アレックス・ラミレス ニュース&Wiki etc.

アレックス・ラミレス(Alex Ramírez, 1974年10月3日 -) 、本名:アレキサンダー・ラモン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez)は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アレックス・ラミレス」のつながり調べ

  • 山田哲人

    山田哲人から見たアレックス・ラミレス

    ''は開幕前の2月16日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出された。3月10日の第1戦に「8番・一塁手」で先発出場した。3月11日の第2戦でも「2番・二塁手」で先発起用され、レスリー・ナカルから本塁打を記録している。シーズンでは序盤の3、4月は打率.269と苦しんだものの、5月以降は安定して3割以上の打率を記録した。7月中旬からは3番打者として固定され、2番の川端慎吾、4番の畠山和洋と共に強力な上位打線を形成した。8月22日の対中日戦で3打数連続本塁打を放ち、前日の最後の打席から通算してプロ野球タイ記録となる4打数連続本塁打を記録。この連続本塁打で今季の本塁打を31本とし、自身初の30本塁打をクリアした。9月6日の対広島戦では30個目の盗塁となる二盗を決め、トリプルスリーに王手をかけた。チームで唯一全試合フルイニング出場を果たし、打率.329、38本塁打、100打点、34盗塁といずれもキャリアハイの成績を残し、2002年の松井稼頭央以来、プロ野球史上9人目、球団では初のトリプルスリーを達成した。23歳での達成はセントラル・リーグ最年少記録である。トリプルスリー・100打点の同時達成は1950年の別当薫・岩本義行以来、65年ぶりであり、プロ野球史上3人目。月間MVPは7月〜9月の3ヶ月連続で受賞した。セ・リーグ野手での月間MVP3ヶ月連続受賞は2007年のアレックス・ラミレス(2007年7月?9月)以来となる快挙だった。打率・安打数・打点はそれぞれリーグ2位を記録した他、本塁打王、盗塁王、最高出塁率の打撃タイトルを獲得し、優勝したヤクルト打線の中心となる活躍を見せた。本塁打王と盗塁王の同時獲得と、トリプルスリーを達成しつつ盗塁王を獲得するのは、ともに史上初である。日本シリーズ(対福岡ソフトバンクホークス)では第3戦で日本シリーズ史上初の1試合3打席連続本塁打を記録。チームは1勝4敗で敗退したものの自身は日本シリーズ敢闘賞を受賞。NPB AWARDSでは、2年連続となるベストナインとセ・リーグMVPに選出された。(山田哲人 フレッシュアイペディアより)

  • 網谷圭将

    網谷圭将から見たアレックス・ラミレス

    には、春季キャンプのスタートを二軍で迎えたが、キャンプ中に一軍の紅白戦へ出場。この試合で2安打を放ったことを、一軍監督のアレックス・ラミレスから高く評価されたため、キャンプの後半から一軍へ合流した。しかし、合流5日目にKBO・SKワイバーンズとの練習試合で安打を放った際に、左手の有鉤骨を骨折。3月に患部の手術を受けると、夏場まで実戦に復帰できなかった。結局、イースタン・リーグ公式戦には19試合へ出場。8試合で三塁手、6試合で捕手に起用されたが、打撃面では打率.184、5打点という成績にとどまった。支配下登録選手への移行にも至らなかったが、シーズン終了後には、フェニックス・リーグや台湾でのウインターリーグへ派遣。育成選手としては異例の扱いにもかかわらず、スイングの鋭さで一軍首脳陣からの評価が急速に上昇した。網谷自身も、このような評価を背景に、秋季キャンプで三塁の守備練習にも取り組んでいる。(網谷圭将 フレッシュアイペディアより)

「アレックス・ラミレス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード