前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
170件中 1 - 10件表示
  • 熱き星たちよ

    熱き星たちよから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    横浜DeNAベイスターズとなった初年である2012年(平成24年)、同年のシーズンより監督に就任した中畑清と、三浦大輔、森本稀哲、高崎健太郎、石川雄洋、アレックス・ラミレスの所属選手5名が歌唱する「2012バージョン」が発表された。DeNAの球団買収当初は新球団歌の制定も検討されたが、球団のキャッチフレーズとして「継承と革新」を掲げるに当たり本曲の継続使用が決定されたものである。編曲・プロデュースは豊島吉宏(Maestro-T名義)が担当している。熱き星たちよ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    投手陣は川崎がFAで中日に移籍、伊藤智、新外国人アラン・ニューマン、ジョナサン・ハーストらの故障離脱で先発投手が不足する中、石井一久以外、新しい投手陣に様変わり。2年目の藤井秀悟が14勝を挙げ最多勝、巨人を解雇されテスト入団の入来智とオリックスを解雇されテスト入団2年目の前田浩継の「リストラ組」もそれぞれ10勝、7勝とローテーションを支え、横浜を解雇された島田直也がチーム2位の52試合に登板。打線も、本塁打と打点の2冠のロベルト・ペタジーニ、打率2位の古田を筆頭にレギュラー8人(他は真中満、宮本慎也、稲葉篤紀、岩村明憲、アレックス・ラミレス、土橋勝征)が全て規定打席到達という安定ぶりで、この年のみ採用の「勝利数優先」の順位決定方式を逆手に取り、巨人を振り切り4年ぶりのリーグ優勝。若松は球団生え抜きとして初の優勝監督となった。日本シリーズでは大阪近鉄バファローズと対戦。近鉄自慢の「いてまえ打線」を封じ込めて4勝1敗で4年ぶりの日本一を達成。オフに石井一久が大リーグのロサンゼルス・ドジャースに移籍した。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス・ジュニア

    アレックス・ラミレス・ジュニアから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    横浜DeNAベイスターズ監督のアレックス・ラミレスは義理の父。アレックス・ラミレス・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    4月12日のヤクルト戦(宇部市野球場)で「6番・中堅手」として自身初の開幕スタメンに名を連ね、押本健彦から3点本塁打を含む5打数3安打5打点の活躍を見せる。7月14日の阪神戦では、前日の死球の影響でスタメンを外れたアレックス・ラミレスに代わり、巨人の第75代4番打者として先発出場を果たす。そして、シーズン終盤にかけては、阪神のマートンと熾烈な首位打者争いを展開。最終戦である10月22日の横浜戦では、1点ビハインドの9回裏無死満塁の場面で山口俊からプロ野球史上8人目となる代打逆転サヨナラ満塁本塁打を記録し、首位打者を決定づけた(巨人の入団2年目での首位打者獲得は、の長嶋茂雄以来、52年ぶり3人目。また、巨人の選手の首位打者は2009年のアレックス・ラミレス以来2年ぶりだが、日本人選手に限定すると2001年の松井秀喜以来10年ぶりで、日本人右打者だと1971年の長嶋茂雄以来40年ぶりである。)。このサヨナラ本塁打でサヨナラ賞を受賞、またセ・リーグ通算1000本目の満塁本塁打となった。この年は統一球導入の影響により多くの選手が打率低下に苦しんだが、打率.316、17本塁打、OPS.847と好成績を収めた。また、自身初となるベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の読売ジャイアンツ

    2010年の読売ジャイアンツから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    4月1日 - アレックス・ラミレスが対横浜戦(横浜)で今季初本塁打を放ち、日米通算300本塁打と外国人選手最多の通算9満塁本塁打2010年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の横浜DeNAベイスターズ

    2013年の横浜DeNAベイスターズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    4月6日 - アレックス・ラミレスが対ヤクルト戦(明治神宮野球場)で、外国人選手初(プロ野球史上42人目)となる通算2000本安打を本塁打で達成2013年の横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ガイエル

    アーロン・ガイエルから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    開幕当初は一ヶ月で2割そこそこの打率にわずか2本塁打と、期待外れの低調なスタートだった。バットをほとんど振らず四死球が非常に多く、低打率とかけ離れた高出塁率が話題になり、4月の終わりには1番を任された時期もあった。しかし5月には3割近い打率と8本塁打を打ち、5月後半からシーズン最後まで、過去数年間4番を打っていたアレックス・ラミレスを3番にし、4番を任された。8月1日の対阪神13回戦の5回表には、1イニング2死球のプロ野球最多タイ記録をマーク。衣笠祥雄が8月31日の中日戦で記録して以来、31年ぶり2度目の記録となる。最終的にシーズン最多記録にあと1個と迫る23死球であった。9月以降に11本塁打を放つ活躍を見せた(ただし打点は15と少なかった)。本塁打王争いでは村田修一を1本差で追いかけ、シーズン最後の2試合はその村田のいる横浜戦であった。ガイエルは最終戦で2四球と勝負を避けられてしまい、本塁打王まであと1本の35本塁打でシーズンを終了した。また、10月7日の対広島戦・古田敦也選手兼任監督の引退試合では平凡なショートフライを打った際にボールが風に煽られ遊撃手の梵英心が深追いし左翼手の井生崇光と激突し落球。ボールはそのままフェンス前まで転がり、その間にガイエルはホームインし34号ランニングホームランとなる。記録は「左ゴ本」。また、来日してからそれほど足の速さを伺えるようなプレーを一切していなかった為、このランニングホームランの際に野球中継では凄まじいスピードでダイヤモンドを駆け抜けるガイエルの姿が映し出された。打率は結局シーズン通して.250前後と低いままだったが、四死球が非常に多く(四球リーグ2位、死球リーグトップ)、リーグ32位の打率.245ながら出塁率.381はリーグ4位だった。また、来日1年目でヤクルト以外の11球団から本塁打を打った。20本塁打以上で翌年も契約延長になる条項で契約しており、も残留する事となった。アーロン・ガイエル フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    4月21日 - ヤクルトのアレックス・ラミレスが対中日戦(神宮)の5回に吉見一起からNPB史上244人目の通算1000安打2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    4月1日 - 巨人のアレックス・ラミレスが対横浜戦(横浜)で今季初本塁打を放ち、日米通算300本塁打と外国人選手最多の通算9満塁本塁打2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    4月6日 - DeNAのアレックス・ラミレスが対ヤクルト戦(明治神宮野球場)で、外国人選手初(プロ野球史上42人目)となる通算2000本安打を本塁打で達成2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
170件中 1 - 10件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード