102件中 81 - 90件表示
  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    シーズンでは3年連続開幕投手として岩隈との投げ合ったが、初回にいきなり3点を献上し、9回3失点で自身初の開幕敗戦投手となるとともに、岩隈との対戦で初の黒星を喫した。4月24日の対オリックス戦では苦手と言われ続けた屋外球場でプロ初完封。その後の試合でも安定したピッチングを続け、5月は4勝0敗、防御率0.90、WHIP0.90の活躍でパリーグ投手部門月間MVPを獲得した。交流戦では12球団1位の防御率1.15という好成績を残した。7月15日、対ソフトバンク戦(福岡ヤフードーム)の完投勝利後ヒーローインタビューでは第二子を授かった事を公表した。その後も好成績を持続し、7月22日、前半戦最終登板の対ロッテ戦を9回2安打1失点で勝ち投手となり、自身通算60勝目とした。通算107試合目での60勝到達は2リーグ制後、高校出の選手としては松坂の111試合をしのぐ最速記録であった。シーズン前半戦を12勝3敗、防御率1.31、WHIP0.83、122奪三振の好成績で折り返し、この年のオールスターゲームでもファン投票・選手間投票ともに1位選出となる。7月24日のオールスター第1戦に中1日で先発登板したが、アレックス・ラミレスの投手強襲打が右肩を直撃してしまい、1回を投げ終えて緊急降板した。以降は防御率2.80、WHIP1.09と調子を崩し、8月21日の対ソフトバンク戦では自己ワーストの6失点(8回)で黒星を喫した。打球が肩に当たってから、試合後半に球威が落ち、失点する場面が目立ち、内出血が引いた後も肉離れのような硬さがあり、肩の張りが出やすい状態であったため、翌日の8月22日に右肩の違和感を訴えた2006年6月以来になる故障による登録抹消となった。9月13日に一時復帰し、対ロッテ戦に先発して8回1失点で15勝目を挙げるも、本来の球速は影をひそめ、その次の9月20日の対オリックス戦では7四球の乱調で5回2失点で降板となり、その後右肩と腰の違和感により再び登録を抹消され、その後は登板機会もなくシーズンを終えた。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 熱き星たちよ

    熱き星たちよから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    横浜DeNAベイスターズとなった初年である2012年(平成24年)、同年のシーズンより監督に就任した中畑清と、三浦大輔、森本稀哲、高崎健太郎、石川雄洋、アレックス・ラミレスの所属選手5名が歌唱する「2012バージョン」が発表された。DeNAの球団買収当初は新球団歌の制定も検討されたが、球団のキャッチフレーズとして「継承と革新」を掲げるに当たり本曲の継続使用が決定されたものである。編曲・プロデュースは豊島吉宏(Maestro-T名義)が担当している。熱き星たちよ フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、横浜ベイスターズに入団。同年は40本塁打を放ち本塁打王を獲得(ヤクルトのアレックス・ラミレスと分け合う)。、45本塁打で2年連続の本塁打王を獲得(巨人のタフィ・ローズと分け合う)。しかし、オフの契約更改の席にて複数年契約を申し出るが、高齢やチャンスに弱いことなどから合意に至らず退団。その後長距離打者を求める中日ドラゴンズや阪神タイガースなどからオファーがあり、2年契約で中日へ移籍。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ラロッカ

    グレッグ・ラロッカから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、ヤクルトでは同僚のアレックス・ラミレス、アダム・リグスらと強力な中軸を形成。外国人野手3人組にはファン公募で「F-Brothers」というニックネームが付けられた。グレッグ・ラロッカ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・セギノール

    フェルナンド・セギノールから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2005年6月13日に大阪から札幌へ移動する際、伊丹空港で観光客からボビー・オロゴンと間違えられるハプニングに遭遇したが、笑顔を返し、度量の大きさを見せた。のちにアレックス・ラミレスに間違われた際は、"Yes, I'm Ramirez."(そう、俺はラミレスだ)と返答している。フェルナンド・セギノール フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ブラゼル

    クレイグ・ブラゼルから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    は開幕から好調で新外国人のマット・マートンと共にチームを牽引した。6月19日の対横浜戦で大家友和から本塁打を打ち、両リーグ1番乗りの20号を記録(同日、阿部慎之助も記録)。阪神では1990年のラリー・パリッシュ以来5人目であり、ブラゼル自身は西武時代の2008年にも記録しているので、両リーグで記録したのは、阪神在籍の1975年と西武在籍の1983年に記録した田淵幸一以来で、外国人選手では初である。同月29日には3打席連続本塁打を放った。オールスターゲームにも特別枠で選出され、第2戦では本塁打も放った。9月1日の対横浜戦でに記録したバース以来となる助っ人外国人40本塁打を記録し、一時は本塁打王争いのトップに躍り出る。下位に沈んだ広島東洋カープ・横浜との試合には滅法強かったが、上位の中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツ(巨人)戦を苦手にしたため、上位チームとの試合が続いた終盤に調子を崩し、最終的にはアレックス・ラミレスには及ばなかったものの、自己最多の47本塁打で2位となった。2010年の公式戦では、自身が本塁打を打った際、ベンチ前でナインが出迎える時に葛城育郎が必ず列の最後部、その手前には浅井良が立ち、浅井とは一緒に一礼してから両腕をお互いに腰の位置で引き合うポーズ(マスコミ等ではブラダンスと称されている)を、葛城とは両腕を挙げながらブラゼルは左脚、葛城は右脚を挙げるパフォーマンスを行っている。のちにトラッキーや関本賢太郎も加わったほか、オールスターゲームに出場して本塁打を放った際には久保康友・城島健司・藤川球児といったチームメイトのみならず、巨人のラミレス・阿部慎之助、中日の和田一浩も加わっていた。シーズン終了後に阪神と2012年までの2年契約を結んだ。2011年の年俸は2億円+出来高で、2012年の年俸は変動制となる。クレイグ・ブラゼル フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • 古田 敦也

    古田敦也から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2006年、メディアや評論家はそれまでの堅実なプレースタイルから「手堅い野球をするだろう」と予想していたが、1番青木宣親、2番アダム・リグス、3番岩村明憲、4番アレックス・ラミレス、5番グレッグ・ラロッカという攻撃的な布陣を敷く。同年の総本塁打161はリーグ最多、総得点669も中日ドラゴンズと並ぶリーグ最多タイだった。一方投手陣は駒数が揃わず、特にリリーフ陣は石井弘寿と五十嵐亮太の不調が原因で固定できなかった。監督として70勝73敗3分、勝率.490でリーグ3位の成績を残したが、選手としては36試合の出場にとどまり、シーズン成績も自己最低に終わった。同年オフの契約更改交渉では選手分年俸の大幅減俸を言い渡され、当時のプロ野球史上最大減俸幅となる1億8000万円減(75%減)の6000万円で契約を更改した。古田敦也 フレッシュアイペディアより)

  • 中村剛也

    中村剛也から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    、春季キャンプ中の2月25日、打撃練習を待っていた中村の顔面にディー・ブラウンの振ったバットが直撃。大量の鼻血が出たが、幸い鼻の打撲で済み、翌日から通常の練習メニューをこなした。公式戦を間近に控えたオープン戦で、自打球が顔面に当たり頬骨を骨折。3月20日の開幕戦には何とか間に合った。しかしその影響か開幕から10試合は本塁打が出ず打率も1割ほどで打点もわずか1と極度の不振であった。ようやく放ったシーズン第1号は、4月7日のオリックス戦であった。6月10日に5月中から続いていた右肘の痛みが激しくなり登録抹消。6月中に右肘の遊離軟骨除去手術を受け、その治療のためファン投票・選手間投票第1位で選出されたオールスターゲームも出場を辞退した。8月27日に一軍に復帰、9月に調子を上げ85試合の出場で25本の本塁打を打ったが打率は.234と最後まで低いままで、規定打席未到達にもかかわらず111三振を喫し得点圏打率も.170と非常に低く不本意なシーズンとなった。6月4日のヤクルト戦で伊東勤を抜いて球団新となる通算9本目の満塁本塁打を記録した他、5月25日の広島戦と6月4日のヤクルト戦、9月3日の楽天戦と史上初の3号連続の満塁本塁打を記録。また、入団9年目での10本目到達は2001年の中村紀洋(近鉄)、2010年のアレックス・ラミレス(巨人)の10年目を抜く最速記録になった 。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 栗山巧

    栗山巧から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    2007年に放送されたプロ野球界の力自慢を競う企画「握力王」では、ラミレス、ガイエル、カブレラ等の外国人の数字を「大したことない」と一蹴し、80.7kgを出して優勝した。しかし2010年に「プロ野球界で最も握力の強い選手」としてめざましテレビの取材を受け、実際に計測していた際に、その場を通りかかった高山久に目の前で自身の記録を約3kg更新された。栗山巧 フレッシュアイペディアより)

102件中 81 - 90件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード