170件中 11 - 20件表示
  • 飯原誉士

    飯原誉士から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は長らく左翼手を務めていたアレックス・ラミレスの移籍で7番・左翼手として開幕。5月から一気に調子を落とし、福地寿樹にレギュラーの座を奪われる。その後は不振に陥りレギュラー落ちしたアーロン・ガイエルの代わりにライトに回った福地の代わりのレフトとして長らく川島慶三や武内晋一と併用されていたが、6月後半から息を吹き返して7番に復帰。失速せずに調子を上げたことが認められ、青木宣親が五輪で離脱中は3番に抜擢される。長打も打てる存在として青木の復帰後は5番に定着した。最終的に2年連続で規定打席に到達し、打率.291、9本塁打とまずまずの成績を残した。飯原誉士 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の野球

    2014年の野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2月13日 - 【独立】ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスが前NPB、横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレスの入団を発表2014年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • タフィ・ローズ

    タフィ・ローズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    4月26日のヤクルト戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)で、9回表にアレックス・ラミレスが放った左中間への打球を追わなかったことをコーチの弘田澄男に「緩慢プレー」と指摘されると、激高して弘田に掴み掛かるなど激しい口論となった。試合も敗れて5連敗を喫し、試合後も怒りが収まらず、ドームから宿舎に向かう通路で報道陣からこの騒動について問われると、必死に宥める通訳を制して「どんどん(記事に)書いて」と前置きした上で「負けたのは俺のせいだと弘田(澄男)さんが言った。日本で10年間やってきたけど尊敬がない。投手があれだけ打たれるのも俺のせい? ピッチャーも悪い。みんな悪い。ジャイアンツ下手くそ。ジャイアンツ大嫌い。東京に帰る」と日本語でまくし立てた。この言動は物議を醸し、罰金を徴収された。5月29日のオリックス戦で退場処分を受けて、金田正一の8回を抜いて最多退場(9回)となった。8月9日には右肩の故障として降格。帰国して手術を行ったため、シーズン中の復帰は絶望となった。結局この年は101試合の出場で27本塁打、70打点、打率.240と前年より成績を落としてしまい規定打席にも7打席足りなかった。不本意な成績で終わったことから11月7日に戦力外通告を受け、この年限りで巨人を退団した。タフィ・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2014年夏:正月に続き「チーム帝京」して戦う。正月に大阪桐蔭OBチームに勝利した「チーム帝京」に対し、全国および世界の高校野球の名門校出身者が「甲子園名門レジェンド」を結成。森本はプロ野球のシーズン中のため、2013年夏に引き続きトーマス(藤増)が参加したまたトーマスは今回「チーム帝京」のユニフォームを着用した。「甲子園名門レジェンド」は参加した金本知憲(広陵高校)・山?武司(愛工大名電高校)・立浪和義(PL学園高校)は出身校のユニフォームをモチーフしたユニフォームを着用、ベネズエラ出身のアレックス・ラミレスは胸に出身校のサンアントニオデパウラ高の文字が入ったユニフォームを着用した。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • エドウィン・エスコバー

    エドウィン・エスコバーから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2017年のポストシーズンでは、アレックス・ラミレス監督による小刻みな継投策の下で、ワンポイント・リリーフからロング・リリーフまで幅広く起用。CS全体で8試合中5試合、福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズで6試合中4試合に登板した。11月4日の日本シリーズ第6戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、同点で迎えた延長10回裏から登板したが、11回裏に2連続与四球で1死1・2塁のピンチを招いて降板。代わった三上朋也が2死1・2塁から川島慶三にサヨナラ安打を浴びたため、チームは19年振りのシリーズ制覇を逃したばかりか、エスコバーは敗戦投手としてシーズンを終えた。エドウィン・エスコバー フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2007年 - 2008年シーズンオフに神宮球場が拡張工事されたことで、3億と高年俸に加え守備に難のある主砲アレックス・ラミレスを放出。高田率いるヤクルトは機動力を重視し、スモールベースボールを掲げた(球場の特性や主軸の流出からスモールボールに切り替えるパターンは、日本ハムのパターンと似ている)。かつてGMだった日本ハムから川島慶三、押本健彦、橋本義隆、萩原淳が移籍。韓国からは林昌勇、ダニエル・リオスをそれぞれ獲得するなど積極的な補強・選手の入れ替えを行った。また俊足の福地寿樹、巨人を戦力外通告された斉藤宜之を獲得した。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    1月16日に球団オーナーが春田真から親会社・DeNAの創業者でもある南場智子に交代したことを発表、NPB初の女性球団オーナーが誕生した。また、ユニフォームも濃紺から、青色(通称:横浜ブルー)に変わった。4月9日、対阪神戦(甲子園)で勝利し、前日まで同率首位だった中日が敗れたため、12試合消化時点で単独首位となる。10試合以上消化後の単独首位は、横浜ベイスターズ時代の2007年5月3日以来約8年、2898日ぶり、DeNAが親会社となってからは初の単独首位につくなど、序盤好調な滑り出しを見せた。しかし、交流戦では、全6カードをすべて負け越し、球団では2008年以来の10連敗(1引き分け挟む)を喫するなど、3勝14敗1分で12球団中最下位。勝率・176は交流戦歴代ワースト記録。交流戦後の広島3連戦(3戦目は雨で中止)でも連敗は止まらず、連敗を「12」に伸ばしてしまう。しかし、6月23日の巨人戦で2-7で勝利し、連敗を12で止めた。7月に、元メジャーリーガーのデュアン・ビロウを獲得した。交流戦後の混戦の中6月・7月と阪神や巨人の後塵を拝することが多かったが、前半戦最後のカードである対巨人3連戦で3連勝し、巨人から首位を奪還。前回優勝の1998年以来となる、前半戦首位ターンとなった。しかし、後半戦に入るとじわりじわりと順位を下げ、8月下旬にはとうとう最下位に転落。期制直後に最下位を脱出するも、終盤は中日との最下位争いとなり、9月3日の中日戦に敗れ自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が消滅。10月3日、シーズン最終戦(巨人戦)で敗れ3年ぶりの最下位が決定した。前半戦を首位で折り返しながら、シーズンを最下位で終えるのはプロ野球史上初(2期制時のパは除く)の記録となった。また本塁打数こそリーグ最多の112だったものの、リーグワーストのチーム防御率3.80、総失点598、ワイルドピッチに至っては1990年のロッテオリオンズの日本プロ野球タイに並ぶ68個を記録するほどだった。また、黒羽根、嶺井、高城を起用するなど捕手も固定されず、11個のパスボールも記録。観客動員数は好調で球団側は監督契約延長を申し出たが、中畑監督は低迷の責任を取る形で退任。これにより4年間に及ぶ中畑政権は幕を閉じた。後任監督には球団史上初の外国人監督となるアレックス・ラミレスが就任することが発表された。神宮球場では三浦大輔が登板した2試合の2勝しかできなかった。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎敏郎

    宮崎敏郎から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    ''には、レギュラーシーズンの開幕当初から正二塁手の座を石川と争った後に、セ・パ交流戦からスタメン起用の機会が増加。6月14日の対日本ハム戦(札幌ドーム)からは、主に5番打者を任される一方で、8月上旬には一時7番打者としてスタメンに起用された。一軍公式戦では、レギュラーシーズンにおけるセントラル・リーグ(セ・リーグ)の最終規定打席に届かなかったものの、101試合の出場(スタメン起用83試合)で打率.291、11本塁打、36打点とプロ入り後自己最高の成績を記録。36試合で5番打者、24試合で3番打者を務めるなど、打線の中軸を担いながら、チームを球団史上初めてのクライマックスシリーズ(CS)進出に導いた。守備面では、二塁手として36試合、三塁手として27試合、一塁手として20試合でスタメンに起用されている。チームのレギュラーシーズン3位で迎えたポストシーズンでは振るわず、クライマックスシリーズ・ファイナルステージでの敗退が決まった直後には、アレックス・ラミレス監督がシーズン終了記者会見の席上「(4番打者の)筒香嘉智との勝負を余儀なくされるほど(相手投手に警戒される力量)の打者を5番に据える必要がある」というコメントを残した。宮崎敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は新加入のアレックス・ラミレスの故障により、「4番・三塁手」で開幕スタメン出場。その後も主に三塁手や一塁手でスタメン出場。開幕直後から高い得点圏打率を維持し、4月15日の読売ジャイアンツ戦で、延長11回、サヨナラ本塁打を放つ。5月4日の中日戦で岩瀬仁紀から同点本塁打を打ち、史上22人目の全球団から本塁打を達成した(交流戦を除いた記録としては4人目)。2004年以来8年ぶりのオールスターにも選出され、7月20日のオールスターゲーム第1戦では逆転決勝2ラン本塁打を放ち、5人目となる両リーグでのMVP獲得。後半戦開幕後も好調を維持していたが、8月15日対阪神タイガース戦において、自身の打席で盗塁をした内村賢介にベンチで説教した。だが、内村には首脳陣からグリーンライトの権利が与えられているため、中村の叱責は采配批判にあたるとして中畑清監督から厳しく注意された。さらに、翌日の試合で右肘痛を訴え、試合途中にベンチ裏に姿を消したことが造反とみなされ、1軍登録を抹消された。9月4日に1軍に再登録。後半戦は数字を落とすも、チームは最下位を独走する中で主軸として活躍を見せた。ゴールデングラブ賞の投票では一塁手として2票差の2位。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    5月2日に行われたナゴヤドームの中日5回戦でプロ野球史上初となる球団通算5,000勝を達成した。これまで主にクリーンナップを打っていた高橋由を1番に、怪我で出遅れていた上原浩治を先発からクローザーとして起用するなどの大胆な配置転換を行った。これが成功し、前年のような大型連敗もなく安定した戦いを続けた。鬼門だった交流戦も2位でクリア。そして9月23日の横浜戦に勝利し、この年から導入されたクライマックスシリーズの出場権をセ・リーグ一番乗りで獲得。中日・阪神との三つ巴のデッドヒートの末、優勝マジックナンバーが1となってむかえた10月2日のヤクルト戦、9回裏二死満塁から、清水隆行の遊撃内野安打と、宮本慎也の一塁悪送球の間に二塁走者が生還し、サヨナラ勝ちで5年ぶりのリーグ優勝を達成した。しかし、同年より導入されたクライマックスシリーズ第2ステージで、第1ステージで阪神を2連勝で破った中日に0勝3敗でストレート負け。日本シリーズ出場権を逃し、史上初の「リーグ優勝しながら日本シリーズに出場できないチーム」となっている。球団は、期待不足に終わったジェレミー・ゴンザレスとジェレミー・パウエル、デーモン・ホリンズの外国人3選手を自由契約とすると、ロッテから自由契約となった藤田宗一、横浜から自由契約となったマーク・クルーン、ヤクルトから自由契約となったセス・グライシンガーとアレックス・ラミレスを獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

170件中 11 - 20件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード