102件中 61 - 70件表示
  • 10月3日

    10月3日から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    1974年 - アレックス・ラミレス、プロ野球選手10月3日 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    12月29日 - 東京ヤクルトを退団したアレックス・ラミレス外野手の巨人入りが決定。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    5月18日 - 巨人・アレックス・ラミレス外野手が広島第9回戦(東京ドーム)の1回裏にコルビー・ルイス投手から今季第13号3ランホームランを放ち、セ・リーグ外国人最多となる通算224本塁打を記録。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人枠 (日本プロ野球)

    外国人枠 (日本プロ野球)から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    例:郭泰源、タフィ・ローズ、アレックス・ラミレス、アレックス・カブレラ、ブライアン・シコースキー、許銘傑、ホセ・フェルナンデス外国人枠 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂サカス

    赤坂サカスから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2009年11月13日から11月18日まで、「素晴らしき野球 Field of DREAMS in akasaka Sacas」と題して、野球に関するイベントを開催した。TBS放送センター1階では野球体育博物館の出張展示が行われ、WBC2009の優勝トロフィーや国旗、イチロー(マリナーズ所属)のスパイクなどが展示された。また、11月17日には赤坂BLITZにて野球日本代表(侍ジャパン)の表彰式が行われ、原辰徳監督(巨人監督)をはじめ侍ジャパンメンバーが勢ぞろいした。なお、イチローと松坂大輔(レッドソックス所属)は表彰式を欠席した。翌18日にはプロ野球コンベンション2009(NPB主催による年間表彰式)を赤坂BLITZにて開催。MVPにはセ・リーグからアレックス・ラミレス(巨人)、パ・リーグからダルビッシュ有(日本ハム)がそれぞれ表彰された。なお、17・18日両日とも、サカス広場にレッドカーペットが登場し、この年に活躍したプロ野球選手らが赤坂サカスに来場したファンの前でレッドカーペットウォークを披露した。また、表彰式の模様は、Sacas400でも上映されたほか、J sports ESPNでも生中継された。赤坂サカス フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2007年5月2日に行われたナゴヤドームの中日5回戦でプロ野球史上初となる球団通算5000勝を達成した。これまで主にクリーンナップを打っていた高橋由伸を1番に、怪我で出遅れていた上原浩治を先発からクローザーとして起用するなどの大胆な配置転換を行った。これが成功し、前年のような大型連敗もなく安定した戦いを続けた。鬼門だった交流戦も2位でクリア。そして9月23日の横浜戦に勝利し、この年から導入されたクライマックスシリーズの出場権をセ・リーグ一番乗りで獲得。中日・阪神との三つ巴のデッドヒートの末、優勝マジックナンバーが1となってむかえた10月2日のヤクルト戦、9回裏二死満塁から、清水隆行の遊撃内野安打と、宮本慎也の一塁悪送球の間に二塁走者が生還し、サヨナラ勝ちで5年ぶりのリーグ優勝を達成した。しかし、同年より導入されたクライマックスシリーズ第2ステージで、第1ステージで阪神を2連勝で破った中日に0勝3敗でストレート負け。日本シリーズ出場権を逃し、史上初の「リーグ優勝しながら日本シリーズに出場できないチーム」となっている。このため恒例の銀座での優勝パレードも中止となった(巨人はこれまでリーグ優勝しても日本一になれなかった場合は優勝パレードを行ってこなかったが、日本シリーズ不出場による優勝パレード中止はこれが初である)。球団は、期待不足に終わったGGとジェレミー・パウエル、デーモン・ホリンズの外国人3選手を自由契約とすると、ロッテを自由契約になった藤田宗一、横浜を自由契約となったマーク・クルーン、ヤクルトから自由契約となったセス・グライシンガーとアレックス・ラミレスを獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は新加入のアレックス・ラミレスの故障により、4番サードで開幕スタメン出場。その後も主に三塁手で、5月に筒香嘉智が昇格してからは一塁手でスタメン出場。開幕直後から非常に高い得点圏打率を維持し、4月15日の読売ジャイアンツ戦で、延長11回、球団名が横浜DeNAベイスターズに変わってから初となるサヨナラ本塁打を放つ(同時に球団初のサヨナラ勝利)。5月4日の中日戦で岩瀬仁紀から同点本塁打を打ち、史上22人目の全球団から本塁打を達成した。前半戦の活躍を受け、2004年以来8年ぶりのオールスター選出。7月20日のオールスターゲーム第1戦では逆転決勝2ラン本塁打を放ち、5人目となる両リーグでのMVP獲得。8月18日に車のイグニッション・キーを回した際、右肘に違和感を覚え、登録抹消。9月4日に一軍復帰。チームは最下位を独走する中、ラミレスや三浦と共にチームを引っ張り、ファンサービスにも熱心に取り組む。後半戦は数字を落とすも、チームの主軸として全盛期を彷彿とさせる活躍を見せた。ゴールデングラブ賞の投票では一塁手として2票差の2位であった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    (ヤ)ラミレス1号3ラン(6回パウエル)、古田1号ソロ(8回柴田)2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 飯田哲也

    飯田哲也から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は4月23日の対中日戦で左手小指に第二関節脱臼をともなう剥離骨折を負い、5年ぶりに規定打席に到達できなかった。この年にフリーエージェントの権利を獲得し、年俸は20%ダウンの1億円となったが再契約金5,000万円が支払われ、5年間という長期の複数年契約を結んでいる。以降の数年は自身の度重なるケガや真中ら他の外野手の台頭もあって出場機会が減少。頃になると右投手相手の場合はベンチスタートが多かったが、試合終盤に中堅手の真中がアレックス・ラミレスに代わって左翼手に入り飯田が中堅の守備に就くなど、守備能力は高く評価され続けていた。飯田哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動

    東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスは東京バプテスト教会を通じて100万ドル寄付と、知人の医師を通じ、医薬品や医療品を送った。また、自らデザインしたチャリティTシャツを販売し、売上を寄付することを決めた東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード

  • まだ名前は言わないが、この中から5、6人は1軍キャンプに連れて行く

  • 国立公園満喫プロジェクト

  • 全日本ターゲットアーチェリー選手権大会