109件中 51 - 60件表示
  • 竹原直隆

    竹原直隆から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    竹原は2011年3月時点でNPBに所属する野手の中では唯一の左投右打の野手である。元来は右利きであるが本人は「気付いたら左投げだった」と語っている。豪快なスイングが魅力で、その姿はアレックス・カブレラを彷彿とさせる。マリーンズ時代は、待望の和製大砲として同期入団の大松尚逸と共に将来のクリーンナップを担う逸材と言われ、ファンの期待も大きかった。長打力だけでなく俊足でもあり、2006年には二軍で8盗塁しており、時折代走でも起用される。竹原直隆 フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球13

    実況パワフルプロ野球13から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    外野手。主人公の1年後輩。追い込まれた時の勝負強さがある。パワフル高校の東條とは中学の同級生。豪快な性格で絵に描いたような野球バカ。実家は工務店で会社名がプリントされた手ぬぐいを頭に巻いている。バッティングフォームは(当時)西武ライオンズのアレックス・カブレラと同じ。特に突出した能力を持っているわけでもないためか代表編では東條・六道・久遠らのレベルの高さに弱気な一面を見せることも。実況パワフルプロ野球13 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    の春先は再び故障で出遅れたが、復帰後は直後に一軍へ昇格し、小久保とアレックス・カブレラが故障・不調によってスタメンから外れた試合では、一塁手としてスタメン出場をする機会が多かった。一塁手のスタメンが小久保の試合でも、後半に守備交代で出場したことも多い。また、内川聖一の欠場中は左翼手としての出場もあった。高い打率と出塁率を保ち、25安打中で5本が三塁打という結果も残している。明石健志 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は開幕から二塁手のレギュラーに定着。4月23日に自身が放った打球がチームメイトのアレックス・カブレラの足に直撃して戦線離脱させてしまい、自身も5月16日に右太もも裏肉離れのため出場選手登録を抹消され、早期回復を目指すも再発を繰り返す。9月15日の対ソフトバンク戦に代打として復帰出場して適時打を放ち、翌日にはソロ本塁打を放つ。9月17日の対ソフトバンク戦では1点ビハインドの9回裏に馬原孝浩から同点ソロ本塁打、延長10回裏にサヨナラ犠飛を放つなどの活躍もあったが、前年の半分以下の54試合の出場にとどまり、成績も落ち込んだ。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 小瀬浩之

    小瀬浩之から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    試合後のヒーローインタビューなどではノリの良さが垣間見られ、ユニークな発言を連発していた。アレックス・カブレラが後ろにいたのに気が付かず、突然もみあげを引っ張られ、「痛っ!」と叫んでチームメイトらに大笑いされるなど、オリックスの選手たちの間ではいじられキャラとしてよく登場していた。特に、年の近い大引啓次・坂口智隆と仲が良く、ファン感謝祭では3人で羞恥心のパロディとして「Bs羞恥心」を結成し、踊りを披露していた。小瀬浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤武敏

    後藤武敏から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は故障で開幕に間に合わなかったアレックス・カブレラに代わり開幕戦で「新人ながらいきなり4番に座る」という快挙を成し遂げた。前半は打率3割を超え絶好調で、手首の強さを生かした打撃でクリーンナップに座った。後半に失速したが、101試合で11本塁打と新人ながら活躍し、期待に応えた。後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝広

    中村勝広から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    その後も球団に残り、シニア・アドバイザー(SA)を経て球団本部長に就任し、2008年からは取締役も兼任し2009年まで務めた。2007年から2008年途中まで監督を務めていたテリー・コリンズは常々「足を使った機動力野球をやりたい」と語っていたが、コリンズ監督在任中にフロントが獲得したのはアレックス・カブレラ、古木克明、濱中治など、機動力野球とはほど遠い長距離打者ばかりであった。しかしタフィ・ローズ、カブレラは3番、4番で結果を残し、2008年に9年ぶりのAクラス入り(2位)に貢献した。中村勝広 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    大阪近鉄バファローズを含むセ・パ13球団から本塁打は、史上4人目(2011年5月22日時点での他の達成者は、フェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデス)谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 塩見貴洋

    塩見貴洋から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    初奪三振:同上、1回裏にアレックス・カブレラから空振り三振塩見貴洋 フレッシュアイペディアより)

  • T-岡田

    T-岡田から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は内野手登録となった。二軍で打率.295、21本塁打、59打点の成績で、ウエスタン・リーグ本塁打王と打点王の2冠に輝き、最高長打率も獲得。三振はワースト2位の71個、失策は一塁手ワーストの7個だった。またアレックス・カブレラの怪我により交流戦で一軍に抜擢され、3年ぶりに一軍出場を果たすも結果を残せず降格となった。しかし、2度目の昇格となる8月14日のソフトバンク戦でのプロ入り初本塁打を切っ掛けに最終的に7本塁打を放ち、以降最終戦まで一軍に帯同。打率こそ2割を大きく下回ったが、ヒットの3分の1が本塁打、チームトップクラスの飛距離と大器の片鱗を見せた。T-岡田 フレッシュアイペディアより)

109件中 51 - 60件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード