102件中 31 - 40件表示
  • デーヴ・ロバーツ

    デーヴ・ロバーツから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    1960年代の助っ人外国人選手の中では成績はトップクラスで、アトムズには、計6年半在籍した。ヤクルト(前身の国鉄、サンケイも含む)に入団した助っ人外人の在籍期間としては、アレックス・ラミレスが2007年に並ぶまでトップ、また同球団での本塁打数「181」もラミレスに破られるまでは外国人記録であった。デーヴ・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

  • 増渕竜義

    増渕竜義から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    シーズン終盤に再び1軍昇格すると、10月4日の対横浜戦で登板し、8回途中無失点で切り抜けプロ初勝利をあげた。ただこの試合は鈴木健の引退試合だったため、試合後のヒーローインタビューが行われなかった。さらにこの試合でラミレスが右打者でプロ野球史上初のシーズン200本安打を達成したため、翌日のスポーツ新聞でも大きく取り上げられることはなかった。増渕竜義 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のスポーツ

    1974年のスポーツから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    10月3日 - アレックス・ラミレス(ベネズエラ、野球)1974年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 木塚敦志

    木塚敦志から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は開幕二軍でスタートしたが、5月12日の対読売ジャイアンツ戦に8回から登板し、アレックス・ラミレスを三振に打ちとって約1年ぶりに1軍登板を果たすと、5月27日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、2008年4月1日以来の勝ち星を挙げた。木塚敦志 フレッシュアイペディアより)

  • 山本隆造

    山本隆造から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2008年(平成20年)6月6日の読売ジャイアンツ(巨人) - ロッテ3回戦(東京ドーム)において一塁塁審を務めた山本は、8回裏に巨人の打者・アレックス・ラミレスが三塁前にゴロの打球を放った際、今江敏晃三塁手の一塁への送球の到達がラミレスの一塁到達より早かったと見てアウトにした。山本隆造 フレッシュアイペディアより)

  • エドガルド・アルフォンゾ

    エドガルド・アルフォンゾから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    巨人でチームメートとなったアレックス・ラミレスとは幼馴染であり、共にリトルリーグのベネズエラ代表にも選ばれている(ポジションはアルフォンゾが正遊撃手、ラミレスが控え投手)。ラミレスは「尊敬していたし、あこがれの人だった」と語っている。巨人にテストを受けに来たのも、ラミレスからの紹介によるものが大きい。愛称は「フォンジー」である。エドガルド・アルフォンゾ フレッシュアイペディアより)

  • 秋山拓巳

    秋山拓巳から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    初奪三振:同上、1回裏にアレックス・ラミレスから秋山拓巳 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県営球場

    福井県営球場から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2009年9月2日には、24年ぶりに読売ジャイアンツの主催試合(対戦相手は横浜ベイスターズ)が行われ、巨人がアレックス・ラミレスのサヨナラヒットにより6-5で勝利した。福井県営球場 フレッシュアイペディアより)

  • 桧山 進次郎

    桧山進次郎から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2004年8月21日には対ヤクルト戦でアレックス・ラミレスの打った打球を後ろにそらしてしまいランニングホームランを献上しているが、外野手としての守備力は評価が高く、かつての新庄剛志との右中間は鉄壁とも称された。2006年以降は守備に就く機会も少なくなっており、代打に専念している。ただ守備練習もしっかり行っており、本人曰く、「いつでもスタメンで出られる準備はしている」のだという。2009年、2010年は守備に就いたのは2年連続で1試合、1イニングだけだが、いずれもライトフライを捕球し、刺殺を記録している。桧山進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    プロ野球では特に外国人選手が発音や表記の面で本名とは別の登録名を用いることが多く見られる。漢字文化圏以外の選手の場合、表記はファーストネームを頭文字一文字とされることが多い(例:アレックス・ラミレス→A・ラミレス)。日本人選手では古くから本名の、特に下の名前について改名や漢字表記の変更は良く行われてきたが、1994年に鈴木一朗と佐藤和弘(共にオリックス)がそれぞれ登録名をイチロー、パンチとしたことから、日本人選手でも本名と別の登録名を用いることが浸透していった。特に本名の下の名前のみを登録名とするケースが多い。登録名 フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード