102件中 71 - 80件表示
  • 加藤茶

    加藤茶から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ) - 加藤のギャグを本塁打を打った後のパフォーマンスで用いている。加藤茶 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 ありさ

    佐藤ありさから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    現在横浜DeNAベイスターズ所属で元読売ジャイアンツのアレックス・ラミレスのサインボールを持っている。そのサインボールは佐藤本人に宛てたもので、ボールには「To ARISA」と書かれている。佐藤ありさ フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    1000奪三振:2009年8月7日、対読売ジャイアンツ11回戦(東京ドーム)、6回裏にアレックス・ラミレスから ※史上124人目木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • ダンディ坂野

    ダンディ坂野から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    外国人プロ野球選手のアレックス・ラミレスは、本塁打を打った際に「ゲッツ!」のポーズを取っている。そのためか、2008年頃に幼稚園児を笑わせなくてはいけない場面に遭遇したダンディは、「ここは芸人として意地をみせねば」と気負い込んで園児に「ゲッツ!」と言ったが、園児が発した「あっ、ラミレスのまねだ。」の一言で一蹴されてしまったというエピソードがある(島田紳助談)。また、ドランクドラゴンの塚地武雅がやる一発ギャグに、「100%の力でゲッツをする」というネタがある。ダンディ坂野 フレッシュアイペディアより)

  • タフィ・ローズ

    タフィ・ローズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    4月26日の対東京ヤクルトスワローズ戦(福岡ドーム)で、9回表にアレックス・ラミレスが放った左中間への打球を追わなかったことを弘田澄男コーチに「緩慢プレー」と指摘されると、激高して弘田に掴み掛かるなど激しい口論となった。試合も敗れて5連敗を喫し、試合後も怒りが収まらず、ドームから宿舎に向かう通路で報道陣からこの騒動について問われると、必死に宥める通訳を制して「どんどん(記事に)書いて」と前置きした上で「負けたのは俺のせいだと弘田(澄男)さんが言った。日本で10年間やってきたけど尊敬がない。投手があれだけ打たれるのも俺のせい? ピッチャーも悪い。みんな悪い。ジャイアンツ下手くそ。ジャイアンツ大嫌い。東京に帰る」と日本語でまくし立てた。この言動は物議を醸し、罰金を徴収された。5月29日の対オリックス・バファローズ戦で、主審に暴言を吐いたとして通算9回目(近鉄:6回、巨人:3回)の退場処分を受け、金田正一を抜いて最多記録となった。8月9日には右肩の故障として降格。帰国して手術を行ったため、シーズン中の復帰は絶望となった。11月7日、巨人から戦力外通告を受ける。タフィ・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • MINMI

    MINMIから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    プロ野球選手に人気で登場曲に使われることが多い。『Are yu ready』は、横浜ベイスターズの金城龍彦の登場のテーマソングであった(2005年度)、青木宣親が東京ヤクルトスワローズ所属時代に打席に入る登場曲として使用し、不振を乗り越えるきっかけとなった曲でもある(2009年度8月-2011年終了時)青木の後釜である同じく東京ヤクルトスワローズの上田剛史も2012年度から使用している。2008年シーズンは福岡ソフトバンクホークスのクリストファー・ニコースキーや北海道日本ハムファイターズの金子誠(WE LOVE HOKKAIDOシリーズの時のみ限定使用)、そして読売ジャイアンツのアレックス・ラミレス(4打席目以降ヨーロッパのファイナル・カウントダウンになる)のテーマソングとして『シャナナ☆』が使われた。2010年シーズンは読売ジャイアンツの阿部慎之助が『サマータイム!!』をテーマソングに使用している。MINMI フレッシュアイペディアより)

  • 川上哲治

    川上哲治から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    1956年5月31日の中日戦、中山俊丈投手からプロ野球史上初の2000本安打を達成した。この到達試合数は日本プロ野球最速記録である(1646試合)。なお、1500本安打の到達試合数も1241試合で達成当時は史上最速であった。現在では松井稼頭央の1233試合、アレックス・ラミレスの1236試合、レロン・リーの1237試合に次ぐ速さである。川上哲治 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2007年 - 2008年シーズンオフに神宮球場が拡張工事されたことで、3億と高年俸に加え守備に難のある主砲アレックス・ラミレスを放出。高田率いるヤクルトは機動力を重視し、スモールベースボールを掲げた(球場の特性や主軸の流出からスモールボールに切り替えるパターンは、日本ハムのパターンと似ている)。かつてGMだった日本ハムから川島慶三、押本健彦、橋本義隆、萩原淳が移籍。韓国からは林昌勇、ダニエル・リオスをそれぞれ獲得するなど積極的な補強・選手の入れ替えを行った。また俊足の福地寿樹、巨人を戦力外通告された斉藤宜之を獲得した。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、故障箇所にサポート器具を装具、膝関節も曲がりきらないというシーズンを迎えるが、3番・三塁手で開幕出場すると、翌試合に福原忍から東京ドームのライトスタンド中段へ移籍後初安打・初本塁打を記録。その後は成績が上がらない状態になる。しかし徐々に膝への不安が減り、5月には負担の少ないすり足打法から元の一本足打法に戻すと、本塁打を量産。前半戦最後の3連戦で4本塁打を放つなど活躍し、7月度の月間MVPに輝いた。シーズン後半にはアテネ五輪で離脱した高橋由伸に代わって巨人軍第69代4番に座り、長嶋茂雄、原辰徳、落合博満、清原和博らも達成できなかった巨人の右打者としては史上初のシーズン40本塁打以上(41本塁打)を達成。アレックス・ラミレスが後に記録するも2011年終了時点で、いまだに日本人での巨人右打者40本塁打以上は小久保のみである。打率では、自己新の.314を記録した。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの国旗

    ベネズエラの国旗から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    1954年2月17日、政府用の国旗には国章を擁すると制定された。商船旗、国際スポーツ大会など民間用途では国章は使用されない。ただし、2006年8月2日の WBA ライトフライ級タイトルマッチ、亀田興毅対ファン・ランダエタの試合では国章が入っていた。また、ヤクルトスワローズ時代のロベルト・ペタジーニ及び東京ヤクルトスワローズ時代のアレックス・ラミレス(現読売ジャイアンツ)が打席に立つと国章が入った国旗が応援席に掲出された。ベネズエラの国旗 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード