110件中 61 - 70件表示
  • エディソン・バリオス

    エディソン・バリオスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    ベネズエラ時代にアレックス・カブレラの息子とバッテリーを組んでおり、アレックスとはソフトバンクでの同僚となった。エディソン・バリオス フレッシュアイペディアより)

  • 細川亨

    細川亨から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は大半を二軍で過ごし、65試合に出場、178打数で.230、6本塁打だった。7月11日に長野オリンピックスタジアムで行われたフレッシュオールスターゲームに8番捕手で先発出場した。初回に竜太郎の内野安打で先制点を奪われたが、直後の二盗を阻止。2回の初打席は藤川球児からタイムリー安打を放った1。リーグ優勝でチームが祝杯を挙げた翌日の9月22日に一軍へ昇格。監督の伊原春樹は二軍監督鈴木葉留彦の推薦もあり、同日の対千葉ロッテマリーンズ戦で細川を8番捕手で先発出場させた。打撃では加藤康介の前にサードフライ、三振、サードゴロと無安打だった。守備では石井貴をリードし6イニングを無失点、三井浩二も1イニング無失点とし、8回から中嶋聡に交代したが、プロ初出場を完封リレーで繋ぎ勝利した。なお同日は主力のアレックス・カブレラ、和田一浩を欠いた試合であり、勝利したことで伊原春樹監督は新人監督プロ野球新記録の83勝を達成した。翌9月23日の対オリックス・ブルーウェーブ戦でも8番捕手で先発出場し、エース西口文也との初コンビだったが、2回の塩崎真の同点打で本塁突入した高見澤考史をブロックした際に右大腿上部を打撲して負傷退場し、翌9月24日に出場選手登録を抹消され、10月10日に一軍へ戻ったが、同年の一軍出場は2試合にとどまり、無安打に終わった。10月12日のファーム日本選手権で7番捕手として先発出場し、4回にダメ押しとなるタイムリー安打で3点目を奪ったが、4回まで無失点に踏ん張っていた帆足和幸が5回に6安打を浴び逆転され、バッテリーごと交代となった。細川亨 フレッシュアイペディアより)

  • ティミィ・キーナン

    ティミィ・キーナンから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラ似のルックスだったこともあって、周囲からは英語がしゃべれると思われていたが、週刊ベースボール誌のインタビューに対しては「実はオレ英語しゃべれないんスよ」と答えていた。ティミィ・キーナン フレッシュアイペディアより)

  • 大石大二郎

    大石大二郎から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    監督代行に就くとそれまでのチーム方針を一変し、先発投手の1試合100球制限の撤廃、休日や早出の練習推奨などを打ち出し、また前監督ができなかった二軍視察も積極的におこなう。二軍からは小瀬浩之や森山周らを昇格させ梶本達哉を支配下登録するなど、積極的に若手を発掘するとともに細かな指導をした。一方でタフィ・ローズとアレックス・カブレラの両ベテランには実績を尊重して自主的な調整を認め、その結果は二人合わせて76本塁打、222打点の活躍と待遇に応えるものであった。また同年限りで引退した清原和博についても、大差の場面では出さないなど起用方法には気を配った。大石大二郎 フレッシュアイペディアより)

  • チャンステーマ

    チャンステーマから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    元マイク・パグリアルーロ、元アレックス・カブレラ、元ホセ・フェルナンデスの応援歌チャンステーマ フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2007年12月13日にMLBの薬物使用実態調査「ミッチェル報告書」が公表され、現役、引退問わず89名の選手の名前が記載されている。バリー・ボンズ、ロジャー・クレメンス、アンディ・ペティット、ミゲル・テハダ、エリック・ガニエなど大物現役選手や、アレックス・カブレラ、ジェフ・ウィリアムスら日本のプロ野球に在籍経験のある選手も含まれている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    西武のアレックス・カブレラが西武ドームでの対日本ハム27回戦の46号本塁打を打ち、プロ野球通算150号本塁打を達成。2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノをはじめ、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、アレックス・ラミレス、エルネスト・メヒア、ホセ・ロペス、ロベルト・スアレスらがお馴染みの存在である。なかでもラミレスは日本プロ野球において初のベネズエラ人監督(中南米諸国を含めても初)となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • パワプロクンポケット3

    パワプロクンポケット3から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    選手名および球団名は2001年度ペナントレース開幕当時のデータを搭載したものである。各チーム投手7人、野手14人の総勢252人の選手が収録されている。当時西武のアレックス・カブレラが「キャブレラ」となっている。パワプロクンポケット3 フレッシュアイペディアより)

  • 金森栄治

    金森栄治から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    限りで現役引退し、ヤクルトの打撃コーチ補佐に就任。球団に打撃コーチ補佐として推薦したのは当時の野村監督で「あいつは選手に何も教えなくていい。ベンチにいてくれるだけでいい」と言わしめた程である。からは古巣・西武の一軍打撃コーチ補佐となり、和田一浩、アレックス・カブレラ、スコット・マクレーンを開花させ、金森栄治 フレッシュアイペディアより)

110件中 61 - 70件表示