前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示
  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た中畑清

    守備能力の問題については本人も自覚しており、著書でも「日本に来たら、外野手はほとんどみんな、僕よりうまいんだ」と記している。パ・リーグ主催分の交流戦や日本シリーズでは、主に指名打者として出場している。そのため移籍先の横浜DeNAベイスターズ監督の中畑清も「ラミレスは特に外野手じゃなきゃいけないとは思っていない」と発言し、守備位置のコンバート案も示唆する言動を見せている。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た原辰徳

    自由契約となったラミレスに対し、右の大砲を探していた巨人とオリックス・バファローズが獲得を検討していたが、オリックスはアレックス・カブレラを獲得したため、巨人が獲得した。推定年俸は5億円(契約年数2年、総額10億円)。ラミレスは以前から「巨人では外国人選手が大変な思いをしている」と聞かされていたため、巨人は一番行きたくないチームだったが、巨人がラミレス自身が希望する複数年契約を提示したことに加え、ラミレス自身が原辰徳の指揮に以前から興味を持っていたこともあって巨人入りを決めたという。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た大木こだま・ひびき

    「ラミちゃんチッチキチー」と親指をカメラ前に差し出す(大木こだま)。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たアレックス・ラミレス・ジュニア

    8月21日の対阪神タイガース戦(明治神宮野球場)では、トレイ・ホッジスからランニング本塁打を放った。終盤には代理人の意向もあって移籍が取り沙汰されたが、本人の希望もあって残留。その際、義理の息子であるアレックス・ラミレス・ジュニアの入団が決め手となった。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た成瀬善久

    300本塁打:2010年5月15日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(東京ドーム)、5回裏に成瀬善久から左越ソロ ※史上36人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た萩本欽一萩本 欽一

    前年の帰国前、宮本慎也からお笑い芸人のネタを複数収録したDVDをプレゼントされ、これらを元にキャンプ・オープン戦中にアイディアを練り続けた。さらにヤクルト時代に引き続き、2月下旬から球団Webサイトでパフォーマンスのアイディア募集を実施し、約600通のアイディアが寄せられた。またこの間、多くの有名人から本人直々にパフォーマンスの売込みもあったが、主なものは「どげんかせんといかん」(東国原英夫)、スキップするように横向きに走る「欽ちゃん走り」(萩本欽一)。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た金刃憲人

    200本塁打:2007年8月19日、対読売ジャイアンツ8回戦(東京ドーム)、4回表に金刃憲人から中越ソロ ※史上89人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たタフィ・ローズ

    5月1日、4番としての連続先発出場記録を416試合として、松井秀喜が持つ415試合を抜き、球団新記録を達成する。しかし7月13日の対阪神戦で受けた死球の影響で、翌日の7月14日に先発から外れ、長野久義が4番で先発出場し、記録は469試合で途切れた。代打で途中出場したため連続試合出場は続いたが、翌日の試合では途中出場もなかったため、連続試合出場は985試合で止まった。この記録は外国人選手としては歴代最長記録となった。8月5日、3回表に内野安打を放ち、NPB通算1793安打を記録。タフィ・ローズの1792安打を越え、歴代外国人選手の通算最多安打記録を更新した。シーズン成績は、打率(.278)が巨人入団以来初めて3割を切り、打点(73)は連続100打点が8年で止まり、来日以来最低の数字となった。本塁打数(23)も来日以来最低の数字となり、打撃三部門で来日以来最低の記録となった。但し、本塁打数はリーグ2位である。これは「飛ばないボール」(統一球)に変わったこともあり、セ・リーグの選手全体の本塁打数も減少したため、本塁打数に関しては決して不振とは言える数字ではなかった(最多は、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の31本)。指揮官の起用面を配慮し契約最終年であり、10月31日の同年のクライマックスシリーズ・ファーストステージ終了を以て、正式に退団を表明した。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た岡島秀樹

    100本塁打:2004年6月5日、対読売ジャイアンツ10回戦(明治神宮野球場)、9回裏に岡島秀樹から左中間へ2ラン ※史上234人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た松井秀喜

    5月1日、4番としての連続先発出場記録を416試合として、松井秀喜が持つ415試合を抜き、球団新記録を達成する。しかし7月13日の対阪神戦で受けた死球の影響で、翌日の7月14日に先発から外れ、長野久義が4番で先発出場し、記録は469試合で途切れた。代打で途中出場したため連続試合出場は続いたが、翌日の試合では途中出場もなかったため、連続試合出場は985試合で止まった。この記録は外国人選手としては歴代最長記録となった。8月5日、3回表に内野安打を放ち、NPB通算1793安打を記録。タフィ・ローズの1792安打を越え、歴代外国人選手の通算最多安打記録を更新した。シーズン成績は、打率(.278)が巨人入団以来初めて3割を切り、打点(73)は連続100打点が8年で止まり、来日以来最低の数字となった。本塁打数(23)も来日以来最低の数字となり、打撃三部門で来日以来最低の記録となった。但し、本塁打数はリーグ2位である。これは「飛ばないボール」(統一球)に変わったこともあり、セ・リーグの選手全体の本塁打数も減少したため、本塁打数に関しては決して不振とは言える数字ではなかった(最多は、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の31本)。指揮官の起用面を配慮し契約最終年であり、10月31日の同年のクライマックスシリーズ・ファーストステージ終了を以て、正式に退団を表明した。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード

  • まだ名前は言わないが、この中から5、6人は1軍キャンプに連れて行く

  • 国立公園満喫プロジェクト

  • 全日本ターゲットアーチェリー選手権大会