129件中 31 - 40件表示
  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た千葉ロッテマリーンズ

    は3度目の打率3割、リーグ3位の92打点、36本塁打を記録。リーグ最多の15敬遠(2位はフリオ・ズレータらの6)と、勝負を避けられる場面も目立った。6月3日の対横浜戦(インボイスSEIBUドーム)の2回、三浦大輔から放った打球はレフトの屋根に当たって左中間のグランドに落ちた。これはインボイスSEIBUドームのグラウンドルールにより認定本塁打とされた。打球が直撃した屋根の鉄骨部分には記念プレートが取り付けられた。7月11日の対ロッテ戦(インボイス)の2回に小林宏之から来日200号本塁打を放つ。538試合での200本塁打はラルフ・ブライアント(元近鉄)の578試合を大きく更新する最速記録となった。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た大阪近鉄バファローズ

    、3月のオープン戦で大阪近鉄バファローズの山村宏樹から死球を受け右腕を骨折、前半戦の大半を棒に振ったが、驚異的な回復力で4ヶ月後の6月後半に復帰し、64試合の出場で25本塁打。更に同年より導入されたパ・リーグのプレーオフでも北海道日本ハムファイターズとの第1ステージ第3戦に逆転満塁本塁打を放つなどリーグ優勝に貢献、中日ドラゴンズとの日本シリーズでも3本塁打を放った。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た吉川勝成

    100本塁打:2002年9月13日、対大阪近鉄バファローズ25回戦(大阪ドーム)、9回表に吉川勝成から左越2ラン ※史上224人目(247試合目で達成、ラルフ・ブライアントに次いで史上2位の速度)アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見たドミンゴ・グスマン

    1000本安打:2008年7月10日、対東北楽天ゴールデンイーグルス14回戦(クリネックススタジアム宮城)、3回表にドミンゴ・グスマンから中前適時打 ※史上251人目アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た伊藤剛 (野球)

    150本塁打:2003年9月14日、対日本ハムファイターズ27回戦(西武ドーム)、4回裏に伊藤剛から右中間へソロ ※史上126人目(380試合目で達成、史上最速)アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た山村宏樹

    、3月のオープン戦で大阪近鉄バファローズの山村宏樹から死球を受け右腕を骨折、前半戦の大半を棒に振ったが、驚異的な回復力で4ヶ月後の6月後半に復帰し、64試合の出場で25本塁打。更に同年より導入されたパ・リーグのプレーオフでも北海道日本ハムファイターズとの第1ステージ第3戦に逆転満塁本塁打を放つなどリーグ優勝に貢献、中日ドラゴンズとの日本シリーズでも3本塁打を放った。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た小山伸一郎

    1000三振:2010年7月30日、対東北楽天ゴールデンイーグルス16回戦(クリネックススタジアム宮城)、9回表に小山伸一郎から ※史上49人目アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見たファン・ランダエタ

    は小笠原と同点(100打点)で、自身初となる打点王のタイトルを獲得した。三冠王を狙える位置にいたが、本塁打は小笠原に1本及ばず、打率は松中信彦に9厘及ばずにどちらも2位だった。8月7日の対日本ハム戦で木下達生から2ラン本塁打を放ち、木下が亀田興毅に似ていることから、8月2日のボクシング世界戦の亀田対ランダエタ戦での借りを返したという報道があった(カブレラとランダエタはベネズエラの同郷だったため)。なお、ボクシングの試合の翌日である3日には、報道陣に対して「アンビリーバブルな判定だ!」と声を荒らげていたが、「知り合いなのか?」と記者団に聞かれると「実は全然知らない」と苦笑していた。シーズン中、スポーツ紙でたびたび移籍を考える発言をし、巨人や中日といったセ・リーグの球団に売り込むような発言が目立ったが、2007年の9月に「契約がまとまれば生涯西武でもいい、またこのチームで現役を終えたい」など以前の確執は解消されたような報道がされた。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た岸孝之

    350本塁打:2011年5月14日、対埼玉西武ライオンズ5回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、2回裏に岸孝之から中越ソロ ※史上25人目(1169試合目での達成、史上最速)アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た岡本晃

    は6月に腰痛で出場登録を抹消。前年に比べ本塁打のペースが上がらなかったが、7月1日から来日初の4打席連続本塁打を放つなど7月は11本塁打を放ち、8月に15本塁打、9月に10本塁打を記録し史上初の3カ月連続2桁本塁打を記録した。9月10日のダイエー戦で史上最速のペースで球団新記録となる50号を達成し、3日後には51本目の本塁打を放ち打率.335、109打点で初めて三冠1位となった。135試合目(出場は123試合目)となる10月2日の近鉄戦(西武ドーム)で岡本晃からソロ本塁打を放ち、王貞治とタフィ・ローズが有していた当時の日本タイ記録となるシーズン55本塁打に並んだ。このシーズンは高めにストライクゾーンが広がるいわゆる新ストライクゾーン導入もあり(同年限りで廃止)、リーグ打率は00年代ではもっとも低い.255、リーグ総本塁打数も前年から150本以上減少するなど打低化が顕著であったにも関わらず、打率.336(リーグ2位)、55本塁打(リーグ1位)、115打点(リーグ2位)、四球数100(リーグ1位)、出塁率.467(リーグ1位)、長打率.756(リーグ1位)、OPS1.223(リーグ1位)を記録するなど好成績を収めて西武のリーグ優勝に大きく貢献し、パ・リーグMVPにも輝いた。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは全試合4番でスタメン出場。このシリーズで西武は巨人に4連敗のストレート負けを喫したものの、カブレラは第1戦で上原浩治、第2戦で岡島秀樹から二試合連続本塁打を放ち、このシリーズで大きく低迷した西武打線の中で一人気を吐き、敢闘選手賞を受賞した。日米野球第6戦の試合前には米紙記者に対して「エージェントが今、4チームと話をしている」と発言。カンザスシティ・ロイヤルズ、アトランタ・ブレーブス、オークランド・アスレチックス、ボルチモア・オリオールズの名前を挙げ「できれば来年メジャーに行きたい。けれども日本にいる可能性もあるから…」と発言していたが、最終的に西武に残留。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示