138件中 101 - 110件表示
  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た明治神宮野球場

    8月21日の対阪神タイガース戦(明治神宮野球場)では、トレイ・ホッジスからランニング本塁打を放った。この年は故障離脱もあったが打率.305、31本塁打、110打点の成績を残した。終盤には代理人の意向もあって移籍が取り沙汰されたが、本人の希望もあって残留。その際、義理の息子であるアレックス・ラミレス・ジュニアの入団が決め手となった。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た横浜DeNAベイスターズ

    アレックス・ラミレス(Alex Ramírez, 1974年10月3日 -) 、本名:アレキサンダー・ラモン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez)は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た首位打者 (日本プロ野球)

    は144試合全てで4番に座り、前年に続く活躍。3割30本100打点を達成したほか、打率.322で自身初の首位打者と3度目の最多安打を獲得。チームの3連覇に貢献し、2年連続の最優秀選手に選ばれた。シーズン通しての調子の波も少なく、6月以外の月間打率は全て3割以上だった。巨人の右打者の首位打者獲得は1971年の長嶋茂雄以来38年ぶりである。日本シリーズで、観戦に来た小笠原道大の娘にファウルボールを当ててしまうが、翌日「ゴメンナサイ」と書いた自身のサインボールを小笠原に渡した。同シリーズでは第4戦の7点ビハインド場面で金森敬之から3ラン本塁打を打った。これが同シリーズでの自身にとって唯一のホームランだった。チームはこの試合は敗れたが、第5、6戦と勝利し、巨人での日本一を達成した。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たベースボール・チャレンジ・リーグ

    2月13日にベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスが、ラミレスを打撃コーチ兼任の外野手として入団させることを発表した。背番号はヤクルト・DeNA時代と同じ3。なお、打撃コーチ料を含めた推定年俸は、巨人時代の最高額(5億円)の100分の1に相当する500万円(選手としての月給にはリーグ規定上限額の40万円を適用)。また、ラミレスにNPB復帰への意向が強いことから、群馬との契約には「シーズン途中にNPBの球団から(ラミレスの)獲得を打診された場合には契約を解除できる」という旨の付帯条項が添えられた(なお、NPBの支配下選手登録の新規獲得可能期間は7月31日までである)。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た2008年の日本シリーズ

    は開幕から5番打者としてシーズンを迎えたが、開幕から結果を残したことと、4番候補の李承燁・高橋由伸の不振により、主に4番で起用されるようになった。前年の高打率を維持しながら長打力も発揮し、45本塁打、125打点で2年連続3度目の打点王を獲得し、チームのリーグ連覇に貢献した。そして2008年のセ・リーグ最優秀選手に選ばれた。交流戦においてはパ・リーグのチームの主催試合では指名打者制のため、この試合では主に指名打者として起用された。チームは中日ドラゴンズとのCS第2ステージでは初戦を落とすも第2戦に球団初のCS勝利、第3戦は引き分け、第4戦では8回に勝ち越しの2ラン本塁打を放って勝利し、6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。埼玉西武ライオンズとの日本シリーズでは第3戦は指名打者で出場し、第4・5戦では阿部慎之助が負傷して指名打者で出場したため左翼手として出場した。同シリーズでは併殺打が多く物足りない成績で第7戦では最後の打者となってしまったが、第1戦の唯一の打点、第2戦のサヨナラホームラン、第3戦でもソロホームランを放ち、第5戦では逆転のきっかけを作る二塁打を放つなど随所で活躍し、同シリーズ敢闘賞を受賞した。この年にフリーエージェント資格を取得したため、2009年から外国人枠を外れて日本人扱いとなった。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た東京ドーム

    東京ドームMVP:1回 (2010年)アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たベスト・ファーザー イエローリボン賞

    プライベートでは、14歳年上の女性と来日前に結婚。来日後は、巨人時代の2009年にベスト・ファーザー イエローリボン賞(プロ野球部門)の1人に選ばれるなど、家族を大切にしていることで知られていた。しかし、現役引退後の2014年5月から家族と別居。同年11月には、夫人側がその事実をFacebookで公表した。双方の協議を経て、2015年3月に離婚が成立。ラミレス自身は、同年4月23日に、7歳年下の日本人女性と再婚している。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た守備率

    主に左翼を守る機会が多かったが、守備範囲は非常に狭く、2010年には得点換算で両リーグワーストの数値を記録した。同じく刺殺数150は規定試合以上の外野手では守備固めでの起用が主だった藤川俊介に次いでリーグワースト2位を記録。失策も多く、2008年から2010年まで3年連続で両リーグの外野手でワーストの守備率を記録している。試合終盤には守備固めを送られることが多く、パ・リーグ主催の交流戦や日本シリーズでは主に指名打者として出場していた。守備能力の問題については本人も自覚しており、「守備は全力で頑張るが専門ではない。自分は打撃に尽きる」と発言している。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た本塁打

    8月21日の対阪神タイガース戦(明治神宮野球場)では、トレイ・ホッジスからランニング本塁打を放った。この年は故障離脱もあったが打率.305、31本塁打、110打点の成績を残した。終盤には代理人の意向もあって移籍が取り沙汰されたが、本人の希望もあって残留。その際、義理の息子であるアレックス・ラミレス・ジュニアの入団が決め手となった。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たメジャーリーグベースボール選手会

    2月に結婚。同年8月から4月までメジャーリーグ史上最長のストライキが実施された影響で、1995年のメジャーリーグスプリングトレーニングにはオーナー側の命令で代替選手として参加。そのため、スト破りを行った報復措置としてメジャーリーグ選手会への加入を認められなかった。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

138件中 101 - 110件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード