109件中 71 - 80件表示
  • 松田宣浩

    松田宣浩から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    、4月17日の西武戦で自身初のサヨナラ本塁打を含む2本塁打を、20日と21日には2試合連続の本塁打(21日はホセ・オーティズとの2者連続本塁打)を放った。4月はリーグ2位の4本塁打、同2位のOPS1.014を残した。その後も打撃は好調で、松中信彦、小久保、アレックス・カブレラが相次いで離脱した9月25日以降は最終戦まで4番を任された。結果的に自身初めて全試合にフルイニング出場し(他にチーム内では川崎宗則・本多雄一も記録。1チーム3人の全試合フルイニング出場は2リーグ制以後、初の記録)、いずれも自己最高の打率.282、25本塁打、83打点、27盗塁、OPS.854を記録し、リーグ連覇に大きく貢献した。松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

  • ドーピング

    ドーピングから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2007年12月14日、2006年3月にメジャーリーグのバド・セリグコミッショナーから選手のドーピングに関する調査責任者の就任任命を受け調査を進めていた、ジョージ・J・ミッチェル元上院議員による調査報告書(ミッチェル・リポート)が発表され、その中でロジャー・クレメンス、バリー・ボンズ、ゲイリー・シェフィールド、ミゲル・テハダ、エリック・ガニエといった有名選手の疑惑が取り上げられた(メジャー・リーグ薬物使用疑惑)。同報告書には日本プロ野球でもプレーしたアレックス・カブレラ、ジェフ・ウィリアムス、アダム・リグスらの疑惑も記載されている。ドーピング フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    シーズン20本塁打到達スピード:42試合(1968年)※歴代4位、2001年にアレックス・カブレラ(38試合)に更新されるまでは歴代1位長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • タフィ・ローズ

    タフィ・ローズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2001年-03年、ローズはアレックス・カブレラと3年続けて本塁打王争いを繰り広げた。ローズは2001年・2003年と2度に渡ってカブレラを上回り、本塁打王を獲得した。2003年終盤には対西武ライオンズ戦で、近鉄のバッテリーがカブレラと勝負しなかったため、ベンチに帰ってからバッテリーに対して「俺に気を使っているなら(敬遠を)止めてくれ。そんなことまでして(本塁打王を)獲りたくない」と話した。その結果、直後の打席でカブレラは本塁打を放った。ローズはカブレラと仲が良く、試合後に食事に行っても「今回(2002年)はカブレラが本塁打王。俺は来年頑張れば良い。フェアに勝負していきたい」と語った。タフィ・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    【NPB】ソフトバンク内野手のアレックス・カブレラが退団。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2004年より西武監督に就任。伊東本人の引退、松井稼頭央のメジャー移籍、アレックス・カブレラの死球による長期離脱などで苦戦が予想されたが、伊東の穴を細川亨が、松井の穴を中島裕之が、カブレラの穴をロッテから移籍したホセ・フェルナンデスが埋めたことにより、チームはレギュラーシーズン2位からプレーオフ、日本シリーズを勝ち進み、2年ぶりのリーグ優勝、12年ぶりの日本一を達成。現役引退後即監督となったのは5人(藤田宗一、稲尾和久、長嶋茂雄、広瀬叔功、有藤道世)いるが、いずれも成績は5位か最下位(藤田、有藤が5位、稲尾、長嶋、広瀬が6位)しかなく、このジンクスを破っての快挙だった。この年の中日との日本シリーズは「レオ流」対落合の「オレ流」決戦と言われた。伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2008年に一塁手部門で受賞したアレックス・カブレラは40票を獲得したが、実際には「該当者なし」が53票と最多であった(投票総数・有効投票数ともに143票)。ゴールデングラブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・バルボン

    ロベルト・バルボンから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    性格が明るく、「チコ」と呼ばれて親しまれた。在籍中に日本語(関西弁)をマスターし、祖国でキューバ革命が起こり冷戦終結までの間帰国が困難になったこともあって、引退後も日本で生活を続けた。本人によれば、結局1955年の来日後キューバには1回しか帰っていないという。ボビー・マルカーノが阪急に入団した、スペイン語通訳の仕事で阪急に復帰。以後も阪急・オリックスを通じて球団職員として勤務。現在はオリックス・バファローズが運営する少年野球教室「オリックス・ベースボール・アカデミー」顧問。2005年にはNPB12球団ジュニアトーナメントにオリックスJr.監督として出場した。野球エージェントとなっているブーマー・ウェルズの通訳なども務めた事がある。アレックス・カブレラのオリックス移籍後のからは、カブレラの通訳兼教育係として元気な姿を見せている。ロベルト・バルボン フレッシュアイペディアより)

  • 一三

    一三から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    趣味は、波乗り、ちゃりんこ、徘徊、呆け、バッティングセンター荒らし、阪神応援(但し、ソフトバンク、アレックス・カブレラ、元近鉄、ラルフ・ブライアントFAN)。一三 フレッシュアイペディアより)

  • 松中信彦

    松中信彦から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は故障の影響、内川聖一とアレックス・カブレラの加入による競争の激化もあり、出場は88試合にとどまる。開幕からしばらくは代打のみの出場が多かったが、内川聖一の故障離脱の際には3番に定着し、規定打席には届かなかったものの打率.308を記録するなど、出場した試合では結果を残した。4月14日には史上48人目となる3000塁打を達成。11月4日のクライマックスシリーズ第2戦では8回に代打満塁ホームランを放った。松中信彦 フレッシュアイペディアより)

109件中 71 - 80件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード