102件中 71 - 80件表示
  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た2002年の日本シリーズ

    日本シリーズ敢闘賞:1回 (2002年アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見たパシフィック・リーグ

    6月に腰痛で出場登録を抹消。前年に比べ本塁打のペースが上がらなかったが、7月1日から来日初の4打席連続本塁打を放つなど7月は11本塁打を放ち、8月に15本塁打、9月に10本塁打を記録し史上初の3カ月連続2桁本塁打を記録した。9月10日のダイエー戦で史上最速のペースで球団新記録となる50号を達成し、3日後には51本目の本塁打を放ち打率.335、109打点で初めて三冠1位となった。135試合目(出場は123試合目)10月2日西武ドームでの近鉄戦で岡本晃から王貞治、タフィ・ローズの日本記録と並ぶ55号ソロ本塁打を放った。このシーズンは高めにストライクゾーンが広がるいわゆる新ストライクゾーン導入もあり(この年のみで廃止)、リーグ打率は00年代ではもっとも低い.255、リーグ総本塁打数も前年から150本以上減少するなど打低化が顕著であったにも関わらず、打率.336(リーグ2位)、55本塁打(リーグ1位)、115打点(リーグ2位)、四球数100(リーグ1位)、出塁率.467(リーグ1位)、長打率.756(リーグ1位)でのOPS1.223(リーグ1位)を記録するなど圧倒的な成績を収め、傑出度でも歴代屈指の成績だった。日本シリーズでは2試合連続本塁打を放ち、敢闘賞を受賞した。また、パ・リーグMVPにも輝いた。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:5回 (2001年 - 2003年、2006年 - 2007年)アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た福岡ドーム

    350本塁打:2011年5月14日、対埼玉西武ライオンズ5回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、2回裏に岸孝之から中越ソロ ※史上25人目(1169試合目での達成、史上最速)アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た麻薬取締局

    2007年12月13日、ミッチェル報告書の中で薬物使用の疑いがある選手として名前が挙げられた。それによると、カブレラがダイヤモンドバックスに在籍した2000年9月、球団のクラブハウスに届いたカブレラ宛の荷物にアナボリックステロイドと数百錠の錠剤(後に市販の痩せ薬であることが判明)があるのをクラブハウス係員が発見。カブレラには荷物が紛失したことにしてコミッショナー事務局に報告した。その後、事務局から依頼された麻薬取締局が薬物を検査している間に、選手契約が西武ライオンズに譲渡されたとしている。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た宮城球場

    1000本安打:2008年7月10日、対東北楽天ゴールデンイーグルス14回戦(クリネックススタジアム宮城)、3回表にドミンゴ・グスマンから中前適時打 ※史上251人目アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た横浜DeNAベイスターズ

    3度目の打率3割、リーグ3位の92打点、36本塁打を記録。リーグ最多の15敬遠(2位はフリオ・ズレータらの6)と、勝負を避けられる場面も目立った。6月3日の対横浜戦(インボイスSEIBUドーム)の2回、三浦大輔から放った打球はレフトの屋根に当たって左中間のグランドに落ちた。これはインボイスSEIBUドームのグラウンドルールにより認定本塁打とされた。推定飛距離は180mとも言われ、日本最長飛距離の本塁打とも言われている。打球が直撃した屋根の鉄骨部分には記念プレートが取り付けられた。7月11日の対ロッテ戦(インボイス)の2回に小林宏之から来日200号本塁打を放つ。538試合での200本塁打はラルフ・ブライアント(元近鉄)の578試合を大きく更新する最速記録となった。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見たOPS (野球)

    6月に腰痛で出場登録を抹消。前年に比べ本塁打のペースが上がらなかったが、7月1日から来日初の4打席連続本塁打を放つなど7月は11本塁打を放ち、8月に15本塁打、9月に10本塁打を記録し史上初の3カ月連続2桁本塁打を記録した。9月10日のダイエー戦で史上最速のペースで球団新記録となる50号を達成し、3日後には51本目の本塁打を放ち打率.335、109打点で初めて三冠1位となった。135試合目(出場は123試合目)10月2日西武ドームでの近鉄戦で岡本晃から王貞治、タフィ・ローズの日本記録と並ぶ55号ソロ本塁打を放った。このシーズンは高めにストライクゾーンが広がるいわゆる新ストライクゾーン導入もあり(この年のみで廃止)、リーグ打率は00年代ではもっとも低い.255、リーグ総本塁打数も前年から150本以上減少するなど打低化が顕著であったにも関わらず、打率.336(リーグ2位)、55本塁打(リーグ1位)、115打点(リーグ2位)、四球数100(リーグ1位)、出塁率.467(リーグ1位)、長打率.756(リーグ1位)でのOPS1.223(リーグ1位)を記録するなど圧倒的な成績を収め、傑出度でも歴代屈指の成績だった。日本シリーズでは2試合連続本塁打を放ち、敢闘賞を受賞した。また、パ・リーグMVPにも輝いた。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た自由契約

    10月30日、西武ライオンズがカブレラとの翌年の契約を結ばない方針であることが明らかになり、11月30日付で自由契約公示された。自由契約後はオリックス・バファローズが獲得に乗り出し交渉を行ったが、薬物疑惑(後述)により交渉は難航した。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た中華職業棒球大聯盟

    1999年に台湾の中華職棒でプレーした後、同年末にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結ぶ。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「アレックス・カブレラ」のニューストピックワード