170件中 21 - 30件表示
  • 山田哲人

    山田哲人から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    ''は開幕前の2月16日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出された。3月10日の第1戦に「8番・一塁手」で先発出場した。3月11日の第2戦でも「2番・二塁手」で先発起用され、レスリー・ナカルから本塁打を記録している。シーズンでは序盤の3、4月は打率.269と苦しんだものの、5月以降は安定して3割以上の打率を記録した。7月中旬からは3番打者として固定され、2番の川端慎吾、4番の畠山和洋と共に強力な上位打線を形成した。8月22日の対中日戦で3打数連続本塁打を放ち、前日の最後の打席から通算してプロ野球タイ記録となる4打数連続本塁打を記録。この連続本塁打で今季の本塁打を31本とし、自身初の30本塁打をクリアした。9月6日の対広島戦では30個目の盗塁となる二盗を決め、トリプルスリーに王手をかけた。チームで唯一全試合フルイニング出場を果たし、打率.329、38本塁打、100打点、34盗塁といずれもキャリアハイの成績を残し、2002年の松井稼頭央以来、プロ野球史上9人目、球団では初のトリプルスリーを達成した。23歳での達成はセントラル・リーグ最年少記録である。トリプルスリー・100打点の同時達成は1950年の別当薫・岩本義行以来、65年ぶりであり、プロ野球史上3人目。月間MVPは7月〜9月の3ヶ月連続で受賞した。セ・リーグ野手での月間MVP3ヶ月連続受賞は2007年のアレックス・ラミレス(2007年7月?9月)以来となる快挙だった。打率・安打数・打点はそれぞれリーグ2位を記録した他、本塁打王、盗塁王、最高出塁率の打撃タイトルを獲得し、優勝したヤクルト打線の中心となる活躍を見せた。本塁打王と盗塁王の同時獲得と、トリプルスリーを達成しつつ盗塁王を獲得するのは、ともに史上初である。日本シリーズ(対福岡ソフトバンクホークス)では第3戦で日本シリーズ史上初の1試合3打席連続本塁打を記録。チームは1勝4敗で敗退したものの自身は日本シリーズ敢闘賞を受賞。NPB AWARDSでは、2年連続となるベストナインとセ・リーグMVPに選出された。山田哲人 フレッシュアイペディアより)

  • 砂田毅樹

    砂田毅樹から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    には、前年に続いて開幕から一軍に帯同すると、中継ぎ投手として公式戦への登板を重ねた。レギュラーシーズンでは、4月中旬からセットアッパーの一角に定着すると、一軍公式戦で右腕投手のスペンサー・パットンに並ぶチーム2位の62試合に登板。通算防御率は4.12で、1勝しか挙げられなかったものの、チーム3位(左腕投手ではチームトップ)の26ホールドポイント(1救援勝利と25ホールド)を記録した。チームのレギュラーシーズン3位で迎えたポストシーズンでは、アレックス・ラミレス監督による小刻みな継投策の下で、ワンポイント・リリーフやショート・リリーフに起用。CS全体で8試合中3試合、福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズで6試合中5試合に登板した。11月2日の第5戦(横浜)では、1点ビハインドの6回表に登板すると、三者凡退に抑えて交代。チームが交代後の6回裏に勝ち越すと、そのまま勝利へ至ったため、砂田もこのシリーズで自身唯一の白星を手にした。砂田毅樹 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤玲子

    遠藤玲子から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    スペイン語と英語(英語検定1級・TOEIC900点所持)が得意である。アレックス・ラミレス(現横浜DeNAベイスターズ)などの外国人プロ野球選手に対して通訳を介さずに取材を行っていた。遠藤玲子 フレッシュアイペディアより)

  • ニック・スタビノア

    ニック・スタビノアから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は、3月30日に中日との開幕試合に3番・左翼手としてNPB初出場を果たした。4月6日の対横浜DeNAベイスターズ戦でNPB初本塁打を放った。守備でもアレックス・ラミレスの左中間への大飛球をフェンスにぶつかりながらも好捕し、攻守で前田健太のノーヒットノーランに貢献した。5月8日の対阪神タイガース戦では、3打席連続本塁打を放つなど、4月、5月の2か月で9本塁打を記録した。6月11日のオリックス・バファローズ戦(みよし運動公園野球場)走塁途中に足を痛め、靱帯と半月板損傷で登録抹消となり、以後の1軍出場はなかった。11月29日に、カープと来季契約で大筋合意したと報道され、11月30日に1度は自由契約公示されたが、12月19日に球団から契約の延長が発表された。ニック・スタビノア フレッシュアイペディアより)

  • ロブ・スタニファー

    ロブ・スタニファーから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    初奪三振:同上、8回裏にアレックス・ラミレスから空振り三振ロブ・スタニファー フレッシュアイペディアより)

  • 山本隆造

    山本隆造から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2008年(平成20年)6月6日の読売ジャイアンツ(巨人) - ロッテ3回戦(東京ドーム)において一塁塁審を務めた山本は、8回裏に巨人の打者・アレックス・ラミレスが三塁前にゴロの打球を放った際、今江敏晃三塁手の一塁への送球の到達がラミレスの一塁到達より早かったと見てアウトにした。山本隆造 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原道臣

    吉原道臣から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    初奪三振:2007年8月26日、対東京ヤクルトスワローズ15回戦(明治神宮野球場)、7回裏にアレックス・ラミレスから吉原道臣 フレッシュアイペディアより)

  • 日高亮

    日高亮から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    開幕を一軍で迎え、3月29日の対阪神戦で6回1点ビハインド2死一二塁から登板してゴロで切り抜け、7回は2安打で二死一二塁とした所で降板させられ、代わった松岡健一に走者を返され2失点となった。4月5日の対横浜DeNA戦では6回同点から登板し、二死二塁とした所でアレックス・ラミレスに四球を出すと降板させられ、代わった藤田太陽が勝ち越し打を打たれてホールドを消された。4月6日に左肘痛のため二軍へ降格、一軍登板は2試合に終わった。4月11日群馬県館林市内の病院で精密検査を受け、軽度の左肘靭帯損傷と診断された。6月5日のイースタン・リーグ チャレンジ・マッチの対読売戦でフューチャーズの一員として登板し、実戦復帰した。6月15日に二軍公式戦にも復帰し、以降9月24日まで23試合(先発1試合)に登板した。みやざきフェニックスリーグでは再び先発に挑戦し、2試合10イニングを投げ3失点だった。日高亮 フレッシュアイペディアより)

  • 広池浩司

    広池浩司から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は2年ぶりに一軍登板を果たした。一軍復帰3度目の登板となった7月6日の対読売ジャイアンツ戦に3番手で登板するものの小笠原道大に適時打、アレックス・ラミレスに2点本塁打を浴び敗戦投手となりこれが現役最後の一軍登板となった。10月3日に戦力外通告を受け、球団からはフロント入りの要請もあったが、11月2日に自身のブログにて現役を引退し退団することを表明した。11月5日には埼玉西武ライオンズの打撃投手に就任したことを発表し、秋季キャンプからチームに合流した。広池浩司 フレッシュアイペディアより)

  • ポップアスリートカップ全国少年野球大会

    ポップアスリートカップ全国少年野球大会から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    第一回、第二回大会と星野仙一が名誉会長を務めた。第三回大会は大会名誉会長として古葉竹識、大会会長として高代延博が参加している。第四回は大会会長として張本勲、第五回・第六回は矢野燿大、第七回?第九回はアレックス・ラミレスが大会会長を務めた。ポップアスリートカップ全国少年野球大会 フレッシュアイペディアより)

170件中 21 - 30件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード