109件中 61 - 70件表示
  • 大石大二郎

    大石大二郎から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    監督代行に就くとそれまでのチーム方針を一変し、先発投手の1試合100球制限の撤廃、休日や早出の練習推奨などを打ち出し、また前監督が行わなかった二軍視察も積極的に行った。二軍からは小瀬浩之や森山周らを昇格させ梶本達哉を支配下登録するなど、積極的に若手を発掘するとともに細かな指導をしている。一方でタフィ・ローズとアレックス・カブレラの両ベテランには実績を尊重して自主的な調整を認め、両者も合わせて76本塁打、222打点の活躍で待遇に応えた。また同年限りで引退した清原和博についても、大差の場面では出さないなど起用方法には気を配っていた。大石大二郎 フレッシュアイペディアより)

  • パワプロクンポケット3

    パワプロクンポケット3から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    選手名および球団名は2001年度ペナントレース開幕当時のデータを搭載したものである。各チーム投手7人、野手14人の総勢252人の選手が収録されている。当時西武のアレックス・カブレラが「キャブレラ」となっている。パワプロクンポケット3 フレッシュアイペディアより)

  • 陣内智則

    陣内智則から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)では紀香との初デート話を語った。バッティングセンターで、陣内は極度の緊張で全く打てず、「タイミングあわせたら打てるよ」と逆にアドバイスを受け、陣内はその時の紀香の打法を見て「ズレータや!」と思ったらしい。そして結婚後、もう一度バッティングセンターに行ったら初デートよりは打てたが、紀香はさらにパワーアップしていて、陣内は「カブレラや!」と語った。なお、紀香本人は「この時点ではまだデートという意識はなかった」と婚約時の会見で述べている。陣内智則 フレッシュアイペディアより)

  • 高山久 (野球)

    高山久 (野球)から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は開幕を一軍で迎えたが、21試合で打率.207と一軍定着はならなかった。は55試合出場、打率.263といずれも自己最高を記録。7月11日には延長10回に代打サヨナラ安打を放ち、7月16日には延長12回表に代打2点タイムリー三塁打を放ち、勝利に貢献した。7月19日のアレックス・カブレラ・和田一浩が共に不在だった試合では5番・指名打者として出場した。高山久 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 田淵幸一

    田淵幸一から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    打席ではあくまで冷静で、毎年多くの四球を選ぶ選球眼も武器の一つ。通算本塁打474本は歴代11位(2012年シーズン途中現在)の記録であるが、田淵の特筆すべき点として、本塁打1本を打つのに要する打数の少なさが挙げられる。2011年シーズン終了時点で通算300本塁打を記録した選手は36人いるが、田淵の本塁打率(打数を本塁打で割った数字=本塁打1本を打つのに要する打数)は王貞治、アレックス・カブレラに次いで3番目に少ない。田淵幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 英智

    英智から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は李炳圭の加入でシーズン序盤は代打・代走・守備固めでの起用が多かったが、李の低迷や福留の戦線離脱、打撃好調ということもあり、中盤以降はスタメンでの起用が増加。4月19日の対阪神戦では代打逆転適時打を放ち、同じく代打で適時打を放った立浪と共にお立ち台に上がる。カウント2-1と追い込まれてから打ったことに「みんなと一緒でダメだと…。半分ダメっぽいと思いながらも、最後まで諦めないのが僕のベースボールスタイルなんで。かじりついて(食らいついて)いきました」と英智節を披露。そして、立浪と一緒のお立ち台に対して、「今日のお立ち台の写真は後からパネルにしてもらいたい。僕が小学校の頃、ナゴヤ球場で1000円しかお金無いのに1000円のテレホンカードを買ったのが立浪さんなんです。そういう方とお立ち台に立てて、野球やめた時にいい思い出になっていると思います」と、喜びを語っている。4月24日の対広島戦ではサヨナラ犠牲フライを放ったが、これは右翼手天谷宗一郎が一度捕球しながら落としたもので、エラーも記録されている。この日のお立ち台ではインタビュアーでは「皆が英智選手に期待してましたよ!」という問いに対して「僕はその前の谷繁(元信)さんの打席に期待していたので、僕はネクストで、バントが上手いこと決められなくて流れが悪いなと思って、ベルトの穴を締め直して、気合いを入れておきました」と発言。さらに「このお立ち台に立つことで、何を言うか決めていたというのはありませんか?」という問いに対しては「そんな余裕は…終わってからすぐだったので、でも嫁が男は無口な方がいいよって言ってたので、あまり喋らないようにします」と答えた。なおこの試合は、浅尾拓也がプロ初勝利を記録した試合である。6月8日、対西武戦で、9回表に中島裕之の2点本塁打で逆転された後の裏、2死一・二塁の打席で初球を狙いライト線への長打コースで2人のランナーが生還。サヨナラ勝ちでチームは3連敗から脱出することができた。お立ち台で「カブレラさん多分自打球で動けなかったんで、丁度間が浅かったんですけど、抜けて行きました」と発言して笑いを誘った後、「(この日のここまでの)3打席感じよくなかったので、英智のベースボールスタイルである、初球から思い切っていくっていう…」と答えた。ちなみに、ここで打ったヒットは逆転サヨナラ三塁打であり、一塁ランナーの森野将彦がホームに還る前に三塁に到達している。7月14日、対ヤクルト戦で、同点で迎えた7回裏1死二・三塁で三塁走者は英智。ヤクルト内野陣は補殺を狙った前進守備を敷き、打者タイロン・ウッズは注文通りの二ゴロ。にもかかわらず、英智は二塁手の田中浩康が本塁に投げるのを諦める程の判断の早さで本塁に突入し、勝ち越しのホームインとなった。試合後、英智は「7割は経験、3割はギャンブル。代走要員だった頃の経験が生きている」とコメントしている。8月19日の試合後(この日、ナゴヤドームで一軍戦で初めての本塁打を放つ)、「ボクには48のベースボールスタイルがある」と語っている。この数は相撲の決まり手(俗に言う「四十八手」)や漫画『キン肉マン』の「48の殺人技」と同じ数である(ただし、このコメントはヒーローインタビュー時ではなく、その後のベンチ裏で記者に答えたものである)。その後もヒーローインタビューなどでは様々な「英智のベースボールスタイル」の種類を語っている。しかし、9月26日の対巨人戦で肉離れを起こし、残りのシーズンを棒に振ってしまう(落合はその後のメンバーのやりくりについて「クラ(英智の愛称)の離脱が一番痛かった」と語っている)。シーズンオフに背番号が57から24へ変更されることが発表された。これは落合が「57ではケガが多いから」という理由からで(彦野利勝の項も参照)、新番号で心機一転を図って欲しいという願いがこめられている。また、5と7の付いていた2005年と2007年はケガをしている。英智 フレッシュアイペディアより)

  • 12月24日

    12月24日から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    1971年 - アレックス・カブレラ、プロ野球選手12月24日 フレッシュアイペディアより)

  • 55

    55から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    日本プロ野球のシーズン最多本塁打は王貞治、タフィ・ローズ、アレックス・カブレラの55本である。55 フレッシュアイペディアより)

  • 木村優太

    木村優太から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2011年8月24日、対福岡ソフトバンクホークス戦で一軍初登板を果たし、1イニングながら強打者の内川聖一、アレックス・カブレラから三振を奪うなど能力の高さを見せつけた。木村優太 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人枠 (日本プロ野球)

    外国人枠 (日本プロ野球)から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    例:郭泰源、タフィ・ローズ、アレックス・ラミレス、アレックス・カブレラ、ブライアン・シコースキー、許銘傑、ホセ・フェルナンデス外国人枠 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

109件中 61 - 70件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード