170件中 31 - 40件表示
  • ジャレッド・フェルナンデス

    ジャレッド・フェルナンデスから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    初奪三振:同上、3回裏にアレックス・ラミレスから見逃し三振ジャレッド・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞

    ベスト・ファーザー イエローリボン賞から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    西川一誠、小野寺正、鎌田實、つるの剛士、宮崎大輔、チャールズ・ベスフォード(特別賞)、野村克也、工藤公康、川相昌弘、石井一久、金子誠、加藤大輔、井口資仁、杉内俊哉、桧山進次郎、石川雅規、栗原健太、アレックス・ラミレス(プロ野球部門)ベスト・ファーザー イエローリボン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 立花陽香

    立花陽香から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    親の影響で子供の頃より野球が大好きで、少年野球チームではプレイヤーとしても活躍。中学・高校と野球部マネージャーを務める。プロはもとより学生野球にも精通し、技術論も含め幅広い知識を持つ。大の巨人ファンでもある。原辰徳、アレックス・ラミレス、小笠原道大、斎藤佑樹、桃井かおりなどのものまねが得意。年上の男性がタイプ。趣味は野球、ものまね、スコアブック付け、刺繍、裁縫、ゴルフ、水泳、食べること。立花陽香 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の読売ジャイアンツ

    2008年の読売ジャイアンツから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    3月28日 - アレックス・ラミレスが対ヤクルト戦(明治神宮野球場)の2回に石川雅規から本塁打を記録し、全球団から本塁打を達成。プロ野球史上9人目。2008年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のヤクルトスワローズ

    2003年のヤクルトスワローズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    本塁打王:アレックス・ラミレス(40本、初受賞)2003年のヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・バーンサイド

    エイドリアン・バーンサイドから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    はオープン戦で先発、中継ぎ両方で起用され、及第点の成績を収める。しかし、巨人は外国人枠がセス・グライシンガー、マーク・クルーン、アレックス・ラミレス、李承燁またはルイス・ゴンザレスで埋まってしまうため、開幕一軍からは外れた。ところが、5月26日にゴンザレスのドーピング発覚による契約解除、李の不振のために外国人枠が空き、初めて一軍昇格。同日の日本ハム戦で初登板初先発し、6回途中2失点で初勝利をあげた。その後も、先発・中継ぎ双方で起用され活躍。シーズン後半は李の復調により出番が減ったものの、15試合で5勝3敗、防御率3.48と、安定した成績を残した。なお、北京五輪本選のオーストラリア代表を、「巨人でのプレーに集中したい」と辞退している。エイドリアン・バーンサイド フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    MVP:アレックス・ラミレス(読売ジャイアンツ)2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 岩見優輝

    岩見優輝から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2011年4月15日のマツダスタジアムでの巨人戦でプロ初登板を果たした。いきなりラミレスに二塁打を打たれた後、2四球を与え1アウト満塁となるが加藤健、澤村拓一から連続三振を奪い、2回無失点に抑えた。5月7日のヤクルト戦では、乱調のため降板した先発投手の今村猛に代わって1点リードの4回から登板し、先頭打者に死球を与えたものの1投球回を無失点に抑えた。その後チームが逃げ切って勝利したことで岩見にプロ初勝利が記録された。岩見優輝 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の読売ジャイアンツ

    2009年の読売ジャイアンツから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    8月26日 - アレックス・ラミレスが対中日戦で日本プロ野球通算1500安打。1236試合目での達成は日本プロ野球新記録。2009年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの国旗

    ベネズエラの国旗から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    1954年2月17日、政府用旗および軍旗には左上に国章を擁すると制定された。市民旗、商船旗、国際スポーツ大会などでは国章のないものが使用される。ただし、2006年8月2日のWBAライトフライ級タイトルマッチ・亀田興毅対ファン・ランダエタの試合では、国章入りのものが掲揚された。また、ヤクルトスワローズ時代のロベルト・ペタジーニ及び東京ヤクルトスワローズ時代のアレックス・ラミレスが打席に立つ際にも、同じ旗が応援席に掲出された。ベネズエラの国旗 フレッシュアイペディアより)

170件中 31 - 40件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード