170件中 41 - 50件表示
  • ルイス・ゴンザレス (内野手)

    ルイス・ゴンザレス (内野手)から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスの加入によって背番号49に変更。オープン戦で絶好調だったものの、外国人枠がセス・グライシンガー・マーク・クルーン・李承燁・アレックス・ラミレスで埋まったために二軍で迎える。しかし、李承燁の不振による抹消と入れ替わりに昇格すると、一塁や二塁で堅実な守備を見せ、4月29日の対広島東洋カープ戦では勝ち越し本塁打を放ち、来日初のお立ち台にも上った。その後、セ・パ交流戦初戦で4安打を放つなど、本領を発揮してチームに貢献していたが、同年5月23日、死球による脇腹の打撲を理由に降格。その後、ドーピング違反が発覚したため、5月26日に解雇。6月6日に自由契約公示された(詳細は後述を参照)。ルイス・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • NPB AWARDS

    NPB AWARDSから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    外国人選手が表彰される場合、たいていは帰国のため欠席する者が多い(球団関係者が代理で受け取る場合がある)が、2009年に出席したアレックス・ラミレス(セ・リーグMVP、当時巨人)や2013年に出席のウラディミール・バレンティン(セ・リーグMVP、ヤクルト)は、MVP受賞の喜びを英語でコメントした。NPB AWARDS フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ラロッカ

    グレッグ・ラロッカから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、ヤクルトでは同僚のアレックス・ラミレス、アダム・リグスらと強力な中軸を形成。外国人野手3人組にはファン公募で「F-Brothers」というニックネームが付けられた。グレッグ・ラロッカ フレッシュアイペディアより)

  • 木塚敦志

    木塚敦志から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は開幕二軍でスタートしたが、5月12日の対読売ジャイアンツ戦に8回から登板し、アレックス・ラミレスを三振に打ちとって約1年ぶりに一軍登板を果たすと、5月27日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、2008年4月1日以来の勝ち星を挙げた。木塚敦志 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋健二

    土屋健二から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、移籍後初登板となった4月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初勝利を挙げる。この試合はアレックス・ラミレスの日本での通算2000本安打の達成試合でもあった。土屋健二 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の読売ジャイアンツ

    2011年の読売ジャイアンツから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    5月1日 - アレックス・ラミレスが対横浜戦(横浜)で球団新記録の416試合連続4番で出場2011年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のスポーツ

    1974年のスポーツから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    10月3日 - アレックス・ラミレス(ベネズエラ、野球)1974年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ヨヘルミン・チャベス

    ヨヘルミン・チャベスから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2015年6月22日に、日本プロ野球のオリックス・バファローズは、チャベスと契約したことを発表した。この契約を機に、群馬球団のシニアディレクターとしてチャベスを指導していたアレックス・ラミレスが、オリックスの巡回アドバイザーを兼務するようになった。ヨヘルミン・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • レギュラー (お笑い)

    レギュラー (お笑い)から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    これはかなりインパクトのあるネタの間のクッションといえる(代表例としてオリエンタルラジオの「武勇伝 武勇伝 武勇デンデンデデンデン」などがあげられる。アレックス・ラミレスもクッションの部分をヒーローインタビュー時にお立ち台でしていた)。レギュラー (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の横浜DeNAベイスターズ

    2016年の横浜DeNAベイスターズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    この年の横浜DeNAベイスターズは、アレックス・ラミレス監督の1年目のシーズンである。2016年の横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

170件中 41 - 50件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード