170件中 51 - 60件表示
  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    3月28日 - 巨人のアレックス・ラミレスが対ヤクルト戦(明治神宮野球場)の2回に石川雅規から本塁打を記録し、全球団から本塁打を達成。プロ野球史上9人目。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    8月26日 - 巨人のアレックス・ラミレスが対中日戦で日本プロ野球通算1500安打。1236試合目での達成は日本プロ野球新記録。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本プロ野球

    2005年の日本プロ野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    8月19日 - ヤクルトのアレックス・ラミレスが対阪神戦(神宮)の初回に下柳剛からNPB史上137人目の通算150本塁打2005年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    6月5日 - 神宮球場での巨人対ヤクルト10回戦で、巨人の清水隆行が二番・左翼で先発出場し、プロ通算1000試合出場を達成。ヤクルトのアレックス・ラミレスが7号2点本塁打を打ち、通算100号本塁打を達成。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ロドニー・マイヤーズ

    ロドニー・マイヤーズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    来日初登板となった7月4日のヤクルト戦で、アレックス・ラミレスにサヨナラヒットを打たれ敗戦投手に。また、8月11日の横浜戦では、延長11回表にその年限りで引退が決まっていた代打・八木裕のタイムリー2ベースヒットで3点勝ち越して登板したが、タイロン・ウッズに逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びた。これらの試合はいずれも札幌ドームでの試合だった。結局、1年限りで解雇された。ロドニー・マイヤーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ミラー

    ジャスティン・ミラーから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    初奪三振:同上、11回表にアレックス・ラミレスから見逃し三振ジャスティン・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • ターメル・スレッジ

    ターメル・スレッジから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2011年は、1試合3本塁打を2度披露するなど固め打ちが多かったが、1ヶ月以上本塁打が出ない時期もあり波の激しいシーズンだった。8月21日に右脚付け根を痛め登録を抹消された。その後9月6日に復帰したが、痛みが再発して4日で再び抹消され、治療のため帰国し、そのままシーズンを終えた。96試合で20本塁打と試合数の割に長打力を発揮したが、球団がアレックス・ラミレスを獲得したこともあり12月1日に戦力外通告を受け退団した。ターメル・スレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ラミレス・ヨンデル

    ラミレス・ヨンデルから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    横浜DeNAベイスターズ監督のアレックス・ラミレスは叔父にあたる。ラミレス・ヨンデル フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤二朗 (野球)

    佐藤二朗 (野球)から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    当初は非力なバッティングに粗い守備が目立っていたが、徐々に弱点をカバー、二軍では主軸を打つようになる。しかし、当時のヤクルト一軍打撃陣にはロベルト・ペタジーニ、アレックス・ラミレスの二枚看板がおり、外国人投手のために枠を空けておくためにツギオは一軍に上がることができなかった。佐藤二朗 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • フィル・クライン

    フィル・クラインから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2016年12月19日に、横浜DeNAベイスターズがクラインの獲得を発表した。背番号は49。契約時点では[[セントラル・リーグ]]の現役投手最長身(身長201cm)で、一軍監督のアレックス・ラミレスからは、「(阪神タイガースのエースで身長198cmの)ランディ・メッセンジャーに近い投手で(一軍公式戦での)2桁勝利を期待できる」との評価を受けていた。フィル・クライン フレッシュアイペディアより)

170件中 51 - 60件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード