138件中 121 - 130件表示
  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た2011年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    5月1日に4番としての連続先発出場記録を416試合として、松井秀喜が持つ415試合を抜き、球団新記録を達成する。しかし7月13日の対阪神戦で受けた死球の影響で、翌日の7月14日に先発から外れ、長野久義が4番で先発出場し、記録は469試合で途切れた。代打で途中出場したため連続試合出場は続いたが、翌日の試合では途中出場もなかったため、連続試合出場は985試合で止まった。この記録は外国人選手としては歴代最長記録となった。8月5日、3回表に内野安打を放ち、NPB通算1793安打を記録。タフィ・ローズの1792安打を越え、歴代外国人選手の通算最多安打記録を更新した。シーズン成績は、打率(.279)が巨人入団以来初めて3割を切り、打点(73)は連続100打点が8年で止まり、来日以来最低の数字となった。本塁打数(23)も来日以来最低の数字となり、打撃三部門で来日以来最低の記録となった。但し、本塁打数はリーグ2位でチーム内では1位である。これは「飛ばないボール」(統一球)に変わったこともあり、セ・リーグの選手全体の本塁打数も減少したため、本塁打数に関しては決して不振とは言える数字ではなかった(最多は、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の31本)。指揮官の起用面を配慮し契約最終年であり、10月31日の同年のクライマックスシリーズ・ファーストステージ終了を以て、正式に退団を表明した。この年から導入された統一球によって本塁打が減少したことで大量得点を期待できず、いかに守備で失点を防いでいくかの戦いになったことでラミレスの守備難はネックとなった。お世辞にも上手い守備とは言えず、終盤は打順の降格だけでなく、スタメンを外れる試合もあった。ラミレス自身は打撃でチームに貢献したかったが、チームとしては守備面を重視する方針となっていたため、チームにとって絶対的な存在ではなくなっていた。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たプロ野球選手

    アレックス・ラミレス(Alex Ramírez, 1974年10月3日 -) 、本名:アレキサンダー・ラモン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez)は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たプルヒッター

    来日当初は典型的なプルヒッターだったが、近年はボールを手元まで呼び込んで外角球を捌くことができるようになった。追い込まれると右方向に流し打つ柔軟さも兼ね備える。球種的な弱点も少なく、巨人移籍以降2010年までの通算得点圏打率.347とチャンスに強い他、同じく通算対左打率.337と左投手にも強い。落合博満はNPB最高打者としてラミレスを挙げている。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た外野手

    アレックス・ラミレス(Alex Ramírez, 1974年10月3日 -) 、本名:アレキサンダー・ラモン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez)は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たスペイン語

    ベネズエラ出身で母語はスペイン語だが、マスコミ向けのインタビューには通訳を通して英語で答えている。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た最多本塁打 (日本プロ野球)

    本塁打王:2回 (2003年、2010年)アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た2007年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームMVP:1回 (2007年 第1戦)アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たJCB・MEP賞

    優秀JCB・MEP賞:1回 (2007年)アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た野球界の永久欠番

    自由契約となったラミレスに対し、右の大砲を探していた巨人とオリックス・バファローズが獲得を検討していたが、オリックスはアレックス・カブレラを獲得したため、巨人が獲得した。推定年俸は5億円(契約年数2年、総額10億円)。背番号は、「3」が長嶋茂雄の永久欠番となっているため、「5」となった。ラミレスは以前から「巨人では外国人選手が大変な思いをしている」と聞かされていたため、巨人は一番行きたくないチームだったが、巨人がラミレス自身が希望する複数年契約を提示したことに加え、ラミレス自身が原辰徳の指揮に以前から興味を持っていたこともあって巨人入りを決めたという。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    NPB/MLB通算350本塁打:2011年4月15日、対広島東洋カープ1回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、1回表にディオーニ・ソリアーノから左越3ランアレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

138件中 121 - 130件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード