・フェルナンデスを除いて出てくる外国人選手の不振が続き、2001年のアレックス・カブレラ、スコット・マクレーンの登場まで毎年長打不足に悩まされた)。ドミンゴ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • 12月24日

    12月24日から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    1971年 - アレックス・カブレラ、プロ野球選手12月24日 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    ''は、7月に一軍へ昇格し、小久保裕紀、アレックス・カブレラに代わりに一塁手として18試合スタメン出場した。途中からの守備起用も一塁手が35試合と多く、外野での起用は左翼手6試合、右翼手1試合だった。打率、出塁率ともに安定し、全25安打のうち三塁打を5本放った。明石健志 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    開幕から二塁手のレギュラーに定着。4月23日に自身が放った打球がチームメイトのアレックス・カブレラの足に直撃して戦線離脱させてしまい、自身も5月16日に右太もも裏肉離れのため出場選手登録を抹消され、早期回復を目指すも再発を繰り返す。9月15日の対福岡ソフトバンクホークス戦に代打として復帰出場して適時打を放ち、翌日にはソロ本塁打を放つ。9月17日の対ソフトバンク戦では1点ビハインドの9回裏に馬原孝浩から同点ソロ本塁打、延長10回裏にサヨナラ犠飛を放つなどの活躍もあったが、前年の半分以下の54試合の出場にとどまり、成績も落ち込んだ。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラ(西武ライオンズ、2004年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • 山本光将

    山本光将から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    熊本工高時代に通算61本塁打を記録し、「九州のカブレラ」と呼ばれる。山本光将 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤武敏

    後藤武敏から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    ''は故障で開幕に間に合わなかったアレックス・カブレラに代わり開幕戦で新人ながら4番打者に抜擢。前半は打率3割を超え、手首の強さを生かした打撃でクリーンナップに座った。後半に失速したが、101試合で11本塁打と新人ながら活躍した。後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • ドミンゴ・グスマン

    ドミンゴ・グスマンから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は自身初の2桁10勝を挙げてリーグ優勝に貢献した。しかし西武ライオンズとの日本シリーズ第3戦に先発するも先制点を与え5回4失点で降板した。ただしチームが一度は逆転したため負けはつかなかった。3勝3敗で迎えた第7戦にも先発し、2回までは無失点だったが3回に捉えられ、ホセ・フェルナンデスの適時打の後に井端弘和が送球をフェルナンデスに当ててしまいその間に走者が生還し3点目が入りここで降板した。その後2番手の山井大介が4番アレックス・カブレラに2ラン本塁打を打たれこの回5失点となった。最終的に2回2/3を4失点と第3戦の投球内容よりも悪化してチームは9回に2点を返すのが精いっぱいで日本一を逃した。ドミンゴ・グスマン フレッシュアイペディアより)

110件中 51 - 60件表示