170件中 111 - 120件表示
  • 網谷圭将

    網谷圭将から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    には、春季キャンプのスタートを二軍で迎えたが、キャンプ中に一軍の紅白戦へ出場。この試合で2安打を放ったことを、一軍監督のアレックス・ラミレスから高く評価されたため、キャンプの後半から一軍へ合流した。しかし、合流5日目にKBO・SKワイバーンズとの練習試合で安打を放った際に、左手の有鉤骨を骨折。3月に患部の手術を受けると、夏場まで実戦に復帰できなかった。結局、イースタン・リーグ公式戦には19試合へ出場。8試合で三塁手、6試合で捕手に起用されたが、打撃面では打率.184、5打点という成績にとどまった。支配下登録選手への移行にも至らなかったが、シーズン終了後には、フェニックス・リーグや台湾でのウインターリーグへ派遣。育成選手としては異例の扱いにもかかわらず、スイングの鋭さで一軍首脳陣からの評価が急速に上昇した。網谷自身も、このような評価を背景に、秋季キャンプで三塁の守備練習にも取り組んでいる。網谷圭将 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球名球会

    日本プロ野球名球会から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    例えば、2012年にアレックス・ラミレスが、2013年にアンドリュー・ジョーンズがそれぞれ日米通算2000安打(正確には米日通算)を記録したが、これらはNPBに入団する以前のMLBでの記録を合算したものだったため入会資格はなかった。ラミレスは2013年にNPB通算2000安打を達成したため、外国人選手としては初めて入会が認められた。日本プロ野球名球会 フレッシュアイペディアより)

  • 山岸穣

    山岸穣から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    移籍後は二軍で調整していたが、8月15日の対阪神戦(京セラドーム大阪)で移籍後初登板。その後、中継ぎで2試合に登板。シーズン終盤の10月8日の対巨人戦(東京ドーム)で移籍後初先発。アレックス・ラミレスに本塁打を浴びるなど4回を5安打4失点の内容で降板するも、チームが逆転勝利した為、黒星は付かなかった。山岸穣 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ウィーランド

    ジョー・ウィーランドから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    DeNA1年目の2017年には、レギュラーシーズンの序盤から投手を8番打者に起用するアレックス・ラミレス監督の方針を背景に、対広島戦で大瀬良大地から2本の本塁打を記録するなど打者としても活躍。同カード5試合で打率.538・3本塁打・9打点という好成績を残したほか、レギュラーシーズン通算でも21試合で打率.229・3本塁打・12打点を記録した。横浜DeNAの投手が一軍公式戦で1シーズンに3本の本塁打を記録した事例は、大洋ホエールズ時代の1976年に平松政次が4本塁打を放って以来、41年振り5人目である。現役時代に強打者として鳴らしたラミレス監督からは、「代打で使いたいぐらい、打席での構えが非常に良い」との評価を受けている。ジョー・ウィーランド フレッシュアイペディアより)

  • MINMI

    MINMIから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    プロ野球選手に人気で登場曲に使われることがある。『Are yu ready』は、横浜ベイスターズの金城龍彦の2005年度の登場テーマソングであった。また、青木宣親が東京ヤクルトスワローズ所属時代に打席に入る登場曲として使用し、不振を乗り越えるきっかけとなった曲でもある。(2009年度8月-2011年終了時)青木と同じく東京ヤクルトスワローズの上田剛史も2012年度から使用している。2008年シーズンは福岡ソフトバンクホークスのクリストファー・ニコースキーや北海道日本ハムファイターズの金子誠(WE LOVE HOKKAIDOシリーズの時のみ限定使用)、そして読売ジャイアンツのアレックス・ラミレス(4打席目以降ヨーロッパのファイナル・カウントダウンになる)のテーマソングとして『シャナナ☆』が使われた。2010年シーズンは読売ジャイアンツの阿部慎之助が『サマータイム!!』をテーマソングに使用している。MINMI フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の横浜DeNAベイスターズ

    2017年の横浜DeNAベイスターズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    この年の横浜DeNAベイスターズは、アレックス・ラミレス監督の2年目のシーズンである。2017年の横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 福井優也

    福井優也から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    初奪三振:同上、1回表にアレックス・ラミレスから空振り三振福井優也 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、2年連続で開幕スタメンとなるが、アレックス・ラミレスの加入、荒波翔の台頭もあり、5月以降はスタメン機会が減少。代打、代走、守備固めでの途中起用が多くなった。最終的には108試合に出場し、スーパーサブとしてチームを支えた。9月に左手有鈎骨を骨折し、28日に登録抹消されシーズンを終える。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 今永昇太

    今永昇太から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

     ポストシーズンでは、阪神とのCSファーストステージ第2戦(10月15日・甲子園)に先発登板。試合前から降り続いた雨によりグラウンドコンディションが悪い中、3回を投げ3失点(勝ち負けは付かず)。その後ファーストステージを突破したことを受けて、広島とのファイナルステージ(マツダ)で先発登板を予定していた。しかし台風接近により第4戦が2日順延したことを受け、アレックス・ラミレス監督は登板間隔の空いた今永を中継ぎで起用することを決断。10月23日の第4戦で、1点リードの7回裏から登板させた。今永の救援登板はレギュラーシーズンを含めてもプロ入り後初めてであったが、2回を無失点で凌ぎホールドを記録。さらに、チームのファイナルステージ突破して臨んだ福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでは、地元の福岡ヤフオク!ドームで催された第2戦(10月29日)と第6戦(11月4日)に先発で登板。いずれの試合でも勝敗が付かなかったものの、第2戦では10個、第6戦ではスタメン全員から計11個の三振を奪った。日本シリーズ史上、1つのシリーズで2桁奪三振を2回、および2試合連続で記録した投手は2007年のダルビッシュ有(当時北海道日本ハムファイターズ)以来2人目であった。チームは日本シリーズ制覇を逃したものの、今永はシリーズ終了後に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ(東京ドーム)に日本代表として出場。台湾代表との予選リーグ最終戦(11月16日)に先発すると、陽岱鋼(巨人)などが名を連ねる台湾打線を6回無失点。18アウト中12アウトを奪三振で記録する好投でチームの決勝進出、および優勝に貢献した。今永昇太 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の対オリックス戦の9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

170件中 111 - 120件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード