170件中 91 - 100件表示
  • デーブ・ロバーツ (1933年生の内野手)

    デーブ・ロバーツ (1933年生の内野手)から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    1960年代の助っ人外国人選手の中では成績はトップクラスで、アトムズには、計6年半在籍した。ヤクルト(前身の国鉄、サンケイも含む)に入団した外国人の在籍期間としては、アレックス・ラミレスがに並ぶまでトップ、また同球団での本塁打数「181」もラミレスに破られるまでは外国人記録であった。デーブ・ロバーツ (1933年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤拓郎 (野球)

    伊藤拓郎 (野球)から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    以降は一軍公式戦への登板機会がなく、10月3日に球団から戦力外通告を受けた。通告後には、2度にわたって12球団合同トライアウトに参加。NPB加盟球団からの獲得オファーがなかった一方で、11月22日には、BCリーグの富山サンダーバーズが伊藤の獲得に乗り出すことが報じられた。12月2日に、自由契約選手としてNPBから公示、同月27日には、BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスが伊藤の獲得を発表した。群馬への入団に至った背景には、DeNA時代のチームメイトで、当時群馬のシニアディレクターを務めていたアレックス・ラミレスからの勧めがあったという。伊藤拓郎 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 篠塚和典

    篠塚和典から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    試合前の練習風景では、監督の原辰徳や打撃コーチの村田真一が若手・中堅選手を担当しているのに対して、不調時の小笠原道大やアレックス・ラミレスなどの主軸打者と笑顔でトスバッティングの相手を務める様子が映っている。また、シーズン前半に打撃不振に陥っていたエドガー・ゴンザレスは、7月末頃から好調になったことについて8月13日の対横浜戦後のヒーローインタビューで問われた際に、「篠塚コーチとの打撃練習がいい形で実を結んでいる」と語った。結果的に篠塚コーチ時代にはチーム打率は常にリーグ上位だった。篠塚和典 フレッシュアイペディアより)

  • 星野伸之

    星野伸之から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2000奪三振:2001年8月1日、対ヤクルトスワローズ18回戦(阪神甲子園球場)、9回表にアレックス・ラミレスから ※史上17人目星野伸之 フレッシュアイペディアより)

  • アルフレド・デスパイネ

    アルフレド・デスパイネから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2009 - シーズンは、初の首位打者(.404)と本塁打王(31本)の二冠、打点もリーグ2位を記録した。7月には、東京で開催された第5回世界大学野球選手権大会のキューバ代表に選出された。決勝戦のアメリカ戦では、2本塁打4打点を記録した。この大会では、MVPを獲得。10月に開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップのキューバ代表にも選出された。またこの大会においてアレックス・ラミレスからZETTのグローブとバットをもらって「なんてすばらしいバットなんだ」と大喜びしている。アルフレド・デスパイネ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2013年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    7月は14勝6敗1分で、月間勝率.700となり、7月終了時点でのシーズン成績は52勝36敗1分、勝率.591で1位となった。楽天は「勢いを加速させた」。田中は3ヶ月連続で月間MVPを獲得した。3ヶ月連続獲得はパリーグでは初で、セントラル・リーグを含めてもこれまでアレックス・ラミレスが1回達成したのみであった。2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原道大

    小笠原道大から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    の開幕は「三番・三塁」として先発出場。4月3日の中日戦(東京ドーム)にて、山本昌から巨人移籍後初本塁打を放った。5月28日のオリックス戦(東京ドーム)では自身初の1試合3本塁打を記録。7月24日には移籍後初めて四番を任され、9月15日には史上4番目の速さで通算1500本安打を達成。最終的には二年連続の3割30本を達成。前年に続いての2年連続MVPを獲得した。なおセ・パ両リーグでのMVP受賞は江夏豊以来2人目であり、野手としては史上初の受賞となった。加えて、リーグを跨いでの2年連続MVP獲得も史上初である。前半戦は左膝の手術の影響もあり、打率は.250前後に低迷していたこともあり、1999年から9年連続で出場していたオールスターゲーム出場も逃すとともに、北京オリンピック野球日本代表メンバーにも選出されなかった。しかし、試合に出場し続けることで7月頃に「(本人曰く)スイッチが入った」ように復活。シーズン終盤9月の月間MVPを受賞したり、7月8日にチームが阪神に最大13ゲーム差をつけられた翌日からの残り66試合で11本のオガラミ弾(自分自身とラミレスのアベックホームランの事で2008年は王貞治・長嶋茂雄のアベックホームランON弾をも凌ぐ15本)を記録したりする等調子を取り戻した。チームも小笠原の復調そのままに最大13ゲーム離されていた阪神に追いつき、逆転優勝を達成。前年・前々年に匹敵する成績を残した。6月8日、プロ入り後初の犠打を記録。9月3日の対広島戦(大阪ドーム)で史上62人目(史上66度目、球団史上5人目)となるサイクル安打を達成。更に9月19日には史上35人目となる通算300号本塁打を放った(球団史上8人目)。10月23日のクライマックスシリーズ第2ステージの対中日戦で、朝倉健太から1回裏に2ラン本塁打、2回裏には満塁本塁打と2打席連続で本塁打を放ち、クライマックスシリーズ新記録となる1試合6打点を記録した。小笠原道大 フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    その後再び6ゲームまで差は広がったが、巨人は9月11日の対中日戦から怒涛の連勝をスタート。猛烈な追い上げで阪神との差を瞬く間に縮める。3ゲーム差で迎えた9月19日からの直接対決3連戦もその勢いは止まらず、3連戦合計でアレックス・ラミレスが1本塁打5打点、阿部、小笠原、李承燁がともに2本塁打4打点と打線が爆発。阪神の先発投手を3人とも5回もたずに引きずり下ろして、連勝を10まで伸ばし、直接対決3試合目の9月21日についに同率首位に追い付く。その後の3試合を両者がともに勝ち→引き分け→勝ち、と全く同じ勝敗で同率のまま一歩も譲らず、巨人は引き分けを挟んで12連勝まで伸ばす。9月25日に巨人の連勝が止まって再び阪神が単独首位に立つと、その後は両チームとも抜け出せないまま一進一退のせめぎ合いが続き、巨人は単独首位に立つことができないまま140試合を消化。一方、追いつかれても追い抜かれはせず、最終盤でも優位を保っていた阪神も140試合目の10月6日対ヤクルト戦に敗れたことで、両者が81勝56敗3分の同率首位で並んだ状態で141試合目の10月8日の最終直接対決(東京ドーム)を迎える。試合は4回に李の2点適時打で先制した巨人が先発内海哲也ー山口ー豊田ークルーンの継投で阪神を押し出し四球の1点に抑えて逃げ切り、対阪神戦7連勝。ついに阪神を抜いてシーズン初の単独首位に立ち、巨人に優勝マジック2が点灯した(敗れた阪神は、シーズン初の2位転落)。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノをはじめ、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、アレックス・ラミレス、エルネスト・メヒア、ホセ・ロペス、ロベルト・スアレスらがお馴染みの存在である。なかでもラミレスは日本プロ野球において初のベネズエラ人監督(中南米諸国を含めても初)となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • 伊東昭光

    伊東昭光から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    二軍監督の退任直後には、一軍コーチ時代の主力打者だったアレックス・ラミレス横浜DeNAベイスターズ一軍監督が、伊東を一軍投手コーチに招くことを希望していた。しかし、伊東自身はヤクルト球団に在籍したまま、編成部へ6年振りに復帰。2016年からは、「編成グループチーフ」という肩書でプロスカウトを務める。伊東昭光 フレッシュアイペディアより)

170件中 91 - 100件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード