109件中 81 - 90件表示
  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラとはメキシカン・リーグ時代からの旧知の仲である。また、オリックスの李承燁とは韓国時代本塁打王を争っていた。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    はWBC日本代表に選ばれ、球界の先輩で同じ背番号の里崎智也に配慮して24をつけた。対アメリカ戦ではアレックス・ロドリゲスのバットを直球で折った。シーズンに入ると前年同様に中継ぎでスタートしたが、6月に抑えの久保田智之が怪我で離脱したことに伴い、抑えに定着。7月4日の対横浜戦で35試合連続無失点と豊田清が持っていた日本記録を更新。7月11日には小山正明が持つ47イニング連続無失点の球団記録を更新。翌7月12日の対広島戦で失点し、連続無失点試合数は38、連続イニング無失点記録は47回2/3で途切れた(開幕からの連続無失点記録は佐々木主浩の24試合)。7月21日のオールスター第1戦では登板前に「野球漫画のような世界を創りたい」と話し、先頭打者のアレックス・カブレラの投球前に、打者に対してオールストレートを予告する。結果は一回もバットに当てさせず空振り三振に取る。続く小笠原道大に対しても、全て直球で投じて空振り三振に打ち取った。7月23日の第2戦では、同年からオリックス・バファローズに移籍した清原と再び対決。全て直球で空振り三振に取り、清原は「参った、火の玉や」とコメントした。同年は阪神と中日が優勝を争う状況だったが、阪神はオールスター終了後の7月下旬以降なかなか勝てず、堅実に勝ち星を積み重ねる中日に8月下旬には9ゲーム差まで差を広げられた。8月12日に首の寝違えにより登録抹消されていた藤川は8月27日の対巨人戦で8回から復帰後初登板して勝利投手となりお立ち台に立つと、マスメディアからの批判やファンの野次に対して「選手も必死でやっているということを分かって下さい」と涙を流しながらコメントした。同年は2年連続の最優秀中継ぎ投手を獲得する。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2007年12月13日に米国MLBの薬物使用実態調査「ミッチェル・リポート」が公表され、現役、引退問わず89名の選手の名前が記載されている。バリー・ボンズ、ロジャー・クレメンス、アンディ・ペティット、ミゲル・テハダ、エリック・ガニエなど大物現役選手や、アレックス・カブレラ、ジェフ・ウィリアムスら日本のプロ野球に在籍経験のある選手も含まれている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    自由契約となったラミレスに対し、右の大砲を探していた巨人とオリックス・バファローズが獲得を検討していたが、オリックスはアレックス・カブレラを獲得したため、巨人が獲得した。推定年俸は5億円(契約年数2年、総額10億円)。ラミレスは以前から「巨人では外国人選手が大変な思いをしている」と聞かされていたため、巨人は一番行きたくないチームだったが、巨人がラミレス自身が希望する複数年契約を提示したことに加え、ラミレス自身が原辰徳の指揮に以前から興味を持っていたこともあって巨人入りを決めたという。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    試合を離れれば穏やかで笑顔を絶やさない性格であるが、一方で投手や捕手に詰めよったり審判に対する暴言や侮辱行為によって退場を宣告されることが多く現役の日本人選手としては最多の通算6回の退場処分を受けている。外国人選手を含めてもアレックス・カブレラの7回(西武5回、オリックス2回)に次いで2番目に退場数が多い。選手として在籍して3球団で退場処分を受けたのは、日本プロ野球でタフィ・ローズと山?の2名だけである。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    優秀選手賞:アレックス・カブレラ(西武)、和田一浩(西武)、谷繁元信(中日)2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ズレータ

    フリオ・ズレータから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2004年限りで消滅した大阪近鉄を含む13球団からの本塁打は、史上2人目(2011年5月22日時点での他の達成者は、フェルナンド・セギノール、アレックス・カブレラ、谷佳知、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデス)フリオ・ズレータ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・セギノール

    フェルナンド・セギノールから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    2004年限りで消滅した近鉄を含む13球団からの本塁打は初(他の達成者はフリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、谷佳知、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデスの6人)フェルナンド・セギノール フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ブラゼル

    クレイグ・ブラゼルから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    は、実に3年ぶりとなるメジャーリーグでの試合出場を果たしたが、わずか5試合の出場に終わり、放ったヒットも1本だけであった。一方マイナーでは2A級ウィチタ・ラングラーズで7本塁打、3A級オマハ・ロイヤルズで32本塁打を放ち、通算で39本の本塁打を記録し、この年のマイナーリーグ全体の本塁打王となった。12月4日、埼玉西武ライオンズへの入団が発表された。推定年俸1億円の1年契約。オリックス・バファローズに移籍したアレックス・カブレラの穴を埋める選手として期待され、背番号もカブレラの42を受け継いだ。クレイグ・ブラゼル フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアレックス・カブレラアレックス・カブレラ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

109件中 81 - 90件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード