170件中 71 - 80件表示
  • 高橋建

    高橋建から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    1000投球回:2003年8月20日、対ヤクルトスワローズ20回戦(広島市民球場)、1回表にアレックス・ラミレスを三塁ゴロで2死目を取り達成 ※史上293人目高橋建 フレッシュアイペディアより)

  • 青山道雄

    青山道雄から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2016年からは二軍総合兼外野守備・走塁コーチとしてベイスターズへ8年ぶりに復帰。2017年からは一軍総合コーチに配置転換。参謀役としてアレックス・ラミレス監督を支える。2018年は一軍ヘッドコーチ。青山道雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    セ:ラミレス(巨人)、青木(ヤクルト)2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    から原辰徳が監督に就任すると抑え投手に抜擢される。開幕4試合目の中日戦に初セーブを記録し原監督の初勝利に貢献。以降、5月29日のヤクルト戦でアレックス・ラミレスにサヨナラホームランを打たれ初めて救援に失敗するまで抜群の安定感を見せた。7月は9試合に登板して1勝7セーブ・防御率0.00を記録し、オールスターゲームにファン投票で選出された。一方当時の投球フォームが2段モーション(後に禁止となった)だったためか、走者を出した時の投球が極端に安定しない弱点が見え隠れしており、秋頃から安定感を欠くようになり、チームがマジック1で迎えた9月24日の阪神戦では9回に浜中おさむに同点ホームランを打たれ勝ちをフイにしてしまった(マジック対象のヤクルトが負けた為に試合途中にリーグ優勝は決まっていた)。それでも49試合に登板し、5勝3敗28セーブ・防御率2.70を記録。巨人のリーグ優勝・日本一に大きく貢献した。日本シリーズにも初登板を果たし第4戦では胴上げ投手になった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • ドアラ

    ドアラから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    過去には元ドラゴンズ選手の高橋光信との仲も良く、2軍に降格された高橋を何も知らないドアラがベンチを探す写真が球団公式ブログに掲載されたこともあった。他に他球団の選手(種田仁、佐伯貴弘、アレックス・ラミレス)ともよく一緒の写真が撮られる。ドアラ フレッシュアイペディアより)

  • ff (フォルティシモ)

    ff (フォルティシモ)から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    さらに和田アキ子によってカバーされたものが、2011年3月25日からプロ野球・読売ジャイアンツ所属のアレックス・ラミレスの打席登場の入場曲に使用された。ff (フォルティシモ) フレッシュアイペディアより)

  • 笠井崇正

    笠井崇正から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    には、春季キャンプのスタートを二軍で迎えながらも、キャンプ期間中に一軍の紅白戦や練習試合へ登板。通算3試合で、5イニングを投げて、9奪三振無失点という好結果を残した。この結果に対して、一軍監督のアレックス・ラミレスは「ビッグインパクトを残してくれた」との表現で笠井を高く評価した。「リリーフとして戦力になるためには、連投をこなせるだけの体力が必要」という高田繁ゼネラルマネジャーの判断で、シーズン中の支配下選手登録は見送られたが、イースタン・リーグ公式戦には25試合の登板で3勝3敗2セーブ、防御率3.72をマーク。シーズン終了後にNPBイースタン選抜の一員として派遣された台湾のアジアウインターベースボールリーグでは、救援で登板した10試合をすべて無失点で凌いだ。笠井崇正 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・カラバイヨ

    フランシスコ・カラバイヨから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    からアレックス・ラミレスが打撃コーチに就任したことに伴い、打撃コーチ補佐となる。同年は前年更新した本塁打、打点の記録をさらに更新し、BCリーグ史上初のシーズン30本塁打を達成。打率もトップにたちリーグ初の三冠王に輝いた。シーズン終了後には古巣・オリックスが入団テストを行うことを発表した。フランシスコ・カラバイヨ フレッシュアイペディアより)

  • 細川成也

    細川成也から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    春季キャンプのスタートを二軍で迎えたが、二軍キャンプを視察したアレックス・ラミレス一軍監督からの推薦で、キャンプ序盤から2度にわたって一軍に合流。紅白戦や練習試合にも出場した。2月13日に催された阪神タイガースとの練習試合では、途中からプロ入り後初の対外試合出場を果たすと、7回表の第1打席で左腕投手の島本浩也からバックスクリーン直撃の本塁打を放っている。細川成也 フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、横浜ベイスターズに入団。当初は同じく新加入のスティーブ・コックスの控えという位置付けだったが、コックスがキャンプ中に怪我で離脱すると、代わって4番に定着する。同年は40本塁打を放ち本塁打王を獲得(ヤクルトのアレックス・ラミレスと分け合う)。また、KBOとNPBでホームラン王を獲得した史上初の選手となった。これを達成したのは2017年現在でウッズただ一人だけである。だが、100打点には届かなかった。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

170件中 71 - 80件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード