102件中 51 - 60件表示
  • マット・マートン

    マット・マートンから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    猛打賞24回(2010年) - アレックス・ラミレスと並んで外国人最多記録マット・マートン フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の古巣・オリックス戦では、9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • ニック・スタビノア

    ニック・スタビノアから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は、3月30日に中日との開幕試合に3番・左翼手としてNPB初出場を果たした。4月6日の対横浜DeNAベイスターズ戦でNPB初本塁打を放った。守備でもアレックス・ラミレスの左中間への大飛球をフェンスにぶつかりながらも好捕し、攻守で前田健太のノーヒットノーランに貢献した。5月8日の対阪神タイガース戦では、3打席連続本塁打を放った。6月11日のオリックス・バファローズ戦(みよし運動公園野球場)走塁途中で足を痛め、靱帯と半月板損傷で登録抹消となり、以後の1軍出場はなかった。11月29日に、カープと来季契約で大筋合意したと報道され、11月30日に1度は自由契約公示されたが、12月19日に球団から来季の契約の延長が発表された。ニック・スタビノア フレッシュアイペディアより)

  • 福井優也

    福井優也から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    初奪三振:同上、1回表にアレックス・ラミレスから空振り三振福井優也 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    6月5日 - ヤクルトのアレックス・ラミレスが対巨人戦(神宮)で日本プロ野球史上234人目の100号本塁打を達成。2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • つば九郎

    つば九郎から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    かつて在籍したアレックス・ラミレスとお立ち台などで一緒に行う息の合ったパフォーマンスもよく知られていた。ラミレスが巨人へ移籍した後はアーロン・ガイエルと同様のパフォーマンスを行うことがある。さらに、2009年よりチームに加わったジェイミー・デントナともパフォーマンスを行い始めている。2011年においては、昨年よりチームに加わったウラディミール・バレンティンとのホームランパフォーマンス(小さなマスコット傘を振る)を行っている。(2012年からはバレンティンと仲の良いラスティングス・ミレッジも加わることが多い)つば九郎 フレッシュアイペディアより)

  • レギュラー (お笑い)

    レギュラー (お笑い)から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    これはかなりインパクトのあるネタの間のクッションといえる。(代表例としてオリエンタルラジオの「武勇伝 武勇伝 武勇デンデンデデンデン」などがあげられる。ちなみにアレックス・ラミレスもクッションの部分をヒーローインタビュー時にお立ち台でしていた)レギュラー (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 内藤雄太

    内藤雄太から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は、アレックス・ラミレスや小池正晃の加入、荒波翔の台頭などで外野手争いが激化し、一軍での試合出場は僅か8試合に留まった。内藤雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 能見篤史

    能見篤史から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は中継ぎでスタートしたが、5月7日の対読売ジャイアンツ戦でアレックス・ラミレスに本塁打性の当たりを打たれる(最前列にいた観客が打球を手でブロックしたため審判団が協議の結果二塁打となった)など成績は向上せず、11試合の登板でプロ入り後初の未勝利に終わった。二軍では29試合に登板してリーグ6位の5勝、同2位でチームトップの11セーブ、同5位の52奪三振で防御率0.83, WHIPも0.90を記録し、被安打や与四球の面でも更なる向上が見られた。能見篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、7月10日に出場373試合目での史上最速500本安打を達成。チームメイトのアレックス・ラミレスとはシーズン終盤までハイレベルな首位打者争いを繰り広げ、リーグ4位の80四球と警戒されたが、打率.346で2度目の首位打者と初の最高出塁率のタイトルを獲得。安打数はリーグ1位のラミレスの204安打に次ぐ193安打を記録。2005年に記録した自身のセ・リーグシーズン最多安打記録(202安打)はラミレスに抜かれた。また3年連続100得点以上となる114得点でリーグ最多得点を記録。本塁打も20本の大台に乗せ、長打率は初めて5割を超えた。2番が犠打の少ないアダム・リグスから犠打の多い田中浩康に変わったことにより出塁→バントのパターンが増え、盗塁数は41から17と激減した。前年まで3番だった岩村明憲の移籍や俊足の飯原誉士の台頭などで、シーズン中は1番だけでなく2番・3番での起用も多かった。古田敦也の引退試合では、古田の前の4番を打った。オフには足の回転を速くする新たなバッティングフォームに変えている。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード